今度はロリポップでMySQLを5.1から5.6にバージョンアップ

ロリポップMySQLバージョンアップ TOP 趣味・生活

前回はお世話になっているロリポップさんでPHPのバージョンアップを行い、その後も絶好調に動いております。

順を追って試みようと思っていたのですが、古るかったのはPHPだけじゃなくてデータベース(MySQL)のバージョンも5.1のままでした。

ですので、今回はさらにこだわり、データベース(MySQL)のバージョンを5.1から5.6へバージョンアップを行った手順をご紹介しようと思います。

もともとロリポップさんではデータベースのサポートが対象外なのはわかっていたのですが、色々ググった上で、それとなく聞いてみることにしました!(すみません)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

テクニカルサポートさんから参考になる情報をもらえました!

さすがロリポップさん、

大変申し訳ございません、データベースについてのサポートは対象外となっております。
「外部サイトですが、こちらが参考になるかもしれません」
PHPの時と同じように、あくまで参考で100%ではないでので、最後はお客様の自己責任という形でお願いいたします。

としっかり言われてますので、触る方は自己責になりますのでその辺はご了承くださいね。

順序としては

1.現在のデータベースをエクスポート(バックアップですね)
2.新規データベースを制作する
3.先ほどエクスポートしたデータベースをインポートする

なんだ3ステップだけと思われるかもしれませんが、プログラムがわかる方ならおそらく簡単なことなのだと思いますが、
わからない自分としては、失敗したら今まで一生懸命に書いてきたブログが水の泡ですのでそれはドキドキなのです!

こだわり君
こだわり君

失敗したら怖っ〜!

ロリポップさんに教えてもらった情報、自分なりにググったページを熟読していざ挑戦!
初心者の方でもわかりやすく順を追って説明していきます。

まずは、ロリポップさんで自分の「接頭辞」なるものを確認

この作業は、のちにエクスポートする際にどのデータをエクスポートするか選択するときに必要となるのでチェックしておきます。

 

ロリポップMySQLバージョンアップ 5

まず、ロリポップの管理画面へログインします。

1.「サーバーの管理・設定」→「ロリポップFTP」へ

ロリポップMySQLバージョンアップ 4

2.こんな画面になると思います。

今、自分のサーバーが見えている状態ですね!
ファイル名に「wp1」というフォルダがあると思いますが、こちらにワードプレス関係のファイルが格納されています。
この「wp1」をクリックすると、中身が展開されて表示されます。

展開されたファイルの中から「wp-config.php」を探してクリックする!

ロリポップMySQLバージョンアップ 3

3.展開された画面はこんな感じ!

この画面の下にファイルの内容が書かれていますのでスクロール

ロリポップMySQLバージョンアップ 3

4.ファイル内容の下の方に「データベーステーブルの接頭辞」があります

ここでいうと「wp2_」になります。ここに書かれた番号を覚えておいてください。
後ほどインポート操作の時の確認に必要になります。
覚えたらページは閉じてしまって大丈夫です。

ロリポップMySQLバージョンアップ 2

5.それではインポートしていきます

今度はロリポップの管理画面から
「サーバーの管理・設定」→「データベース」へと進むと下記画面となります。すでにスタンダードプラン以上でデータベースを複数作成している方は、一覧で並んでるはずです。
私の場合はライトプランからスタンダードプランにプラン変更しているので、まだデータベースは1つだったので下記のようになっています。

複数ある方はどのデータベースからインポートをするのか確認し、該当のデータベースの「操作する」ボタンをクリックします。

ロリポップMySQLバージョンアップ 18

6.データベースのログインするための1つ前の画面になります

この画面に変わっているはずです。
サーバーや、データベース名、バージョン(5.1になっていますね)、ユーザー名、管理ページなどが書かれています。

まずは「パスワード確認」ボタンをクリックしてください。
するとパスワードが書かれたポップアップ画面が表示され、そこにパスワードが書かれています。(下図参照)

ロリポップMySQLバージョンアップ 17

ロリポップMySQLバージョンアップ 16

上記のような画面ですね。
このパスワードは次のステップで必要なので控えておいてください。
そしたら「OKをクリック。

控えましたら「php My adminを開く」をクリックしてください。

7.php My adminのログイン画面になります

左がログイン画面で、ここに必要事項を入力すると初めてデータをインポートするための「php My admin」へログインできます。

ログイン情報には

・ユーザー名
・パスワード(先ほど控えていただいたパスワードを入力します)
・サーバーの選択(プルダウンすると「サーバー」の欄に書かれているのと同じものが出てきますのでそれを選びます)

ロリポップMySQLバージョンアップ 15

8.php My adminにログインした後の表示画面

こんな画面が展開されるはずです。
赤囲みに目的の階層が表示されていますので、クリックで展開します。

ロリポップMySQLバージョンアップ 14

画像の「エクスポート」をクリックし
エクスポート方法は「詳細」をクリック、するとワードプレスの関連ファイルが小窓に表示されます。
一番最初にロリポップFTPで、「wp-config.php」を開いて接頭辞とやらを確認しましたよね。
私の場合は「wp2_」でしたので、この小窓はスクロールできるので。その中にある頭に「wp2_」とつくファイルを全部選択します。

もう少しですね〜!

ロリポップMySQLバージョンアップ 13

こんな感じに選択!

ここはそのままで大丈夫!

ロリポップMySQLバージョンアップ 10

ここもそのまま!

ロリポップMySQLバージョンアップ 9

ここは赤囲み部分にチェックが入っていないので、忘れずにチェックするそうです

ロリポップMySQLバージョンアップ 8

ここも何もいじらずに最下部の「実行」ボタンをクリックしてください

ロリポップMySQLバージョンアップ 7

これでエラーが出なければエクスポートの完了です!

エクスポートされたファイルは拡張子が.sqlで自分のPC(私の場合はMacでの作業)にダウンロードされます。
私もこの作業する前に一体どこにエクスポートされるんだろう?サーバーのどこかって言われるとわからないな〜と思っていたのですが。

ここはロリポップのカスタマーサポートさんに教わりました。ありがとうございます。

ロリポップMySQLバージョンアップ 6

Macの場合はこんな感じに〇〇〇〇.sqlというファイルが1つダウンロードされていました。
時間にしたら数秒なので、正直、

こだわり君
こだわり君

これだけ?他のファイル無し?

と不安になりまたが、インポートしてわかりましたが、ファイルはこれだけのようです。

データベースをエクスポートしても、コピーしてるだけなので既存のブログはしっかり表示されていますのでご安心ください。

次にインポートして、最初にロリポップFTPで触った「wo-config.php」の内容を4箇所ほど書き換えアップロードした時点で、何かエラーがあれば表示されなくなります。

ですので難関はこれからだったのですね!

とりあえずエクスポートはこれで終了になります。うまくエクポートできましたか?

長くなるので、インポートにつきましてはまた次回にご紹介しますね。

インポート編もアップしました!

ロリポップでMySQLを5.1から5.6バージョンアップ インポート編
前回のエクスポート編から時間が空いてしまいましたが、今回は前回エクスポートした.qslファイルを新規で作ったデータベースMySQL5.6にインポートする手順をご紹介します。エラーが出てインポートできなかった時に対処した方法も含め紹介してます。

 

PHPのバージョンアップについてはこちらを

ロリポップでPHPのバージョンを7.3モジュール版に変更してみた!
何年も前に自分のサイトをアップしたくてロリポップでサーバーを借りました。当時は何も考えずにライトプランというので契約しており、データベースは1個までとかなり限られた条件でしたが、ブログを始めるにあたりプラン変更もあり、PHPのバージョンを7.3モジュール版に変更してみた!

ロリポップさんは「データベースはサポートは対象外」なんですけど、困った時に相談するとヒントをくれるので何度助かったことか・・・、感謝です
ロリポップ!なら初心者でも安心!
大人気のWordpress簡単インストールやショッピングカートなど
誰でもカンタンに使える機能が満載!

スポンサーリンク
趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル