< 当ブログではアフィリエイト広告を利用しています >
PR
amazon先行SALE
ガジェット

EarFun Air2はLDAC対応でVGP 2024金賞だが実際は!

EarFun Air2のトップイメージ ガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

次々に新製品を発表してくるEarFun。

ワイヤレスイヤホンブランドの中でも超コスパな部分で勝負し、あっという間に知名度を上げました。

今回は5,000円台でLDAC対応、しかも2024のVGPで金賞を受賞した実績あるワイヤレスイヤホンであるEarFun Air2です。

筆者はEarFun Air Pro3を愛用機としているが、これと比べてもEarFun Air2は本当にコスパが高い!

重要な音質も、「これ以上の高音質って必要か?」と思えるほど広がりのある音を再現してくれる。

今回は大ヒットのEarFun Air Pro3、Free Pro3との比較も含め、EarFun Air2をレビューしていきます。

スポンサーリンク

EarFun Air2のスペック

amazonでは今はブラックのみのラインナップだが、公式ページにはホワイトの画像もアップされているので、近々に市場に投入されるのではないかと思います。

今回はEarFun Air2の「ブラック」をレビューしていきます。

EarFun Air2の切り抜きイメージ

位置付けとしては、ノイズキャンセリングは非搭載ですがSONYのコーデックLDACに対応させた高音質モデルなのでEarFun Air Pro3の下位グレードにあたるのだと思います。

デザインもエッジのメッキ使いなど似ているところが随所に見受けられます。

EarFun Air Pro3」のレビューもご参考まで!

EarFun Air2の本体2

EarFun Air2のスペック

EarFun Air2
本体操作タッチ式
専用アプリ
ドライバー方式10mm大口径ドライバー
Bluetoothバージョン5.3
BluetoothプロファイルA2DP、 AVRCP、 HFP、 HSP
対応コーデックSBC、AAC、LDAC
電源供給方式USB TYPE-C
ワイヤレス充電
防水IPX7
カラーブラック
イヤホン片側約5.8g(実測)
ケース+イヤホン約46g
最大持続時間(ケース併用)約40時間
ケースサイズ幅 62.1×縦 47.5×厚み 25mm
EarFun Air2のケース

タップ操作の仕様

EarFun Air2のタップ操作

LEFT
(左)
RIGHT
(右)
再生・一時停止2回タップ2回タップ
曲送り3回タップ
曲戻し3回タップ
音量を上げる1回タップ
音量を下げる1回タップ
電話を受ける・切る2回タップ2回タップ
着信拒否2秒長押し2秒長押し
音声アシストのON・OFF2秒長押し2秒長押し

ほぼ全てのコントロールがタップにより操作可能です。

ゲームモードのみON/OFFはアプリで行います!

スポンサーリンク

EarFun Air2の特徴

ワイヤレスイヤホンは名前の通りワイヤレスで音楽をイヤホンに伝送するわけですが、この部分をいかに効率よく劣化させずにイヤホンまで運べるかが、音質や接続安定性のカギになってきます。

EarFun Air Pro3はLDACには対応していないが、aptX™ Adaptiveに対応することでかなりLDACと比べても僅差の音質になっていると思います。

正直、筆者にはLDACとaptX™ Adaptiveの聞き分けは難しく感じる。

どちらかに対応していれば、十分は高音質な音楽に没入できることは間違いないと思います。

LDAC:96kHz/24bitまでの音質伝送を実現
aptX™ Adaptive:48kHz/24bitまでの音質伝送を実現

EarFun Air2はLDAC対応

EarFun Air2はEarFunでは初となるLDACに対応しているところがポイントと言っていいのではないでしょうか。

最近はLDACコーデックに対応させたスマホも急速に増えています。

このコーデック(伝送技術)はワイヤレスイヤホンだけが対応しているだけでなく、デバイス側もLDACに対応している必要がありますので、EarFun Air2の最大の特徴を存分に味わいたいなら、ご自分のスデバイスがLDACに対応しているか確認する必要があります。

EarFun Air2のLDACのイメージ

コーデックLDACaptX™ AdaptiveSBC
音質伝送96kHz/24bit48kHz/24bit44kHz/16bit
伝送速度最大990kbps最大576kbps最大328kbps

iPhoneは今のところ、SBCとAACを使用するしかありません

10mm大口径ドライバー搭載

EarFun Air2は10mmのダイナミックドライバー

ドライバーとは音の信号を振動板に伝え、音を出力する仕組みの部分で、スピーカーでは非常に重要な部分となります。

ドライバーが大きくなれば、低音域が再現しやすくなるというメリットがあります。

厚みのある低音域と音圧感を損なうことなく中音域のクリアさもしっかりと再現することにより、解像度に優れた奥行きある広い音場をEarFun Air2は実現しています。

