FLEXISPOT 7500円OFFの特別クーポン >

FLEXISPOT|スタンディングデスクE8バンブー天板をレビュー

flexispotスタンディングデスクのトップイメージ趣味・生活
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

テレワークが定着してきて、自宅作業が増えると不思議と会社で仕事してるより、長く座っている時間が増えていませんか?

会社での仕事のほうが定期的に会議の移動やらで何かと動いているものです。

座る時間が長くなってしまうと、エコノミー症候群などもありますし、なにより運動不足と姿勢の悪さで腰痛を引き起こしたりします。

そこで、「FLEXISPOT」のスタンディングデスクです!

これは自動の昇降式デスクなので、座り過ぎを防止できますし、姿勢を変えてスタンディングにするだけで集中力がまるで違うのです。

時々立ちながら仕事をするのが、こんなに快適なのかと改めて感じさせてくれました。

組立てが少々面倒なところもありますが、交換してみたらわかりますが、これメチャメチャ快適です。

バンブー天板ですが天然木のほうがいいかな〜と思っておりましたが、到着したら非常にきれいな竹目(木目)で側面もアクセントになっていて正直キレイな天板です。

「FLEXISPOT」卓下引き出しS01の取り付け画像含め後半でレビューしてますので是非ご覧になってください。

こちら「FLEXISPOT」E8バンブー、卓下引き出しS01、組立て〜取り付け完成の図!

flexispotスタンディングデスクのセットアップ2
「FLEXISPOT」のスタンディングデスク E8バンブー素晴らしいです!

7500円OFFの特別クーポン(E8 Bamboo専用)
クーポンコード:HC-kodawari

※必ずログイン(会員登録後)してからクーポンコードをご入力ください(2022年1月31日まで有効)

上のクーポンコードで7500円OFF!

FLEXISPOT スタンディングデスク E8バンブー

今回は「FLEXISPOT」スタンディングデスクのバンブー天板セット+卓下引き出しを、ご提供いただきましたので、組立てから実際に使用してみた感想をレビューさせていただきます。

「FLEXISPOT」スタンディングデスクのバンブー天板セット

今回のバンブー天板と脚部分は組立て式とはいえ、幅1400mmのタイプでお願いしたので、梱包はかなり大きいです。

3個口で到着しましたが、1つ1つがかなり重量と大きさがあるので到着予定日にはスペースを作っておくとスムースかもしれません。

ちなみに体重計計測ですが・・・・、おっ、重い!

・天板の梱包 約15.5kg
・脚の梱包  約35kig
・引き出し  約6.8kg

結構びっくりするくらいの重量があり驚きました。

ですが、この重さがスタンディングデスクの安定感を生むわけなので、なるほどです。

flexispotスタンディングデスクの到着
「FLEXISPOT」バンブー(Bamboo)天板、脚部、卓下引き出しS01、到着は3梱包

「FLEXISPOT」スタンディングデスクE8バンブーの組立て

組立ては1人でできなくはありませんが、天板に脚を取り付けた後にひっくり返すところは、重たいのでできれば2人ですることをおすすめします。

「FLEXISPOT」のバンブー天板(Bamboo)の厚み2cmですが梱包状態で15kg以上あります
バンブー(Bamboo)天板の梱包は厳重です

バンブー天板ですがかなり厳重に梱包され、至る所に緩衝材が入っているので運送屋さんに相当荒っぽいことをされない限り無傷で配達されるはずです。

4角などは普通の段ボールじゃないですね、硬すぎて潰すことができない種類の段ボールです。

これ1箱で35kgですから、かなり重たいです!
こちらもきっちり緩衝剤が入っていますので安心です。
「FLEXISPOT」E8バンブーの脚部です。こちらが一番重量があります。

天板以外のパーツを並べてみましたが、それほど数があるわけではなく組立ては簡単ですね。

かなり丁寧な説明書が同梱されていますので、組立てに迷うことはないでしょう。

「FLEXISPOT」ではビスも全て小分けにしてあるので、説明書に指定のビスを間違えずに使用できます。

「IKEA」などは、複数の種類のビスをまとめて1袋に入れてあるので、お目当てのビスを探し出すのも苦労します。

その点「FLEXISPOT」スタンディングデスクE8バンブーの気配りはありがたく感じましたね!

揃えることをお勧めするツール

この「FLEXISPOT」スタンディングデスクE8 Bamboo(バンブー)を組立てるのに必要なツールは、プラスドライバー(こちらは用意)と4mmの六角レンチ(付属しています)で組立ては可能です。

この手の組立には慣れてる私でも、用意しておいたほうが良いと思ったものがあります!

それは「電動ドライバー」です。

電動ドライバーなしで組み立てることも可能ですが、かなり指先や腕が辛いです。

私は電動ドライバーを持っていましたが、ドライバーの先(ビットといいます)が4mmの六角ビットは持っていなかったので、六角レンチのパートは手動でやりました・・・。

正直、「電動ドライバー」があるとかなり便利で効率的ですので、今回以降もお世話になりそうな方はそれほど高価でもありませんので是非おすすめいたします。

エントリーモデルですが、こちらなら4mmの六角ビットも付属しています

脚部の組立て

flexispotスタンディングデスクのバンブー天板の組立て3
flexispotスタンディングデスクのバンブー天板の組立て4

脚を組み立てる過程の最初は六角レンチで締め込む箇所が多いので、指先に持久力が必要です。

脚部が組み終わると、次はそれを天板に固定します。

バンブー天板と脚部の固定

脚部はリビングで組み立てましたが、よく考えるとバンブー天板を固定してしまうと作業部屋に入れられなくなりそうなので、バンブー天板と脚部の固定は作業部屋での作業となりました。

flexispotスタンディングデスクのバンブー天板の裏の穴
「FLEXISPOT」では取り付け用の穴が最初から空いていますので、位置決め等も簡単です。

まずバンブー天板は裏返しにしておきます。

この上に今組み立てた脚部を立てて天板に固定するわけですが、最初から固定用の穴があいていますので非常に簡単です。

コントローラーは左右どちらでも装着可能なので、左右に取り付け穴があいています。

脚部は左右8本+センター部4本のネジで固定します。

左右のメインの8箇所は穴があいているのですが、天板のサイズに合わせて伸縮させる部分は天板サイズによって変わるので、穴は空いていません。

穴が空いていない4本は手動でネジ込まなければいけませんので疲れます。

まずは左右の8本を固定します。

私は、電動ドライバーを使用したのでアッッという間でしたが、人力の場合は腕の筋肉に持久力が必要かもしれません。

しかしここはガッチリ固定して安定させたいところですね。

ここで気を抜くと仕上がりに響くのでしっかり締め込みましょう!

flexispotスタンディングデスクのバンブー天板の組立て

幅をスライドさせて中央部4本のネジで固定します。(穴の無い4本になります)

flexispotスタンディングデスクのバンブー天板の組立て2
配線を差し込みます
配線カバーを取り付けます。(配線隠し用)

デスクの組立ては完成

逆さまになっているデスクを立てれば完成です!

POINT

この裏返す作業はかなり重さがあるので、2人作業をおすすめします。

1人の場合は脚部が組み上がった時点で起こしてしまい、天板を上に載せて作業すれば少しはラクかもしれません!

コントローラーの装着

コントローラーは左右どちらでもOKで勝手の良いほうに取り付けできるように、最初から穴が空いています。

flexispotスタンディングデスクのコントローラー1

この「FLEXISPOT」スタンディングデスクE8 Bamboo(バンブー)はバージョンアップされて、USB端子も1箇所追加されています。(E7には装備されていません)

こういった気遣いがうれしいですね!

高さは4箇所もメモリーできます!

・左の ↑ ↓ は任意での高さ調整
「M」は高さのメモリーでスタンディングの高さ、シッティングの高さ以外に2箇所任意で高さをメモリーできるので非常に便利です。(計4箇所のメモリー可能)

メモリー機能以外に「FLEXISPOT」スタンディングデスクE8 Bamboo(バンブー)には障害物検知機能も装備されていて、昇降中に物や手が挟まれてもすぐに動作が止まるようになっています。

flexispotスタンディングデスクのコントローラー2
USB差し込み口
flexispotスタンディングデスクのコントローラー3
USB使用例
flexispotスタンディングデスクのコントローラー最低値
最低値62.5cm
flexispotスタンディングデスクのコントローラー最高値
最高値128cm
POINT

押しやすいように少し傾斜していますが、ボタンの反応がかなり良いため、少し奥目に取り付けたほうが誤動作が無いかと思います。

ただ、このコントローラーにはロックスイッチも装備しているので安心です!
方法は「M」ボタンを5秒間長押しすることで、ボタンが無反応になります。そして「M」ボタンの上に青いLEDが点灯するので、現在の状況がわかります。

動きとコントローラーのテスト

まず音の静かさに驚きます。

「FLEXISPOT」スタンディングデスクE8 Bamboo(バンブー)は、前モデルのE7を改良し音も格段に静かになっています。

・滑らかに動くのも非常にいい感じです

・デュアルモーターなのでパワーも十分です

flexispotスタンディングデスクのバンブー天板の組立て完了
一番高くした状態 128cm
flexispotスタンディングデスクのバンブー天板の最低値
一番低くした状態 62.5cm

7500円OFFの特別クーポン(E8 Bamboo専用)
クーポンコード:HC-kodawari

※必ずログイン(会員登録後)してからクーポンコードをご入力ください(2022年1月31日まで有効)

上のクーポンコードで7500円OFF!

FLEXISPOT スタンディングデスク E8バンブー

続いて「FLEXISPOT」卓下引き出し S01の装着です!

「FLEXISPOT」卓下引き出し S01

現在使用しているデスクには引き出しが付属しているのですが、この「FLEXISPOT」スタンディングデスクE8に交換する際、引き出し無しでは困ってしまうので、無理を言って卓下引き出し」 S01もご提供いただきました。

flexispotスタンディングデスクの引き出しの段ボール
到着の状態
flexispotスタンディングデスクの引き出しの開梱2
卓下引き出し、2重の梱包で安心です

この1段の引き出しだけで6.8kgあるので、段ボールを持ち上げる時、重くてちょっとびっくりしました。

開梱すると2重に梱包されて、緩衝材もしっかり入っていて安心です。

バンブー天板への取り付け位置決め用の型紙も同梱されています(画像のブルーの型紙)

flexispotスタンディングデスクの引き出しの開梱
flexispotスタンディングデスクの引き出しの内容物
同梱物

「FLEXISPOT」卓下引き出し本体と、取り付けステー(左右分)、鍵×2、ドライバー、ネジ、取扱説明書と必要なものは全て入っています。

「FLEXISPOT」卓下引き出しS01の詳細

ビニールから取り出し、最初の印象は塗装の質感に驚きました。

完全に焼き付け塗装で、かなり分厚く塗装されています。

Snap-Onのツールキャビネットなどを思い浮かべていただくとわかりやすいですね。

flexispotスタンディングデスクの引き出しスライド

スライドは左右ベアリング入りのレールなので、非常にスムースです。

flexispotスタンディングデスクの引き出しの中

中の底面にもカーペットが貼り付けてあるので、金属の引き出で物を出し入れすると、ペンなどがガラガラ転がるうるさい音が緩和されます。

flexispotスタンディングデスクの引き出しの深さ

撮影が少し斜めになってしまいましたが、深さは約65mmで浅目です。

正直、もう少し深さが欲しいと思いました。

flexispotスタンディングデスクの引き出しの鍵

本体は金属に塗装されていて、前面パネルのみプラスティック製ですが、しっかりとした作りになっています。

自宅ではあまり必要ないかもしれませんが、オフィス使いだと必須の鍵付きです。

よくあるロッカー等の鍵って、下手したら力尽くで開いてしまうようなラフな作りですが、この「FLEXISPOT」卓下引き出しS01の鍵は非常にしっかりできています。

卓下引き出しS01の取り付け

この引き出しもコントローラー同様に、左右どちらでも装着可能です。

私はデスクを組み上げて通常通りにセッテイングしてから取り付けました。

POINT

重量があるのでデスクを低くして寝そべった形での装着を試みましたが、結構腕力が必要です。腕力に自身のない方はデスクをひっくり返す前に装着するほうがいいかもしれません。

flexispotスタンディングデスクの引き出し取り付け1
取り付けステー片側で3本ですので、両側で6本のネジ止めになります

写真のように脚部のフレームにギリギリまで卓下引き出し」のステーを寄せる位置で、正面の引き出しのツラがバンブー天板とツライチになります。

flexispotスタンディングデスクの引き出し取り付け2

この位置が一番低くした時もフレームに当たらない最も右寄せの取り付け位置です。

コントローラーが邪魔かなと思いました、結構空間があるので問題ないですね!

FLEXISPOT 卓下引き出し S01

これで基本は完了ですが、自動昇降させるわけですから足元にコード類が絡まっているとパソコン等が引っ張られたりする恐れがあるので、ケーブルトレーは必須です!

お次はケーブルトレーの取り付け

ケーブルトレーの取り付け

卓下引き出し」S01もご提供いただいたのに、さらに配線ラックもとは言えずこちらはFLEXISPOT製ではありませんが別途購入しました。

もちろん「FLEXISPOT」でもケーブルトレーはラインナップされているので、全て同一ブランドという方はこちらの公式サイトからお求めになれます。

配線ラック1

こちらは挟むだけの簡単仕様になります。

POINT

・天板の厚みにケーブルトレーが対応しているか確認しましょう。
・おそらく複数の差込口のACアダプターを使用されている方が多いと思いますので、奥行きに余裕のあるものを選ぶといいかもしれません。

配線ラック2
ケーブル設置前
配線ラック3
ケーブルを設置した状態

これで足元に絡まっている電源ケーブルはなくなり、昇降にも支障なくなりました!

「FLEXISPOT」のスタンディングデスク E8バンブー天板の感想

FLEXISPOT」スタンディングデスクE8 Bamboo(バンブー)は片脚に各1つモーターを使用するデュアルモーターなのでパワーもあり動きもスムースです(動画参照)

今まで、デスクが上下する状況を体験したことがなかったのですが、この「FLEXISPOT」のスタンディングデスクE8 Bamboo(バンブー)を使用してみて良い点、改善して欲しい点がでてきましたので、列挙してみます。

まずは良い点から!

GOOD

シッティングからスタンディングすることで得られる快適感はクセになるくらい良い
姿勢を変えることで得られる集中力が全然違う(眠気防止にも効果大)
・スタンディングになると、思った以上に動けるので足のストレッチ等もできる
・重量があるので安定感が凄い
・高さの微調整ができるので自分にベストな位置を見つけることができる
・耐加重が125kgもあるので、iMac27インチ 21.5インチの2台を乗せても余裕!
バンブー天板は多層構造の竹集成材で、耐水性があり脱臭・抗菌作用もある

flexispotスタンディングデスクのバンブー天板側面質感

バンブー天板は多層構造の竹集成材なので「竹ってこんなにキレイなの!」という印象で、側面も画像のようにキレイで良いアクセントになります。

エッジもキレイに面取りされ、触り心地が良いですね。

厚みが2cmということだったので「薄くないかな?」と思いましたが。

画像のように芯材が反る方向とは逆に組まれているので、非常にガッチリできています。

このバンブー天板は140cmですが壁に立てかけても、全く反りません。

そのうえバンブー天板は、ほとんど膨張収縮しないので天板の変形等もしないそうです。

flexispotスタンディングデスクのバンブー天板詳細
竹目がキレイです
改善して欲しい点

・ケーブルトレーを装着したので、殆どのケーブルは見えない位置に収められましたが、メインがどうしても1本残るので、フックなどを数カ所設置してもらえると完璧!
・他の種類の天板には左右2箇所にケーブルを通す穴が空いいるが、バンブー天板には空いていないためギリギリまで壁につけられない
・構造上難しいかもしれませんが、座椅子に座って作業できる位置まで下がったらいうこと無し

私は最後の1本のメインケーブルはこんな感じにまとめました!

脚部が金属なので100均で売ってるマグネットのフックで対応しました。

普通のマグネットじゃなくてネオジムマグネットなので強力で簡単には外れません。

flexispotスタンディングデスクの配線取り回し1
天板の裏側
flexispotスタンディングデスクの配線取り回し2
左の脚にも同じフック

導入してまだ日は浅いですが、この「FLEXISPOT」のスタンディングデスクは快適過ぎてクセになっています。

これだけで運動不足解消になりますし、なによりも集中力がアップして作業効率があがることは間違いないです。

flexispotスタンディングデスクのセットアップ2
flexispotスタンディングデスクのバンブー天板質感

フリーランスの方や、リモートワークのかたには是非おすすめしたい「FLEXISPOT」のスタンディングデスクE8バンブーです。

思っているより遥かに快適に仕事ができるので、このスタンディングデスクE8バンブーへの投資はアリだと思いますよ!

7500円OFFの特別クーポン(E8 Bamboo専用)
クーポンコード:HC-kodawari

※必ずログイン(会員登録後)してからクーポンコードをご入力ください(2022年1月31日まで有効)

上のクーポンコードで7500円OFF!

FLEXISPOT スタンディングデスク E8バンブー

「FLEXISPOT」卓下引き出しS01