OMEGA(オメガ)スピードマスターならプロフェッショナルを選ぶ!

オメガスピードマスタープロフェッショナル趣味・生活

私がこのOMEGA(オメガ)スピードマスター プロフェッショナルを手に入れたのは、かれこれ30年くらい前になるでしょうか。それから今までずっと使い続けています。

30年使っているものって他に何かあるかな?と考えると思いつかないですね。

洋服、家電、自動車・・・・、やはり無いです。壊れたり、破けたり、または飽きてしまったりでそんなに長く使えないですよ!

だからそれも考えて長く使えて飽きないベーシックな時計にしようとこのOMEGA(オメガ)スピードマスタープロフェッショナルにしようと決めたのです。

なんせ針が沢山ついていてカッコいいでしょ?

大きくて、ゴッツいし、厚いし、重いし、その上、今時の手巻き式です。

ってなんかネガティブな意見に聞こえますが、そういうものってありませんか?
客観的に考えるとデメリットなんだけど、そこが可愛かったりして・・・・。

結局は自己満足のこだわりなんですよね。

小さくて、スマートで、軽くて、自動巻とか電池式とか普通に考えるとそちらの方が時代には合ってるのかもしれません。でも全てそういうことを「時代」だからで片付けたくないんですよね〜、なんか自分を見失ってしまいそうで不安を感じます。

だから私は、OMEGA(オメガ)スピードマスタープロフェッショナルが大好きです。

季節が来るとこんなふうにベルトを変えてイメージチェンジ

OMEGAオメガ/スピードマスターを革ベルトにしてみた!
毎年この時期から秋口まで革ベルトにイメージチェンジしています。露出が多くなる季節ですので、腕元にキラッっと派手な革ベルトをチョイスするようにしています。OMEGAオメガ/スピードマスター自体がクラシックなフォルムなので、こういう派手な革ベルトがよく似合いますよ。

 

個性を大切にすることで見えてくる、そんな自分らしさを忘れたくない、はい、ここが「こだわり」だと思うんです。

箱入りオメガ
脱線してしまいましたので本題に戻ります。OMEGA(オメガ)スピードマスタープロフェッショナルのデメリットとか言ってきましたが全て理由があってのことなので、
この記事を読み終えた時には、少し理解いただけると嬉しく思います

スポンサーリンク

オメガ スピードマスターは初めて月面着陸に選ばれた時計です

 

何故、昨今クリスタルガラスやサファイヤガラスが採用される中、オメガスピードマスタープロフェッショナルはプラスティックを使用しているのか?
耐衝撃テストで、ガラスでは柔軟性がなく割れてしまい使いものにならないのだそうです。
何せ、40Gの耐衝撃テストですのでハンパではありません。
何故、自動巻ではダメだったのでしょうか?
月では宇宙服の外側にそのまま着用するスタイルだったので、無重力空間で正確に時を刻まなかればいけなかったのです。自動巻ではムーブメントのローターと言われる部品が動かなくなるため手巻きが選ばれたのだそうです。
何故防水ではないのですか?
これは言うまでもなく、宇宙空間には水は存在しないため防水機構をつける必要が無かったのですね
オメガスピードマスタープロフェッショナルはかなり大きな作りですが・・・?
視認性を確保するための必要最低限の大きさだったと言われているそうです。
ですので、パッと見変わらないように見えるオメガスピードマスターオートマチック(自動巻タイプ)は一回り小さい作りで厚みも薄くなっています。レンズ面もプラスティックではなくサファイアガラスが採用されています。
急激な温度変化、無重力、真空、40Gの耐衝撃性などの条件をクリアできたのは、オメガスピードマスタープロフェッショナルだけだったのです!
THE FIRST WATCH WORLD ON THE MOON.
スピードマスター裏ブタ
スポンサーリンク

このスタイルになったのは、全てに理由があったのです

確かに地上で使用するにはオーバースペックかもしれません。でも本物志向の強い人には心くすぐるものが詰まっているのです。その分、お値段もそれなりですし、私も清水の舞台から飛び降りる思いでの購入でした。
でもその甲斐あってか、冒頭でも言いましたが約30年は使用しています。2回ほどのオーバーホールはしましたが、その度新品のように磨かれ帰ってきます。
そんな長期間アフターサポートしてくれるものってあるかな〜?対応年数って長くても6年くらいですかね〜?なのでコイツはこれからも大切に使っていこうと思います。

こそれぞれ方向性は違いますが、デザインが気に入ってるコレクションです。その日の気分で変えられるのは良いですよ!

カルティエ パシャC、やはりデザインが秀悦! 
パシャシリーズは生活防水のものも多くありますが、この「カルティエ  パシャC」W31074M7は100m防水仕様になっていますので、洗っても問題ないので扱いやすいです。リューズを衝撃や水の侵入からガードするためにねじ込み式のプロテクターがデザイン的にもアクセントですね!
CASIO G-SHOCK DW-6400 ガンダムモデルはレア!
このCASIO(カシオ) G-SHOCK DW-6400というモデルを知っていますか?G-SHOCKフリークには高値で取引されている、通称ガンダムモデルの初期バージョンになります。G-SHOCKで初めて大胆にステンレス使用したことでも有名になったモデルになります。

こちらのブレスは現行ではなくなってしまったようですね。ムーブメントの型番も変わってしまっていますが間違いなく逸品と呼べる時計です。

 

趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル