earfunのワイヤレスイヤホンおすすめのベスト3!

earfunのベスト3はこれがおすすめガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」のこだわり君です!

@KodawariStyle

ワイヤレスイヤホンを何個か購入すると音質や性能の違いに驚きます。

音質や性能のどちらも自分の予算内であればも良いに越したことはありませんよね!

通勤に使用するためのワイヤレスイヤホン選びで迷われている方必見!

今回は今まで、結構なブランド数のワイヤレスイヤホンを使用してきた私の中でのベスト3をご紹介します。

イヤホンを使用している人は、今や殆どワイヤレスイヤホンを使用しているように思います。

左右を繋ぐコードが無い快適さを一度体験してしまうと、もう元には戻れません!

こだわり君
こだわり君

コードのガサガサ音も無いし、快適過ぎ〜!

10000円オーバーのワイヤレスイヤホンも多数試しましたが、現在マーケットが急拡大しているのでメーカーの価格競争が始まっています。

その関係で5000円前後で10000円オーバー相当の機能や音質が手に入るようになりました。

そこで見つけたのが「earfun」というブランドのワイヤレスイヤホンです。

中国のブランドですが、クオリティーは本当におすすめです。

アジア系ブランドも、「Xiaomi」や「samson」など信頼できるブランドが沢山ありますが、「earfun」もこれから勢力を強めてくるそんなブランドの一つだと思います。

その「earfun」からラインナップされているワイヤレスイヤホンを試してみたので、自分なりにおすすめのベスト3を選んでみました。

スポンサーリンク

earfunのワイヤレスイヤホンおすすめベスト3はこれ!

これから紹介する商品は上限6000円までで手に入る「earfun」のワイヤレスイヤホンを選びましたが、クオリティーは非常に高い3点です。

音質は、言うまでもなく低音から高音までバランス良く再現してくれますのでご心配なく!

音については個人差があるので「良い音」、「あまり良く無いと感じる音」というのはあると思います。

私はオーディオマニアではありませんが、音の良し悪しは非常に気になる方なので、「まあ、普通に聞こえていればいいや!」というタイプの人間の選択したものではないことはご理解していただければと思います。

機能についてAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」を私は強力にプッシュしたいと思います。

なぜかというと、本当に音飛びが無くなったのです!

この技術には他にクアルコム社の「TrueWireless Mirroring」というのも存在するのですが、私の場合、同条件で数日間比較してもAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」の方が明らかに勝っていて安定した通信ができていたのが理由です!

ですので今回のベスト3は全てAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」が搭載されています!

※朝の通勤ラッシュ時8:30頃のJR新宿駅ホームの同位置でのテスト

1位 earfun Free Pro

こちらのearfun Free Proは、5999円(2021/08/09現在)ですが、なんと話題のノイズキャンセリング機能付きです!

ノイズキャンセリング機能付きでこの価格は結構驚異です!

ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX5防水、他に必要な装備はないと思います。

2位のearfun Free、3位のearfun Airより形は違えど充電ケース含めイヤホン本体も小型になっています。

earfun_free_pro

2位 earfun Free

2位はearfun Free !こちらはノイズキャンセリング機能は搭載されていません。

もちろんAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」は搭載されているので、音飛びなく非常に安定した接続で、音質も申し分なく自分の好みです。

高音ばかりが強調されて、シャキシャキするのではなく、低音〜高音までバランスが良いですね。

1位のearfun Free Proは操作系が全てタッチで反応するようになっているのですが、こちらは物理スイッチなので押し間違いがなくて自分的には操作しやすく感じました。

ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX7なので、防水はearfun Free Proより上になります。

10分の充電で2時間の再生が可能というのも、通勤に使用している自分にはポイント高かったですね!

earfun_free

私の購入した時点ではカラーはホワイトのみでしたが、今は ブラックもあります。

earfun Freeの後継機種のearfun Free2について

参考までに載せておきますが、earfun Freeは現在earfun Free2に変更になっているようで、おそらくearfun Freeは在庫限りということでしょう!

earfun_free2

なぜ、earfun Free2が2位ではないのか?ですがそれは冒頭で紹介した、同時転送技術がAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」ではなくて、クアルコム社の「TrueWireless Mirroring」に変更されているからです。

状況によっては、こちらの方がいいのかもしれませんが、何度テストしても私の場合、Airoha社の左右同時伝送技術の「MCSync」を上回ることがなかったので、あえて外させていただきました。

クアルコム社の「TrueWireless Mirroring」Sound PeatsのSonicでも採用されていますが、Sound PeatsのSonicと比較しても答えは同じでした・・・。

3位 earfun Air

3位と2位の差はそれほど大きいものはありません。

安定した通信をしてくれるAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」ですし、個人的に「うどんタイプ」より耳穴に収まるタイプの方が好みという意味合いが強いです

いうなら、操作系がタッチ式であることくらいですかね。

質感も素晴らしく、ケースは縦型なので体積は比べたことはありませんが、earfun Airの方が小さく感じます。

もちろん、ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX7は標準装備なのでご安心ください。

「うどんタイプ」になる分、全体部分が分散されますので耳に入れる部分はこちらの方がスマートですので、耳穴が小さいか方はこちらの選択もいいかと思います。

earfun_air
スポンサーリンク

earfunのワイヤレスイヤホンのまとめ

この「earfun」というブランドはこれから注目かもしれません。

コストパフォーマンスは半端ではないです。

大抵はコストを削ると、品質や仕上げに粗が出てくるものなのですが、この「earfun」はさすがです。

商品が到着した時のパッケージのゴージャスさにも驚かせられると思います。

20000円くらいの価格帯の商品かと思うくらいよくできています。

ノイズキャンセル付きで6000円以下というのも驚きですし・・・。

とにかく、私がプッシュしたいのは、Airoha社の左右同時伝送技術の「MCSync」なのです。

「earfun」でなくともこの技術を搭載しているワイヤレスイヤホンはありますので、選ぶならこのAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」を搭載しているものを選ぶといいと思いますよ!

音質ついては正直、ここであげた3つの商品以上は自分的に必要ないと感じるくらい良いです!

一応おさらい!

1位 earfun Free Pro
2位 earfun Free
3位 earfun Air

ワイヤレスイヤホン探しに迷われている方、是非参考にしてみてください。

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

東京出身、現役グラフィック・Webデザイナーのモノへのこだわり情報や日々気になった事を発信するの情報ブログを開設。趣味やガジェット、ファッションなど5つのカテゴリーでご紹介。フォロー頂けると嬉しいです。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル