amazon ブラックフライデー最終日! >
ガジェット

CO2測定器でテレワークを快適空間にすることができるのか?

CO2測定器のトップイメージガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

コロナが流行して、飲食店ではCO2測定器を使用して空気がクリーンなことを可視化してもらう動きが活発になりました。

でも、CO2(二酸化炭素)はテレワークなど自室の狭い空間で長時間作業するときにも是非気にしてみたほうがいいです。

筆者もテレワークが続き体調の変化による作業効率を知りたいと思い、CO2測定器を購入してみました。

それほどハイスペックな高価な商品ではないが、1秒おきにCO2(二酸化炭素)を計測してくれる優れものである。

5畳程度の部屋で1人で作業をしていても、簡単に基準値を上回ります。

換気をすると、すぐに数値が下がるので習慣化することできるのもありがたく感じます。

不思議と数値の下がった部屋に入ると気持ち良いと感じます。

購入直後ならまだしも、何度試してみても同じようにCO2数値が低い部屋は気持ち良いと感じました。

今日はCO2測定器でテレワークの空間が快適になるのか試してみたので、
そのCO2測定器のレビューをしてみようと思います。

スポンサーリンク

CO2測定器とは

CO2測定器、いわゆる二酸化炭素濃度を測る計器ですが、コロナ禍で飲食店が使っていることでよく耳にするようになりました。

このCO2測定器、業務用以外にも家庭用としても有効で、CO2濃度が高いと倦怠感、頭痛、耳鳴り等の症状が出てくるので、テレワークや自部屋での長時間作業にも効果があることがわかりました。

テレワークを快適にする商品はCO2測定器以外にスライディングデスクもかなり有効

作業効率の面でもCO2濃度が可視化できるので非常に便利です。

二酸化炭素の含有率

二酸化炭素は、少量であれば人体に影響は見られないが、濃度が高くなると、倦怠感、頭痛、耳鳴り等の症状を訴える者が多くなることから、また、室内の二酸化炭素濃度は全般的な室内空気汚染を評価する1つの指標としても用いられていることから、二酸化炭素の含有率は「百万分の千以下」と定められている。良好な室内空気環境を維持するためには、1人当たり概ね30m3/h以上の換気量を確保することが必要であるが、室内の二酸化炭素濃度が1,000ppm以下であれば、この必要換気量を確保できていると見なすことが可能である。

厚生労働省ホームページ:建築物衛生管理検討会報告書より

換気目安

二酸化炭素濃度換気目安数値
1000ppm推奨値
1500ppm換気が必要
1501ppm以上すぐに換気が必要
数値根拠:建築基準法、ビル管理法産業技術研究所資料による。
学校環境衛生基準、CO2濃度を換気の目安として利用する研究より引用。
スポンサーリンク

CO2測定器が到着

大きさ的に9.6cm四方のCO2測定器なので梱包もコンパクトです。

白いボックスに文字のみのシンプルなパッケージなので、パッと見は医療品のようです。

しっかりとした厚みのボックスですので輸送にも問題ないですよ。

CO2測定器のパッケージ
CO2測定器の同梱物

同梱されているのは、本体・USBケーブル・取扱説明書のみ!

シンプルで使いやすいCO2測定器

販売されているほとんどのCO2測定器はUSBの充電式になっていますが、持ち運ぶものでもないので常時電源に接続するタイプでもいいと思うんですけど・・・。

置き場所固定の方は常に電源をつないでいてもいいようなので困りませんが。

CO2測定器の正面イメージ1
CO2測定器のボタン
操作ボタンは上部に付いている3つのボタンのみです
CO2測定器のUSB接続部分
USBはMicroで側面に接続します

CO2測定器のスペック

スペック

本体サイズ93(直径)×31(厚さ)mm
CO2濃度計測範囲400~5000PPM
温度計測範囲-10℃~50℃
湿度計測範囲20% RH ~ 85% RH
充電ポートDC5V/1A、DC5V/2A
同梱本体、microUSBケーブル1.2m、取扱説明書、保証書
スポンサーリンク

CO2測定器の特徴

このCO2測定器の液晶はミラータイプになっているので、OFFの時は鏡のようになります。

まずは、保護フィルムが付いているので剥がしましょう。

CO2測定器の液晶保護シール

ミラーになっていますが、ONにすると非常に見やすい液晶ですのでご心配なく!

スイッチ操作

CO2測定器のボタンの説明
CO2測定器のボタン操作
CO2測定器のアラーム警告表示無し
アラームマークが消えていればOFF状態

使い方と言っても難しいところはなく、電源をONにすれば計測スタートです。

このCO2測定器は設定した濃度になると警告音を鳴らすように設定できます。
もちろん写真のボタンで、鳴らさないOFFにも設定できます。(写真の赤丸部分のアラームマークが消えてればOFF)

ちなみに筆者はOFFにしています。最初はONにしていましたが結構頻繁に1000ppmを超えるので「ピッ・ピッ・ピッ」と耳障りに感じました。(警告濃度設定を上げれば良いのですが、それだと意味ないですからね!)

OFFにできない商品もあるようなので、鳴らしたくない方は注意しましょう!

温度計と湿度計もいい働きをしてくれます
時計もついてれば言うことなしです。

角度調整や壁掛け設置も可能

置く場所によっては角度も調整できたほうが自由度は広がります。

このCO2測定器は2段階で角度を変えられるので便利ですね。

CO2測定器の俯瞰イメージ1
CO2測定器の角度調整2
デスクなどに丁度の角度
CO2測定器の角度調整1
少し低めの箇所に置く場合
CO2測定器の壁掛け
壁掛けにも対応
CO2測定器の壁掛け穴

このように壁掛け用の穴があいているので、時計のように壁にかけることができます。これも結構便利です。
この場合はコードが邪魔なので電池だったら良いのにと思いました。

CO2測定器の設置イメージ1
リビングにも
CO2測定器の設置イメージ3
デスクにも

電源供給はMicro-USB

電源はUSBでの充電式です。

5V1A、5V2A両方に対応してるので急速充電もOKですね。

連続使用時間は2000mAhのリチウムイオンバッテリー内臓で6時間程度

ですので、デスクなどでは使用する場合は繋ぎっぱなしが良いかと思います。

CO2測定器のUSB接続部分

CO2測定器でテレワークは快適空間になった!?

価格がそれほどでもないので、どの程度の精度のセンサーなのかと思いますよね?

このCO2測定器は、赤外線を使ったNDIR(Non Dispersive Infrared)方式のCO2センサーで結構正確な値を示すようです!

試しに、側面の導入口から息を吹き入れてみたのですが・・・。

あっという間に、3286ppmの数値を表示します。

CO2測定器に息を吹きかけてみた図

窓などを開放して新鮮な空気を取り入れると、400台〜500ppm程度まで下がります。

CO2が可視化されるので、少し大袈裟になっている部分はあると思いますが、確かに1500ppm付近まで上がると空気がよどんでいる感じがします。

何度も試しましたが、感じではなくて、確実に澱んでる感じがします!
そして500ppm程度まで下がった部屋に入ると「爽やかだな」と感じます。

集中できる時間が変わったように思うのは気のせいでしょうか・・・?

実際の結果より、可視化されることによって「換気しなくちゃ」という意識にさせる効果を買ったと思えば非常に有効な商品だと思います。

私は正解だった気がします。

結論として、私感ですが間違いなくテレワークは快適空間となりました。

タイトルとURLをコピーしました