ブロガー必見「デザインの4大原則」 >
ガジェット

低反発ウレタンイヤーピースに交換するだけで驚きの音質アップ?!

低反発ウレタンイヤーピースガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

イヤホンのイヤーピースって購入した時の純正をそのまま使っていませんか?

直接耳の中に入れる部分のイヤーピースですけど、これ絶対交換してみることをお勧めします!

私も友人に教えてもらったことなんですけど、やはり最初に装着されているイヤーピースは大抵がシリコン製で大きさの大小でフィット感を調整するタイプがほとんどです。

感覚的にはフィットしている感じがするかもしれませんが耳の中の複雑な凸凹にはさすがに密着させるのは難しいのです。

これが低反発のウレタンフォーム製ですと細かな凹凸にも追従してきますので効果大なんです!

低反発マットレスを思い浮かべてもらうとわかりやすいですよね。

スポンサーリンク

低反発のマットレスと同じ原理

そうです、あの一度沈み込んでから形に合わせてフィットしてくる、ジワ〜っとですけど結構圧迫してくる感じ。

イヤホンを装着中に両耳のイヤホンを耳に押し付けると、凄くいい音に聞こえる!?」って思ったことありませんか?

あの感覚は耳の中でイヤーピースが力で耳の内部に押し付けられているので、低音も感じるし中高音もよりクリアに感じるんですね。

友達
友達

イヤーピース、低反発のウレタン製に変えると、全然音良くなるよ!

こだわり君
こだわり君

えっ、そうなの!?
じゃ、千円しないし買ってみよう!

ということで、またまたamazonさんにてポチッとしてみました。

スポンサーリンク

ミヨシ(MCO)の低反発イヤーピース

パッケーッジ表
パッケージ裏

信頼のMADE IN JAPANですね!

サイズがありまして、私が購入したのは写真にもありますようにMサイズで取り付け部の寸法が5.5mm〜6mmに対応となっています。

今回装着したワイヤレスイヤホンEarFun Air Pro2の取り付け部分の寸法を測りましたが形が楕円で長い直径が約7mmでした。

装着してみると、

こだわり君
こだわり君

ピッタリですね!

取り付け部が5~6mmと書かれていましたが、楕円だったせいかピッタリというかキツ目ですね。

低反発イヤーピースは、装着後耳にピッタリになるので、外す時に少し抵抗があるのでイヤーピースが外れないように、少しキツ目をおすすめします。

それほどキツくないワイヤレスイヤホンに装着した時、少し急いでイヤホンを外したら、イヤーピースだけ耳に残ってしまい、少し焦りました(笑)

なので、結構押し込む感じで「入った〜」くらいの方が効果大だと思います。

装着した効果は劇的な変化

今回は手持ちのEarFun Air Pro2に装着したのですが、音質の変化にびっくりしました。

少し、イヤーピースをカットしたりしましたが、問題なく装着できます。

SOUNDPEATS Sonicなどは割と高音が強めに再現されますので、低音を強調させる役割ではベストマッチかもしれませんね。

EarFun Air Pro2に装着

このブログでもご紹介した、ワイヤレスイヤホンEarFun Air Pro2に装着したのですが、このワイヤレスイヤホンは低音が強めなタイプなのですが、結果は全域がブーストされる感じでノーマルでも非常に良いサウンドで気に入っていたのですが、驚きの変化です。

ノイズキャンセリングの効果もブーストされて、外音がほぼ聞こえなくなります。

低反発イヤーピース装着例1

最近のワイヤレスイヤホンは小型が進んでいるので、ワイヤレスイヤホンの収納ケースのクリアランスも極小になってきてるので、そのまま収納するとこのEarFun Air Pro2の場合は本体が少し浮いてしまうので、1mmほどカッターにてカットしています。

簡単にカットはできるので、自分のケースに合わせて調整するといいと思います。

低反発ウレタンイヤーピース交換のまとめ

低反発イヤーピース装着例2

ミヨシ(MCO)の低反発イヤーピースに交換したら、劇的に音質が上がりました。

ノイズキャンセリング付きのワイヤレスイヤホンだと、ノイズが消えて静粛性が素晴らし過ぎです。

サイズや形が複数ありますので、ご自分のイヤーピースと比較して選ぶと良いですよ。

このミヨシ(MCO)の低反発イヤーピースですが、今回装着したものはMサイズで一番太い部分の直径:約13mmありました。ノギスで測りましたから結構正確な値だと思いますので参考にしてみてください。

このComply(コンプライ)は交換用イヤーピースでは非常に有名なので多少高価ですが選択肢に入れても良いと思います。