DURALEX(デュラレックス)定番の魅力

DURALEX1趣味・生活

DURALEX(デュラレックス)TYPE:ピカルディ、定番中の定番で多くの方に愛用されています。
DURALEX(デュラレックス)って、なんかオシャレ的なこと以外にも優れていることが結構あるのです。
ピカルディ以外にもたくさんの種類を見かけるようになりましたが。類似品にはご注意を!

DURALEX4

スポンサーリンク

2012年にはグッドデザイン大賞を受賞!

グッドデザイン大賞を受賞ってすごいですね〜!
デザインされてるけど、長年使ってても飽きがこないのもその理由かもしれません。
MADE IN FRANCEというのもちょっとくすぐります。(なんてミーハーなんだろう・・・)

たまたま見かけた雑貨屋さんで、クリアーじゃない色付きのしかも一番小さな250ccを見つけ購入しました。
DURALEX(デュラレックス)って安いのも魅力ですよね。
お手頃価格なので、「ダメになったらまた買えばいいか〜」と思っていると、DURALEX(デュラレックス)って割れないんですよね。
結構高いところから、フローリングの床に落としても割れないです。

こだわり君
こだわり君

これ本当に、ガラス?!

なんか割れるまでテストしてみたい気分になってきます(笑)

この耐衝撃性を作り出しているのは製造工程で、ガラスを700℃に熱してから、一気に20℃まで冷却することにより表面に固い保護膜を形成するらしいです。1946年からのDURALEX(デュラレックス)ブランドは伊達ではなかったですね。

DURALEX3

そしてこのカッティングが滑りにくくてGOODなのです!
バカラのクリスタルとかだと、ツルツルしてて滑って落としそうです。しかもクリスタルガラスで非常に繊細にできていますので落としたらサヨウナラです。
持っているかのような言い方でした。すみません私は持っていません・・・、そもそも身分不相応だし、高価で買えましぇん(泣)

スポンサーリンク

コストパフォーマンス高っ!

DURALEX(デュラレックス)のコストパフォーマンスコストパフォーマンスは非常に高いと思います。

・まずデザインが秀悦ですな
・普通のガラスに比べ耐衝撃性が約2倍
・全面強化ガラス
・耐熱生に優れている
だから、頻繁にグラスを落としたりするので、オシャレな飲食店でも採用されるようになり、今のポジションを築いたのですね。
こだわり君
こだわり君

納得です!

料理をしたりはしないのですが、このての雑貨には興味があり、使いもしないのに購入したりします。
DURALEX底面
でもいくら強化ガラスと言っても割れる時は割れます。

私の家でも一度割れた時がありました。

強化ガラスで思い出すのは、車のガラスですね。走るものですから簡単に割れては困るので強化ガラスを採用しています。割れた時も普通のガラスのように鋭い破片になると危険なので、ボロボロとブロック状に割れるようにできています。
私の家で割れた時も確かにボロボロとはしていましたが、その一つ一つが小さく車のそれとは違うイメージでした。結構あと片付けも苦労した経験があります。
なので、一応割れづらいガラスというだけなので気をつけて扱うのが基本ですね。
趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル