FLEXISPOT 7500円OFFの特別クーポン >

公開前の記事の共有はPublic Post Previewで解決

public post previewのトップイメージブログ・デザイン
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

仕事やブログでワードプレスを使っている方は多いと思います。

私もその一人なわけですが、ワードプレスは公開しないとクライアントや友人などに記事を共有するためのURLは生成されないので、公開前にチェックしてもらうことはできないですよね。

もちろんステージング環境で認証かけて見せる方法はありますが、もっと簡単に共有できる方法がないのか調べてたらありました!

ワードプレス最強ですね。

プラグインで「Public Post Preview」をインストールすれば簡単に記事の共有ができちゃいます。

今後ワードプレスを使っていくなかで覚えておいて損はないので、ご紹介しておきます。

非常に簡単ですので、プラグインを増やしたくない方は、その案件が終わったら削除でもいいと思います。

スポンサーリンク

Public Post Previewのインストール

プラグインのインストールなので説明は必要ないと思いますが一応!

ワードプレスダッシュボードの左メニューの「プラグイン」→「新規追加」→キーワードに「Public Post Preview」→「今すぐインストール」→「有効化」

public post previewのインストール

Public Post Previewの設定は特に無し

大抵はプラグインを新規インストールすると設定がありますが、この「Public Post Preview」には特別設定はありません。

public post previewの設定1

公開前の編集画面に「外部確認を許可する」という項目が追加されています。

これにチェックを入れます

public post previewの設定2

すると、そのチェックボックスの下にURLが現れました!

このURLをコピペして共有したい方へ送れば、公開前の記事をプレビューできます。

チェックを外せば非公開となります!

スポンサーリンク

「Public Post Preview」の注意点

注意点というか、覚えておいていただきたいのですがこのPublic Post Preview」が出力するURLは有効期限が48時間に設定されています

長期のお休み明けに共有したなどの場合はその辺を気をつけてください。

PHPを追記すれば期限の変更は可能なようですよ!(この場合は5日間に延ばされています)

add_filter( 'ppp_nonce_life', 'my_nonce_life' );
function my_nonce_life() {
    return 60 * 60 * 24 * 5; // 5 days
}

PHPの追記に抵抗のある方は、再度下書き保存してURLを出力したものを送ることで、そこから48時間になります。

それとPublic Post Preview」のURLが出力されるのは公開前で下書き状態であることが前提です。

公開後の編集画面に行ってみましたが、「外部確認を許可する」の表示はありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

これからもワードプレス を触っていくならこの状況って必ずあります。

簡単過ぎるので、必要な時が来たらインストールしても良いですし覚えておいて損はないでしょ

かなり便利なワードプレスのプラグインPublic Post Preview」のご紹介でした。