マルチポイント接続

EarFun Air2はマルチポイント接続に対応

マルチポイント接続とは、例えば映画の視聴中に別の機種と接続する場合、都度ペアリングをして繋ぎ直さなければいけませんでした。

マルチポイント接続対応の場合は別の機種と何度もペアリングせずとも同時に接続できるので、画の視聴中の電話の待ち受けなど非常に便利です。

これはかなり便利な機能なので、ご検討の際は是非搭載されているか確認したいポイントです。

IPX7の防水性能

EarFun Air2はIPX7

IPX7は「水深1mの位置で30分間水没させても機能に問題が生じない防水性能」とありますので、ランニングの汗や、ちょっとした水しぶきは問題ありません。

30分以内なら水没してもOKというレベルです。

ワイヤレス充電にも対応

EarFun Air2はワイヤレス充電可能

EarFun Air2はこの価格でワイヤレス充電にも対応!
ワイヤレス充電では3時間でフル充電可能、本当に便利機能なので購入前には要チェック!

0.055秒の低遅延でゲームや動画もOK

EarFun Air2は55msの低遅延な伝送でゲームや動画を楽しむことができます。

55msだと筆者にはYoutube等で音が遅延していることは感じ取ることはできないレベルでした。

「ゲームモード」は通信距離が短くなるので、音楽再生時はゲームモードをOFF。

ゲームモードは55msの超低遅延

専用アプリ

EarFun Air2はアプリ対応

最近は専用アプリは当たり前になりつつありますね!

当然EarFun Air2も専用アプリに対応しており数々のコントロールが可能です!

もちろんオリジナルでカスタムイコライジングもできますが、プリセットがあるのでワンタップで音質の変更も可能です。

バッテリー残量も可視化できて使用頻度の高い方には重宝すると思います。

LDACON/OFFはアプリより行います

スポンサーリンク

EarFun Air2の装着感

EarFun Air2の装着感ですが、さすがEarFun Air Pro3からのフィードバックで装着感は非常に良いです。

画像を見てもおわかりのように、形状やメッキ使いの特徴はよく似ています。

どのメーカーのイヤホンもそうですが、装着は、挿入し1/4回転ほど回すことで耳に固定され、ランニングなどの運動でもズレることなく快適に装着できます。

EarFun Air2の装着比較
EarFun Air2とAie Pro3の比較
スポンサーリンク

EarFun Air Pro3とFree Pro3との比較

EarFun Air2はEarFun Air Pro3の下位機種になるので、技術面のフィードバックを受けることができ非常にコスパの良い機種となっています。

ノイズキャンセリングを省いた感じでしょうか・・・。

EarFun Air2は縦開きの円形状。

背面にメタルロゴが入っています。

写真ではわかりずらいかもしれませんが、さすがにフラッグシップのEarFun Free Pro3は、他の2機種と比べてかなりコンパクトなデザインです。

Air pro3とFree Pro3との比較2
Air pro3とFree Pro3との比較1

EarFun Air2とEarFun Air Pro3は縦型よ横型ですが、広い面こそ同じくらいの大きさですが、側面はEarFun Air2のほうがかなり薄いデザインです。

これでバッテリーの持続時間が40時間ですから、技術の進歩は凄まじいものを感じますね!

スポンサーリンク

EarFun Air2のサイズ

上では比較しましたが、EarFun Air2のサイズを明確にしておきたいと思います。

EarFun Air2のケースサイズ
EarFun Air2のケースの表側

EarFun Air2の重量

重量については、公表されているスペックとほぼ同じで、違っても個体差程度と考えておけば良いと思います。

EarFun Air2の重量2
EarFun Air2の重量
スポンサーリンク

EarFun Air2のパッケージ・付属品

パッケージはEarFunらしいイメージカラーを使用したシンプルなパッケージです。

本体の小型化が進んでいるので、それに伴ってパッケージの小型化も進んでいる印象を受けます。

EarFun Air2のパッケージ1
EarFun Air2のパッケージ2
EarFun Air2のパッケージ3

付属品

イヤーピースは既に装着されているものを合わせると、4セット付属しています。

必要なものは全て付属していますのでご心配なく!

EarFun Air2の付属品
スポンサーリンク

FAQ

Q
最大何時間使用することができますか?
A

EarFun Air2はLDACがOFFの状態で、イヤホン単体約9時間、充電ケースを使えば最大40時間の使用が可能です。フル充電まで2時間で完了する速さです。(ワイヤレス充電は3時間)

Q
LDAC」とは何ですか?
A

LDACとは、SONYが開発した音楽を極めて劣化を少なくワイヤレスでイヤホンに伝送する技術(コーデック)のことで、音質や接続安定性に大きく影響する部分ですので、適切な対応コーデックを選ぶことでより高音質での再現が可能になります。

Q
ノイズキャンセリング(ANC)は搭載されていますか?
A

EarFun Air2はノイズキャンセリング(ANC)は搭載されていません。

Q
給電方式はUSBの何タイプですか?
A

USB TYPE-Cで、汎用性も高く高性能な給電が可能です。ケーブルは付属しています。
ワイヤレス充電には対応しておりません。

Q
ペアリングは簡単ですか?
A

ペアリング非常に簡単です。
まずはイヤホンをフル充電し、ケースから取り出します。スマホの設定画面のBluetoothを開くと、EarFun Air2と表示されますので、それをタップしたら完了です。以後はケースから出すと自動でペアリングが開始され、耳にイヤホンを持って行く頃にはつながっています。

Q
専用のアプリがありますか?
A

EarFun Air2には専用のアプリがございます。
アプリはGoogle Playよりダウンロードしてご利用ください。
EarFun Air2はLDACなど専用アプリでコントロールすることで本来の性能を発揮しますので、必ず専用アプリをご利用になることをおすすめします。

スポンサーリンク

EarFun Air2を使ってみて

EarFun Air2はLDAC対応ですが、デバイスもそれに対応していないとLDACの恩恵はありません。

筆者のスマホメイン機はaptX™ Adaptiveに対応していますが、LDACには対応していないので、1世代前のXperiaで試してみました。(現状はaptX™ Adaptiveの対応機種が多いので注意です)

EarFun Air2のLDACの音質は、低音域〜高音域までクリアな解像度で再現してくれています。

しかしaptX™ Adaptiveと比べても、音質の違いはほぼわからなかったというのが筆者の感想です。

結論から言ってしまえば「音質最高ですよ!」好みが違えばイコライザーで!

使用環境にもよると思いますが、LDACで接続すると、時々接続が途切れるのが結構気になりました。

使いやすさについて

EarFun Air2はイヤーピース側をケースの外側にして収納しているので、画像のように取り出し耳に装着するためには180度回転させる必要があります。

これって細かいですが、面倒に感じました。

EarFun Air2は取り出しはいい
EarFun Air2は取り出しはいいが、装着時に1回転させるのが面倒

もう一つ、ケースの蓋ですが、取り出す時に全開にしてもノッチがないので、全開の状態で固定できません。

何度か指で押さえながらイヤホンを取り出す場面がありました。

画像のように水平にすることは無くても、斜めにする時は結構ありますので・・・。

Air pro3とFree Pro3との比較5
常に上向きにしていないとノッチがないので重力でフタが閉じてしまうため、指で押さえるEarFun Air2
Air pro3とFree Pro3との比較3
全開でもノッチがあるのでフタは閉まらない
Air pro3とFree Pro3との比較4
EarFun Free Pro3も同様

素晴らしい点
・この音質でコスパ高過ぎ!
・コンパクトなのに40時間再生
・マルチポイント接続は非常に便利
・ワイヤレス充電対応(これ本当に便利!)

残念な点
・ケースの作りが少しチープ
・取り出した向きのまま装着できない

EarFun Air2はこんな方におすすめ

・ノイズキャンセリングが必要ない方
・高音質なワイヤレスイヤホンを低価格でお探しの方
・専用アプリで自在に好きな音場を作りたい方
・コスパの高い機種をお探しの方

総評 4.0

amazonで購入が多い方は、amazonプライム会員がお得です!

amazonプライム会員は、使いきれないほど数々の特典があります。
しかも年間払いなら492円/月(年払い5900円税込)、月払いだと600円/月ですから、年払いなら1300円もお得です!

●amazonプライム会員の特典

送料無料(数回使う方なら、これだけで元がとれてしまいます)
・お急ぎ便の送料も無料(時間指定ができる)
・プライム会員限定プライムデーで購入できる(30日無料体験記期間でもOK)
・プライムビデオも見放題
・プライムフォト(5GBまでのクラウドストレージが無料)
・プライムワードローブが無料(洋服、靴を4点ほど取り寄せ、必要な物だけ購入。あとは返品、もちろん返品送料無料)
プライムミュージックも1億曲以上が無料

※「プライムワードローブ」は該当の商品ページには下記ロゴが表示されています。
アマゾンtry-before-you-buy

ほかにも特典があり過ぎて書ききれません。
大手のモールって送料がかかるので、わが家では送料無料だけでも相当お得なのです。
30日間の無料体験期間でもプライム会員の特典は全て試せます!
もちろん体験してみて必要なければ無料で退会OK

 

\30日間 無料体験を試してから決める/

 

タイトルとURLをコピーしました