エレコム LANケーブル Cat7で本当に速くなるか試してみた!

ELECOM LANケーブル_TOP ガジェット

最近PCの調子が突然悪くなる時が頻発していました。
もう10年くらい使ってるMacなのでお世辞にも早い演算能力とは言えないものなのですが、
ネット閲覧しているだけでも急にレンダリングスピードが落ちて、レインボーがグルグル回ったりします。

でも毎回では無かったので、「たまたま混雑して下りのスピードが落ちてるのかな」程度にしか考えていませんでした。

ただ、マンションですが光で1Gbなんですよね〜?

こだわり君
こだわり君

こんなにレンダリングスピードって落ちるかな?

こだわり君
こだわり君

ついにPCが寿命か?

今、テレワークで会社から新しいMacを持ち込んでるので、レンダリングスピードの差は歴然なのは十分承知しています、が、それにしても遅い。

でも普通に閲覧できるレベルの時もある・・・。

疑ったのはLANケーブル。

ずいぶん昔に購入したものだし、断線とかしてるんじゃないかなと思いデスクの下に潜ってチェックしてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なんとLANケーブルが切れている!

LANケーブルの被覆が2cmほど切れて中のより線がむき出しになっていました。

PC2台分、プリンター、ハブなど複数のコード類と絡まるようになっているので長い時間での摩擦の繰り返しでこうなったのかもしれません。

LANケーブル切れてる画像

ELECOM LANケーブルカテゴリー

写真では見づらいのですが、奥の方のより線の一部も擦れて切れているようです。
確かに10年以上使いましたが、こんな状態だとは知りませんでした。

こだわり君
こだわり君

原因はコイツですね!

でもコイツのおかげでケーブルにも種類や性能が沢山あることを知りました。

上の写真でもわかると思いますが、切れたLANケーブルは「カテゴリー5e(Cat5)」なので、正常なら一応OK範囲ですね。

破けた部分をみるとわかりますが被覆の中がいきなりケーブルになっているので、ACコードなどと並走させるとノイズを拾いやすのがよくわかりますね。

その点「エレコムのLANケーブル Cat7」は被覆の下にまず全部を覆うシールドがあり、さらに中の対になったケーブルにもシールドが施され、ノイズ対策は万全のこだわりです。

転送帯域ですが、こちらは伝送帯域の幅が大きいほど単位時間あたりに伝達できる情報量が多いことを意味します。なので「エレコムのLANケーブル Cat7」は600MHzになるわけです。

 

こだわり君
こだわり君

これがどれだけなのかは自分には理解不能ですが

カテゴリー7(Cat7) カテゴリー6A(Cat6A) カテゴリー5e(Cat5e)
通信速度 10Gbps 10Gbps 1Gbps
転送帯域 600MHz 500MHz 100MHz
ノイズ性能 ×

エレコム LANケーブル Cat7 購入!

というわけで「エレコムのLANケーブル Cat7」を購入しました。

ただ、元の回線スピードが光で1Gbpsなので、Cat7に下からと言って10Gbpsになるわけではないのですが、次世代のことも考えて「エレコムのLANケーブル Cat7」をこだわりで選択!

ELECOM LANケーブル_1

ELECOM LANケーブル_2

USBケーブルの新旧テストもしてみたレビューはこちらから

たかがUSBケーブル、されどUSBケーブル!
スマホのデータをUSBケーブルを使ってスマホのファイルをPCにコピーしたい時ってありますよね。私の場合は、撮った写真をすぐにPCに落としてサイズ変更やら色補正などしたいのですが、その時はUSBケーブルをPCに繋いでコピーします。 TYPE...

で、結論はというと

正直、表示スピードが速くなった感覚は無いですが、断線の影響が大きかったのでしょう、WEB閲覧中に突然ローディングマークが出るようなことは一切なくなりました。

ELECOM LANケーブル_4

これも今回この「エレコムのLANケーブル Cat7」を購入する際にわかったのですが、

現在、光の1GbpsなのにLANケーブルが「Cat5e」じゃなくて「Cat5」を使用している方はLANケーブルの買い替えをオススメします。

なぜなら、上の表には書きませんでしたが「Cat5」の方は通信速度が100Mbpsまでしか出せないのです。

せっかく元が1Gbpsなのにその1/10の通信速度にしか対応できないのです。

これを機会にLANケーブルが「Cat5」以下の方は絶対的に交換したほうが良いですよ!「Cat5」以下を使っているなら、体感スピードが確実に上がるはずです。

これから購入するなら、先のことも考えても「Cat6a」以上が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク
ガジェット
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル