ブロガー必見「デザインの4大原則」 >
ガジェット

EarFun Free Pro レビュー|今だから4千円台で手に入るANC付きのワイヤレスイヤホン

earfun free proのトップイメージガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

最近はこのワイヤレスイヤホンの市場がコスパ競争で凄いことになってきています。

国産ブランドはこの流れには乗らず独自路線で高価格を打ち出してきていますが、有名ブランドのワイヤレスイヤホンでハイクラスなら1〜2万円以上は軽いです。

私は高くても1万5千円くらいのものしか使用したことはありませんが、今日ご紹介するEarFun Free Proは4千円台で、音質や装備が凄いレベルに到達しています。

どうしても国産ブランドじゃないと嫌という人以外は、一度見直してみるのも方法の一つだと思います。

今日ご紹介する「EarFun Free Pro」4千円台で、ノイズキャンセリング(ANC)は当然ですが、それ以外もほぼ全部入りのワイヤレスイヤホンなのです。

最新の一つ前になりますが、そのおかげで価格がガッツリ下がってきている今だから絶対にお買い得なんです!

それではEarFunの上位機種との比較もしながらご紹介していきますね。

amazon 5/31まで1200円OFFクーポンあり
¥5,999 (2022/05/06 22:04時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

EarFun Free Proパッケージ

このEarFunですが、どのシリーズもパッケージの品質が非常に高いく好感がもてます。

earfun free proのパッケージ
earfun free proのパッケージ2
ノイズキャンセリング付きです!!
earfun free proのパッケージ3
earfun free proのパッケージ4

付属品及びスペック

「EarFun Free Pro」は、後継機種が出るまでフラッグシップでしたので、付属品も丁寧にパッキングされています。

earfun free proの付属品
earfun free proのイヤーチップ
大きさ違いのイヤーフックがあるので、ジャストフィットにできますよ!

ビニール袋にスペアパーツが、雑然と入れられているようなこともなく、しっかり型に固定されています。

EarFun Free Pro スペック

Bluetooth5.2
Bluetooth周波数2.4GHz
BluetoothプロファイルA2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデックSBC、AAC
通信距離最大15m
バッテリー容量50mAh x 2(イヤホン)、400mAh(充電ケース)
充電時間1.5時間(本体)、2時間(ケース)
ワイヤレス充電3.5時間
電池持続時間連続音楽再生:最大7時間、充電ケースを使用すれば最大32時間(ノーマルモード)、
最大6時間、充電ケースを使用すれば最大27時間(ANCモード)
ご注意:コーデックや音量、オーディオ内容などにより短くなる場合があります
入力DC5V / 1A(USB TYPE-C)
サイズ67mm x 25mm x 31mm
重量約42g(充電ケース+イヤホン)
防水IPX5

ノイズキャンセリング(ANC)

ANCのことをノイズキャンセリングと呼んでいますが、正確にはアクティブノイズキャンセリングといいます。

ノイズキャンセリング(ANC)は最大で-28db、上位機種のEarFun Air Pro2は-40dbですので、比べれば劣ります。

-40dbですと電車のアナウンスはかすかに聞こえる程度になりますので、乗り越しに注意しなければいけません。

ですのでEarFun Free Proの-28dbくらいが丁度良いのかもしれません。

もちろんどっぷり音楽に浸るなら-40dbのほうがよりいいと思いますが・・・。

EarFun Air Pro2はこちらの記事を参考にしてみてください。

アクティブノイズキャンセンリングのイメージ

左右同時伝送技術(MCSync)

音の伝送方法ですが、今までは片側に伝送し、さらにもう片側に伝送していました。

それを左右同時にしかも別々に転送する技術なのですが、これがあると無いでは接続の安定感がまるで違うのです。

左右同時転送技術(MCSync)についてはこちらをご覧ください

防水

EarFun Free Proは、IPX5ですので、シャワー程度なら全然問題なく使用できます。

水の中に沈めるのはNGと思っていていただければと思います。

earfun free proの防水イメージ

ワイヤレス充電

「EarFun Free Pro」には、ワイヤレス充電も装備されています。

このワイヤレス充電機能は、あるともうこれ以外は面倒になりますよ!

ワイヤレス充電できなくてもケーブル挿すだけでしょ」というかもしれませんが、確かに挿すだ

ですがこの一手間は使用頻度が高いと非常にありがといものと感じると思います。

ワイヤレス充電

ゲームや映画などの低遅延モード搭載

有線イヤホンと違い、ワイヤレスイヤホンは電波で音を伝送しているので、ゲームの動きや、映画の声が遅延するケースがよくあるのですが、このEarFun Free Proは低遅延モードが搭載されています。

私がYouTubeの動画で試した感じでは遅延は感じられませんでした。

amazon 5/31まで1200円OFFクーポンあり
¥5,999 (2022/05/06 22:04時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

EarFun Free Proの比較レビュー

この「EarFun Free Pro」を開梱して初めて思ったのが、想像以上に小さいことです。

写真やサイトで見ているもっと大きい物を想像していました、非常にコンパクトにできていてびっくりです。

earfun free proのイメージ
earfun free proのケース正面
トップはピアノブラックで非常に高級感のあるケースです。側面はもっと暗いブラウン?でしょうか
earfun free proの外観1
トップはピアノブラック
earfun free proの側面
充電はUSB TYPE-C
earfun free proの底面
底面には技適マーク等

サイズ感

上でも言いましたが、EarFun Free Proは非常にコンパクトですよ。

ケースは手のひらに乗せてもこの大きさですから。

earfun free proの大きさ1
earfun free proのケース2
earfun free pro ケースとイヤホン

ケースがこの大きさですので、本体はもっと小さいわけで、この中に全部の機能が詰まっていることを考えると、「EarFun Free Pro」は凄いワイヤレスイヤホンです。

earfun free proの本体
earfun free proの本体 裏側
earfun free proの本体2
earfun free proの大きさ1円との比較

ワイヤレスイヤホン本体のカラーですが、カッパーのように写っていますが、実際はもっと濃いガンメタリックというのが正しい感じでしょうか。

これほどの赤味はないです。(下のバナーの色味が適正カラーですね)

amazon 5/31まで1200円OFFクーポンあり
¥5,999 (2022/05/06 22:04時点 | Amazon調べ)

他機種との大きさを比較

単体で見ていただいても、大きさがよくわからないと思うので、実際にEarFun Air Pro2miniと比較してみようと思います。

earfun free proとair pro2の比較2

EarFun Air Pro2と比較すると「EarFun Free Pro」はかなり小さいことがわかりますね。

earfun free proとair pro2の比較
上から見てもこの通り
earfun free proとair pro2のケース比較
かなりコンパクトですよね!

本体の比較

本体もEarFun Air Pro2の「うどん」部分がありませんから、かなり小さいですね。

earfun free proとair pro2の比較2
earfun free proとair pro2の比較3
earfun free proとair pro2の比較4

体積で言ったらEarFun Air Pro2の2/3くらいの大きさだと思います。

EarFun Free Miniとの比較

最近ラインナップに加わりました、小ささと価格、音質にこだわったモデルとも比較してみました。

EarFun Free Miniの詳細はこちらの記事からご覧いただけます。

earfun free proとminiの比較3
earfun proとminiの比較
earfun free proとminiの比較2

EarFun Free Miniは、気軽に良い音を楽しみたい方向けで、必要最低限の装備ですのでさすがに大きは小さいですが、EarFun Free Proはこの装備でEarFun Free Miniの大きさに迫る勢いです。

earfun free proとminiの大きさ比較
earfun free proとminiの1円との大きさ比較

この写真を見て、想像より小さくありませんか?

EarFun Free Miniよりは若干大きいですが、いい勝負です。

EarFun Free Proを実際使ってみた感想

さすがに少し前までフラッグシップだった機種だけあり使い勝手もかなり良好です。

earfun free proの装着写真

装着も、シリコン製のイヤーフックがいい感じに耳のヒダにひっかかり安定感抜群です。

走ったり、急な動きでも外れることはないでしょう。

イヤーピースの大きさとイヤーフックの2箇所で固定するので、イヤーピースだけで固定するEarFun Air Pro2よりフィット感が良いです。

earfun free proの取り出し方

とにかくコンパクトに出来上がっているので、本体をケースから取り出す時に取り出しにくい感はあります。

使っているときに発見したのですが、写真のようにイヤーフック側(内側)を支点に端から起き上がらせると非常に取り出しやすいことに気づきました!

earfun free proのケースから取り出す様子
earfun free proの重さ
EarFun Free Pro 47.5g
earfun air pro2の重さ
EarFun Aire Pro2 56.0g
earfun free miniの重さ
EarFun Free mini 40.7g 軽っ!

上でも書きましたが、ノイズキャンセリング(ANC)は最大で-28dbですので、上位機種の-40dbよりは劣ります。

電車のアナウンスというよりは、走行ノイズにかなり有効なように感じます。

音質はというと、申し分ないサウンドを聴かせてくれます。

低音は強めですが、中高音もクリアに出てますので非常にバランスが良い音質です。

R&B、ロック、POPSなどがメインの方には最高なサウンドだと思います。

スマホアプリはありませんが、今後アプリが開発されてイコライザーで自分の好きな音にできたら最高なんですけど!

良い点

・今だから価格がお得
・ノイズキャンセリング付き(ANC)
・防水(IPX5)機能
・ワイヤレス充電可能
・左右同時伝送機能

気になる点

・曲戻しができない
・イヤホンをケースに戻した時の自動停止機能がない
・ケースから出すのにコツが必要(上記参照)

GoodPressの「2021年は格安モデルも高機能化!6千円以下の買って損なし完全ワイヤレスイヤホン5選」にも選ばれた商品です!

最新機種でない分、かなりのお値打ち価格で販売されています。

これだけの機能が満載で4千円台というのは今だからこそ本当にお得なワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリング(ANC)の付いた全部入りをお探しの方にはチャンスかもしれません。

amazon 5/31まで1200円OFFクーポンあり
¥5,999 (2022/05/06 22:04時点 | Amazon調べ)