< 当ブログではアフィリエイト広告を利用しています >
PR
amazon先行SALE
ガジェット

EarFunのワイヤレスイヤホンおすすめのベスト5!

EarFunのおすすめベスト5 ガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

ワイヤレスイヤホンを何個か購入すると音質や性能の違いに驚きます。

音質や性能のどちらも自分の予算内であればもいいのですよね。

通勤に使用するためのワイヤレスイヤホン選びで迷われている方必見!

今回は、結構なブランド数のワイヤレスイヤホンを使用してきた私の中でのEarFunのベスト5をご紹介します。

イヤホンを使用している人は、今や殆どワイヤレスイヤホンを使用しているように思います。

左右を繋ぐコードが無い快適さを一度体験してしまうと、もう元には戻れません!

こだわり君
こだわり君

コードのガサガサ音も無いし、快適過ぎ〜!

10,000円オーバーのワイヤレスイヤホンも多数試しましたが、現在マーケットが急拡大しているのでメーカーの価格競争が始まっています。

その関係で5,000円前後で10,000円オーバー相当の機能や音質が手に入るようになりました。

そこで見つけたのが「EarFun」というブランドのワイヤレスイヤホンです。

中国のブランドですが、クオリティーは本当に高くおすすめです。

アジア系ブランドも、「Xiaomi」や「samson」など信頼できるブランドが沢山ありますが、「EarFun」もこれから勢力を強めてくるそんなブランドの一つだと思います。

その「EarFun」からラインナップされているワイヤレスイヤホンを試してみたので、自分なりにおすすめのベスト5を選んでみました。

EarFunのワイヤレスイヤホンおすすめベスト5はこれ!

これから紹介する商品はMAXでも7,000円台くらいまでで手に入る「EarFun」のワイヤレスイヤホンを選びましたが、クオリティーは非常に高い機種ばかりです。

ご紹介する機種の音質は、言うまでもなく低音から高音までバランス良く再現してくれますのでご心配なく!

音については個人差があるので「良い音」、「良く無い音」というのはあると思います。

私はオーディオマニアではありませんが、音の良し悪しは非常に気になる方なので、「まあ、普通に聞こえていればいいや!」というタイプの人間の選択したものではないことはご理解していただければと思います。

少し前まで筆者はAiroha社の左右同時伝送技術の「MCSync」を私は強力にプッシュしてきました。

しかしさらに上をいくaptX Adaptiveの登場でこれ一択と言っていいレベルになっています。

EarFun Free Pro3やEarFun Air Pro3などは、aptX Adaptiveに対応しているため電波状況が悪かったりデータ量によって伝送レートを自動で可変してくれるので常に安定した通信ができるようになりました。

1位 EarFun Free Pro3

EarFun Free Pro3の登場でついに1位が動きました!

amazonの1,200円クーポンの併用で(2024/3/25まで)で、7000円台。

SnapDragon Sound、-43dbのノイズキャンセリング、マルチポント接続など、フル装備のEarFun Free Pro3

1位と1位同順のEarFun Air Pro3との差は、SnapDragon Soundが大きいですね。

今のところiPhoneではこのサウンドを聞くことはできませんので、デバイスはAndoroidの必要があります。

「VGP 2023金賞」(オーディオビジュアルアワード)も獲得しているEarFun Air Pro3。

マルチポント接続、ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX5防水、のフル装備!

EarFunのフラッグシップ機種ですが、iPhoneには非対応のコーデックですので、Andoroidの方には非常におすすめです。

素晴らしい仕上げ、装備、大きさ等は下記レビューページで詳細に説明しています!

earfun free pro3の切り抜き

カラーも追加されています!

earfun free pro3のカラーバリエーション

1位同順 EarFun Air Pro3

1位同順は、EarFun Air Pro3で価格も10000円以下で購入できます。

さまざまなメディアの評価がいいことから、最近までamazonでは売り切れが続いていました。

ノイズキャンセリング性能も-43dbで最大値です!

SnapDragon Soundではないことくらいなので、1位同順とさせていただいています。

ほぼ全部入りでこの価格ですから、あとは「うどんタイプ」か「インナータイプ」かで好みが分かれるところでしょう!

専用アプリと連携できるようになったことで、自分好みにカスタマイズ可能です。

筆者の現在の愛用機になります!(この価格で非のつけようの無い機種ですね)

新しいカラーも追加されました!

EarFun AirPro3の新カラー
ポチップ用画像

2位 EarFun Free Pro2

2位となったのは、EarFun Free Pro2です。

amazonクーポンの併用で6,990円(2023/10現在)で、-40dbのノイズキャンセリング機能付きの全部入りです!

価格が結構変動するのですが、7,000円に収まりましたので、2位とさせていただきました。

「VGP 2022金賞」(オーディオビジュアルアワード)も獲得しているワイヤレスイヤホンです。

ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX5防水、他に必要な装備はないと思います。

先代のEarfun Free Proの形が少し丸みを帯びた感じで、大きさの違いはほとんどありません。

かなり小型です!個人的にはEarFun Free Proのようにエッジのあるスタイルが好きですが・・・。

EarFun Free Pro3が登場するまではフラッグシップ機ですので、まだまだ現役です!

EarFun Free pro2の外観イメージ

2位同順 EarFun Air S

こちらのEarFun Air Sは、6,499円(2023/08現在)でなんとノイズキャンセリング機能付きの全部入りです!

-30dbのノイズキャンセリング機能付きでこの価格は結構驚異的です!

aptXにも対応で音質も全域にわたりクリアなサウンドを奏でてくれます。

インナータイプではなく「うどんタイプ」ですが、ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX5防水、Bluetooth 5.2、専用アプリ対応と必要な装備はほぼ付いています。

さらに同時2台待ち受けが可能な「マルチポイント」に対応しているので、音楽再生中やZOOM会議中の電話でもイヤホンに着信音が流すことができます。

2位のEarFun Air Pro2と比べて、ノイズキャンセリング機能が-30dbになりますが、専用アプリ対応で自分好みの音場を作れるのはメリット大ですね!

EarFun Air Sのイメージ画像2キリヌキ

3位 EarFun Air2

3位は EarFun Air2

EarFun初のLDAC対応のワイヤレスイヤホンです。

LDACはSONYが開発した高音質コーデック技術ですが、最近はこのLDACに対応したスマホが増えているので、「aptX-adaptiveに対応してないけどLDACには対応している」という方には超おすすめです!

ノイズキャンセリング機能は搭載されていませんが、LDACが非常に高音質なので満足できると思います。(もちろんそれ以外は全部入りになります)

残念ながらiPhoneはLDACに対応している機種がないので、Andoroidの方用となります。

デザインはEarFun Air Pro3から継承されているようで、非常にスタイリッシュで高級感があります。

EarFun Air2の切り抜きイメージ

3位同順 EarFun Free 2S

3位同順は EarFun Free 2S

こちらもノイズキャンセリング機能は搭載されていませんが、それ以外は全部入りです。

aptX-adaptiveに対応しているので、andoroidで1ランク上のサウンドを楽しめます。

高音ばかりが強調されて、シャキシャキするのではなく、低音〜高音までバランスが良いですね。

その他、ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX7、aptX-adaptive、専用アプリ対応です。

うどんタイプが合わない方におすすめです!

EarFun Free2Sの商品イメージ

4位 EarFun Free1S

EarFun Free 1Sは2023年発売の製品で、3位の「EarFun Free 2S」の廉価版になりますが、3位との差はそれほど大きいものはありません。

こちらはワイヤレスイヤホンを購入するのが初めての方で迷っている方には、是非おすすです。

とにかく非常にバランスとれた音質の再現と十分な装備で超コスパな商品になります。

もちろん、ワイヤレス充電、USB TYPE-C充電、IPX7は標準装備なのでご安心ください。

しかも専用アプリにも対応しているので、自分好みの音質へカスタマイズできます!

ノイズキャンセリングは未搭載ですが、耳へのフィッティングがすこぶるいいので外音遮断にも一役かってくれています。

EarFun Free 1Sのキリヌキ

5位 EarFun Free Mini

今回5位にランクインしたのは、ワイヤレスイヤホンをご検討されている方の中には、いろいろ装備が付いて高くなるなら、良い音と価格を優先したいという方もいらっしゃると思います。

そんな方向けに、必要最小限の機能で、音質と価格、コンパクト面が優れていますので選択させていただきました。

Miniというだけあって、他の機種と比べると明らかに小さく軽量です。

価格を抑えた分が質感に影響あるのかと思いましたが、質感は上位機種レベルに仕上がっています。

この価格でUSB TYPE-C充電、IPX7防水、重低音がこんなに出るのかと感動しますよ。

EarFun Free Miniは耳穴が小さい女性にもジャストフィットすると思います。

レビューで女性の装着画像も紹介してますので是非ご覧になってみてください。

earfun free miniの外観イメージ

EarFunから最新情報!

番外ですが、2024/3現在で新製品が多数ラインナップされています。

実機レビューしているので是非コチラも参考にしてみてください。

番外編:2022/11現在 新製品が出ています!

レビューしているので是非ご参考に!

2023/1 最新モデル登場!

EarFun Air Pro3のカラーバリエーション追加!

2023/10 最新モデル登場!

2024/2 LDAC対応モデル登場!

EarFunのワイヤレスイヤホンのまとめ

1位 EarFun Free Pro3
1位同順 EarFun Air Pro3
2位 EarFun Free Pro2
2位同順 EarFun Air S

3位 EarFun Air2
3位同順 EarFun Free2S
4位 EarFun Free1S
5位 EarFun Free Mini

このEarFun」というブランドはこれから注目かもしれません。

どの機種もコストパフォーマンスは半端ではないです。

大抵はコストを削ると、品質や仕上げに粗が出てくるものなのですが、このEarFun」はさすがです。

ノイズキャンセリング付きで6,000円以下で存在するというのも驚きですし・・・。

Airoha社の左右同時伝送技術の「MCSync」が一押しでしたが、EarFun Air Pro3のあたりからaptX-Adaptiveに対応しているため電波状況が悪かったりデータ量によって伝送レートを自動で可変してくれるので常に安定した通信ができるようになりました。

これにより音飛びが少なく遅延も最小限での伝送が可能になり、両者の差は無くなったと言えるでしょう

ノイズキャンセリングが装備されていない機種もありますが、特別凄い人混みの多いところに行くことが少ない方は全く問題ありません。

音質ついては正直、ベスト5の商品以上の音質は自分的に必要ないと感じるくらい、全てが良い音ですので心配ありません!

間違い無いおすすめの機種!

超コスパで高音質がご希望なら

2台ペアリングしてステレオにしてみた!

ボリュームを下げても凄い重低音!

\今のイヤホンを高く買い取りしてくれるお店/

amazonで購入が多い方は、amazonプライム会員がお得です!

amazonプライム会員は、使いきれないほど数々の特典があります。
しかも年間払いなら492円/月(年払い5900円税込)、月払いだと600円/月ですから、年払いなら1300円もお得です!

●amazonプライム会員の特典

送料無料(数回使う方なら、これだけで元がとれてしまいます)
・お急ぎ便の送料も無料(時間指定ができる)
・プライム会員限定プライムデーで購入できる(30日無料体験記期間でもOK)
・プライムビデオも見放題
・プライムフォト(5GBまでのクラウドストレージが無料)
・プライムワードローブが無料(洋服、靴を4点ほど取り寄せ、必要な物だけ購入。あとは返品、もちろん返品送料無料)
プライムミュージックも1億曲以上が無料

※「プライムワードローブ」は該当の商品ページには下記ロゴが表示されています。
アマゾンtry-before-you-buy

ほかにも特典があり過ぎて書ききれません。
大手のモールって送料がかかるので、わが家では送料無料だけでも相当お得なのです。
30日間の無料体験期間でもプライム会員の特典は全て試せます!
もちろん体験してみて必要なければ無料で退会OK

 

\30日間 無料体験を試してから決める/

 

タイトルとURLをコピーしました