光回線なのに遅いと感じたら、ハブをチェックしてみる!

光回線対応ハブのトップイメージガジェット
スポンサーリンク
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」のこだわり君です!

@KodawariStyle

最近、家のインターネットのスピードが遅いと感じているのはうちだけでしょうか?インターネット技術の進歩は早く数年前までは最新だったのにあっと言う間に2世代前なんてザラにあります。
家庭内でのネットインフラも同じで、入居当時のままでは今の光回線(1GB)のスピードに対応できていないものが多く、光回線のハイスピードプロバイダに変更したのにインターネットのスピードが変わらないことがよくあります。
大抵はハブと呼ばれる、複数人に使用するためのいわゆる分配機が1GBに対応していないことが多いです。
特にLANケーブル(有線)でパソコンや、スイッチなどのゲーム機につないでいると顕著に現れます。
今日はそのハブを交換してどのくらい快適になるのかをご紹介します。

wifiもやはり現在最速のwi-fi6の転送規格に変更されてきていますので、同様の症状が出てくるときがあります。

今回はハブのみの交換ですが、もっと言えばケーブルも本来ならCAT 5E以上のケーブルを使用するのが望ましいです。

CAT 6とかCAT 7のケーブルはさらに伝送スピードが上がりますので!

これから5Gが一般的になってくるとさらに輪をかけてスピードの違いが顕著になるので、家庭内でのインフラもできれば最新にしておくことをオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今まで装着されていた光回線未対応のハブ

交換前のハブ

今まで装着されていたハブがこの写真のもので、BUFFALO(バッファロー)のものですが、伝送速度は最大100Mbps(100BASE-TX)ですので、部屋のLANポート(インターネット接続ケーブルをさすところ)と有線で接続しても理論値で100Mbpsしかスピードが出ないことになります。

交換前のスピードをテストしてみました!(テストはこちらで簡単にできますので試してみてください。もちろん無料ですので大丈夫です。)

すごいですね、見事にギリギリ100Mbpsにとどかないスピードです。

ここまでギリギリだと偶然じゃなさそうなので交換後に期待できそうです。

交換後データは、この記事下部で紹介!

光回線のスピードbefore

我が家の場合、そこで疑問が?

もともと我が家には光回線が通っています。

そうです、光回線ということは1000Mbps(1ギガ)ですね。

なのになぜ最大伝送速度100Mbpsのハブが最初に装着されているのか?

こだわり君
こだわり君

最初から1000Mbps(1ギガ)対応の

ハブがついてないとおかしくないですか?

ある日突然、回覧で「ハブが古いので有料(4500円)ですが交換してください」というインフォメーションがありました。

業者が推奨している型番を調べたらamazonのほうが全然安いです。

本来なら一言いいたいところですが、そこは大人対応ということでamazonにて購入!

スポンサーリンク

ELECOM EHC-G08PA2-JBを購入

elecomハブEHC-G08PA2-JB_パッケージ正面
elecomハブEHC-G08PA2-JB_パッケージ2

最初からついていたハブと比べるとかなりコンパクトになりました。

簡単に特徴をご紹介!

・伝送速度 1000Mbps/100Mbps/10Mbps
・LANポート 8ポート
・バッファメモリー 192Kbytes
・ループ検知 対応
・ファンレス ファンで冷却しないので静音
・トラッキング現象対応ACアダプター
・電源 AC100V
・外形寸法 W140×D86.5×H34mm

elecomハブEHC-G08PA2-JB_付属品
elecomハブEHC-G08PA2-JB_1

今までついていたハブもマグネットで固定されていたので、今回もこちらのマグネットタイプなので、壁に穴も開けずペタっと貼り付けるだけの簡単装着です。

新しくなっているのでECOも進み、従来型と比べると82%の省電力設計!

elecomハブEHC-G08PA2-JB_AC
elecomハブEHC-G08PA2-JB_ポート

取り付け1分程度

交換作業も1分程度です。

LANケーブルを抜いて、電源を外し新しいハブに差し替えるだけ。

新しくなったハブは大きさで一回り小さくなり取り付けていた場所も広くなった感じです。

説明書通り、「ファンレスで静音」。

というより音はしないですね。

スポンサーリンク

新しいハブで光回線レベルのスピードになるのか?

実際にパソコンをつないで、同じようにスピードテストを実施しました。

驚愕のスピードに!

凄い変化ですね!これが光回線に対応したハブに交換後のスピードです!

下り3.4倍以上、上り4.5倍以上と、共にかなりの高速になりました。

光回線のスピードafter

下が交換前です。

「JITTER」という聞きなれない言葉が右側に出ていますが、遅延スピードになります。

こちらは1/3くらいになりました。

0.41msですからほぼ遅延していないことになりますね。

オンラインゲームなどを不具合なくプレイするには、だいたい3.0ms以下でないと問題あるようです。

光回線のスピードbefore
スポンサーリンク

光回線なのに遅いと感じてたら是非ハブ交換を!

このような結果になり、検証ブログを書いた意味がありました。

交換後のスピードが変わらなかったらどうしようかな?なんて考えてましたので本当によかったです。

このスピードはあくまでも理論値なので、体感で3倍以上になったというとそこまでではないですが、少なくてもローディングの待ち時間だったり、動画の表示スピードを見ると確実にスピードアップしているのがわかります。

あと、インターネットに繋いでいるパソコンやテレビのハード側でのスペックが追いついていないとスピードばかり上げても恩恵は感じないので、それなりのスペックをもったパソコン等を使うと良いでしょう。

wi-fiについては、wi-fiルーターの性能を上げないと家内でのスマホの表示スピードや、アプリのダウンロードスピードは上がりません。

今からwi-fiルーターを購入するなら、wi-fi6に対応したルーターを選ぶとスマホ(wi-fi)でも体感できると思いますよ。

こちらが、今回私が交換したハブ!コストパフォーマンス的にもオススメです。

こちらはwi-fiを強化したい方のwi-fiルーター!これ一番人気みたいですね!

ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こだわりスタイル