無印「携帯用メガネ拭き」は拭き取り抜群で気持ちいい!

無印の携帯用メガネ拭きのトップイメージ趣味・生活
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」のこだわり君です!

@KodawariStyle

通常メガネ拭きはメガネの購入時に化学繊維のタイプが付属してきますが、キレイになるのは最初の数回で、後はキレイに拭き上げられず皮脂などを薄く伸ばした感じで、しっかりキレイになりません。

「洗って再利用できます」って言われたものの、一度洗うと洗剤残りのせいなのか、最初の状態には戻らず拭いても綺麗にはならない経験ってありませんか?

幼い頃からメガネをかけているわけではないので、少し皮脂や指紋などで汚れていると非常に気になるので、キレイに落とせるメガネ拭きを一定の期間を空けて購入していました。

ただ、メガネ屋さんで化学繊維のタイプのメガネ拭きをこうにゅうすると、それなりの金額になりますので、ついついあまりキレイにならないメガネ拭きで対処する状況でした。

そんな時に、「無印の携帯用メガネ拭き」を見つけ使ってみたら、非常優れものだったので今日ははこの「無印の携帯用メガネ拭き」をご紹介します。

スポンサーリンク

無印「携帯用メガネ拭き」のスペック

スペック

商品名携帯用メガネ拭き
ブランド無印良品
素材アクリル系不織布
枚数14枚入り
サイズ133mm×150mm
生産国日本
価格80円(税込)

80円(税込)!!

100均より安いって凄くないですか!?

無印の携帯用メガネ拭き7

携帯用というだけあり、大きさはかなりコンパクトにできています。

ポケットティッシュより2周りくらいは小さいサイズです。

厚みはポケットティッシュと同じくらいでしょうか。

無印の携帯用メガネ拭き6
無印の携帯用メガネ拭き4

取扱いはポケットティッシュと同じで便利

取り出し方は、ポケットティッシュと同じで裏側の切り込みから取り出します。

OPENと書かれた下の点線を切ります。

無印の携帯用メガネ拭き2
無印の携帯用メガネ拭き5

こんな感じで1枚、1枚取り出しできます。

素材表面の凹凸がキレイに拭き上げます

無印の携帯用メガネ拭き16

表面が写真のように凸凹してるので、キレイに皮脂や油分を拭き上げてくれます。

大きさも広げると133mm×150mmもありますので十分な大きさを確保しています。

無印の携帯用メガネ拭き13
無印の携帯用メガネ拭き17

化学繊維のタイプも最初は素晴らしくキレイになりますが、数回使うと汚れを拭き伸ばしてしまう感じになります。

「無印の携帯用メガネ拭き」は化学繊維のように、凸凹が均一ではないところが非常にキレイに拭き上げられる秘訣なのかもしれません。

スポンサーリンク

無印「携帯用メガネ拭き」の性能は?

コンパクトだろうと、価格が安かろうと結局のところ性能が伴っていないと意味がないと思います。

結論から言ってしまうと「無印の携帯用メガネ拭き」は非常に良い商品です。

なんと言っても使い捨てというのが、毎回メガネをキレイにできるポイントなのではないかと思います。

今回は自分のメガネを、皮脂などで汚させてもらいそれを拭き取るというテストをさせていただきました。

この時期なので汗ばんだ指なら汚すのは簡単で、ちょっと触って伸ばしたらこんな状態です。

こだわり君
こだわり君

き、汚い!

ここまで汚れる事はないと思いますが、今回はテストなので極端に汚させてもらいました!

無印の携帯用メガネ拭き8
無印の携帯用メガネ拭き9

拭き上げ後はこんなにキレイになり、床の柄がよく見えます。

こだわり君
こだわり君

いとも簡単にキレイになります!

無印の携帯用メガネ拭き12

拭くのはメガネだけである必要はありません

皮脂や、指紋などが着くのはメガネだけではありませんよね!スマホや、時計などデリケートな面へ付着した汚れは全てキレイになります。

少しわかりづらいですが、スマートウォッチもこの通り!

無印の携帯用メガネ拭き11
無印の携帯用メガネ拭き10
無印の携帯用メガネ拭き15

iPadもご覧の通りキレイになります。

スポンサーリンク

無印「携帯用メガネ拭き」を使ってみて

キレイになるレベルは化学繊維のものと比べても同じです!

ただ、上でも言いましたが凸凹が均一ではないので拭き取り感は「無印 携帯用メガネ拭き」の方が良いと感じました。

なんと言っても使い捨てというのが、性能が落ちずに使えておすすめです。

サイズも133mm×150mmと広げると大きいので、毎回捨てる必要もありません。

私の感覚では、普通に2~3回は使用できますので非常に経済的です。

無印の携帯用メガネ拭き14

化学繊維のメガネ拭きの代わりに、メガネケースに入れておけばいいので従来通り使用できます。

今までずっと、メガネに付属のメガネ拭きでダメになったら、化学繊維のメガネ拭きを購入して使うということを繰り返してきましたが、コスト的に言っても時間的に言っても無駄だったと実感しています。

「無印」の商品って優れた商品が多いですよね!最初は、「SEIYU」のフロアの一画にちょこっと取扱があっただけなのに、今や銀座の一等地に路面店を構えています。

各商品、考えられていますので「ムジラー」なんて言葉が普通に使われるのもわかる気がします。

無印の関連記事はこちら

趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

東京出身、現役グラフィック・Webデザイナーのモノへのこだわり情報や日々気になった事を発信するの情報ブログを開設。趣味やガジェット、ファッションなど5つのカテゴリーでご紹介。フォロー頂けると嬉しいです。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル