amazon ブラックフライデー最終日! >
ファッション

BRIEFING(ブリーフィング)コインケース、別注はレア!

briefing6ファッション
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」です!

@KodawariStyle

最近は、キャッシュレス決済での支払いが多くなり出番が減ってきたお財布ですが、まだまだ完全にキャッシュレス決済だけに移行するには時間がかかりそうです。

今までは、2つ折りの札入れ(White House Cox)とコインケース(無印の馬蹄形)の2つを持ち歩いていました。

コインは単独の方が使い易くていいのですが、キャッシュレス決済が増えてきて使用量も減ってきたので財布を1つにまとめるため、かさばらないコインケースを探してみました。

BRIEFING(ブリーフィング)はトートも持っていて性能は折り紙付きなので、今日はBRIEFING(ブリーフィング)コインケースについてレビューしたいと思います。

BRIEFING(ブリーフィング)ですから、やはりバリスティックナイロンのコインケースが欲しかったのですが、メーカーの定番には普通のコーデュラナイロン(薄い)しかラインナップされていません。

しかし、SAC’S BARとのコラボ商品にありました。

コラボなので公式サイトには載ってなく、限定商品なのか何度も売り切れになります。

もしご検討中なら無くならないうちに手に入れてしまったほうが良さそうです。

スポンサーリンク

BRIEFING(ブリーフィング)のコインケース

briefing9

最初に見つけたのは、↓ BRIEFING(ブリーフィング)「COIN PURSE MW BRM191A35」リップストップナイロン(140デニール×240デニールフルダルコーデュラナイロン)、

briefing_co
こだわり君
こだわり君

つまり、バリステックナイロンではない!

このコインケースは普通のコーデュラナイロンですね。

やはり「バリステックナイロン」へのこだわりから、更に物色すること20分!

バリステックナイロン製発見!

ありました、バリステックナイロン製のコインケース

SAC’S BARとのコラボのレア商品ですが、本日(2022/03/08)確認いたしましたが、amazonと楽天で再入荷となっています。!お急ぎください!

薄手のコーデュラナイロンは普通に手に入りますね!カラーはブラックとネイビー!

\ブラックフライデー最終日!/
Amazonで見る

ROOT CO. との限定コラボのカラビナ。

これも手に入れたいアイテムですね。(私、コラボや限定に弱いです)

ブリーフィングとのコラボカラビナ
\ブラックフライデー最終日!/
Amazonで見る
スポンサーリンク

SAC’S BARとのバリステックナイロン製コインケースはレア

まずはスペックのご紹介!

BRIEFING(ブリーフィング)コインケース 型番 BRW201A11

・メイン素材: ナイロン
・表地: 合繊
・サイズ:約W11×H9.8×D1cm 重量:約40g
・カラー:【010】ブラック
・サイズ :W53.9XH10XW79.1mm
・素材:1680D×840D AIR BALLISTIC NYLON
・仕様:L字ファスナー式開閉
・内側:小銭入れ×1 フリーポケット×2
・Sac’s Barとのコラボ企画

briefing5

BRIEFING(ブリーフィング)コインケース 型番BRW201A11のバリスティクナイロン製は、初の別注コレクション。

非常にレアで、公式にも記載はありません。

想像通りの強靱なコインケース

このバリスティクナイロンは私の持っているトートの1050デニールのダブルバスケット・ウィーブとも少し違い、更にこだわりの中空構造の高強力糸で作られたAIR BALLISTIC NYLONを使用しています。

BRIEFING(ブリーフィング)トートの記事はこちらから

中空構造のためなのか、強靭さはそのままに軽量に仕上がっているそうです。

見た目を実際比べてみましたが、ほぼ違いはわからず通常のバリスティクナイロンに見えます。

若干、【SAC’S BAR×BRIEFING】別注コレクションのバリスティクナイロンの方が織り目が細かい?比べない限りはわかりませんけど。

briefing8

裏側にはロゴはありませんね。

コインケースということだったので、かなりコンパクト財布を想像していましたが、購入前にサイズを確認したところ普通の財布の大きさくらいありますね。

もともと財布を1つにまとめようと思っていた私としては、これくらいの大きさが丁度よかったのです。

briefing1
右がWhite House Coxの2つ折り財布です

そほど大きさに違いは無いですよね。

briefing10

ご覧の通り、コイン入れはセンターに両サイドにはポケットがついていて、クレジットカードも入りますしお札も二つ折りで問題なく入ります。

briefing3

空でみるとこんな感じです。

コイン入れにジップはありませんが深さがあるので、持っていてコインがサイド部に混ざったりすることはありません。

ある程度、財布自体にコシがあった方が、重たいコインを入れたり、カードをたくさん入れたりしますのでシャッキとしていていいと思いますよ。

だから、普通のコーデュラナイロンよりバリスティクナイロンの方がいいというのはこだわり屋さんの私の意見。

色々こだわってしまって、自分でたまに面倒になってしまうのですが、こだわりは自分の性分のようなのでしょうがないみたいですね(笑)

briefing4

私はあまり手が大きい方ではありませんが、手と比較するとこんな比率になり丁度良いです。

briefing2

ナイロンコードも引きやすく使い勝手も良いですね。

厚みも約1cmあるので少々詰め込み気味でもOKですね。

バリステックナイロン製ですので、耐久性は半永久的といっても過言ではない素材で使い勝手も非常に良いので、現在も愛用中です。

SAC’S BARとのコラボ商品で、結構レアなコインケースなので、こだわり屋さんは絶対満足すると思いますよ!

薄手のコーデュラナイロンは通常ラインナップ!

\ブラックフライデー最終日!/
Amazonで見る

タイトルとURLをコピーしました