カウチンセーターのブランドならKANATA(カナタ)がオススメ

kanataカウチンセーターのtopイメージファッション
スポンサーリンク

そろそろ寒くなってきました。

今日は東京でも1桁台の気温で、朝の寒さに少し驚きます。

まだ早いかもしれませんが、今日は冬本番に向けて出番を控えた私のカウチンセーター、KANATA(カナタ)をご紹介しようと思います。

見るからに暖かそうでしょ!

冬と言えば、てっとり早くダウンジャケットになる人が多いと思いますが、季節中アウターが同じっていうのもどうなんでしょう。

たまにはイメチェンして気分も変えましょう〜!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カウチンセーターのブランド KANATA(カナタ)について

カウチンセーターの名前の由来をご存知ですか?

「カウチン」とはカナダの先住民族(バンクーバー島のコーストサリッシュの人々)、ネイティブ・カナディアンのカウチン族が作り好んで着ていたところからこの名前で呼ばれるようになりました。

脱脂していない羊毛糸とアメリカスギの皮の繊維を混ぜ込んだ糸で作られ、手編みが基本です。

脱脂していないその油分のおかげで防水性にすぐれ、生成り色の太い毛糸を使用し密度を詰めて編み込んでいるので防寒にも優れています。

ちなみに通常のウール製品は脱脂をしていますのでほぼ無臭ですが、本物のカウチンセーターは油の匂いがしますよ!

動物模様や幾何模様が多いのは、「雪の結晶」、「イーグル」、「杉」、「トナカイ」などカウチン族の身近に存在していた自然をモチーフにしたからなのです。

ちょっとノルディック柄とも似てますけど、違うのです!
kanataカウチンセーターの正面

今も変わらぬハンドメイドのブランド、「KANATA」カナタ

カウチンセーターを販売しているブランドも数多くありますが、この「KANATA」カナタというブランドは有名すぎるので皆さんご存知ではないでしょうか?

「KANATA」はカナダのバンクーバーを本拠地とするブランドです。

品質やデザインは折紙付ですし、やはり何と言ってもハンドメイドなので大量生産できないこともあり、ショップでは入荷するとすぐ売り切れになります。

kanataカウチンセーターの背面

糸を紡ぐのももちろん手作業ですので、糸の太さは均一じゃなくところどころに凸凹が見られますが、それもハンドメイドの良いところです。

kanataカウチンセーターの胸

私のカウチンセーターのディティール

いろいろ言っておきながら私のカウチンセーターの柄は上記に該当していません。

どちらかと言いますと、現代風にアレンジされたベースボール柄です。

もちろんブランドは「KANATA」ですが、なかなかお目にかかれないと思いますよ!

自慢かっ!

こだわり君
こだわり君

いえいえ、トラディショナルなことを言えば私もイーグル柄とか好きですよ

こだわり君
こだわり君

このカウチンセーターは本当に印象的で、一晩寝てみて翌朝も気持ちが変わっていなかったら買おうと思った商品なのですよ!

私のはディスプレイにされていたものを、無理言って譲っていただいた商品になります。

kanataカウチンセーターの腕1

kanataカウチンセーターの腕2

右腕には「77番」、左腕はベースボールの編み込み。

77番って誰なんだろう?星野監督のわけがないし・・・(笑)

kanataカウチンセーターのジップ

ジップは「YKK」ですね。年代によっては「TALON」とかがあるようですが・・・。

このくらい寄りで見ると毛糸1本の太さが太いですね。

kanataカウチンセーターの袖

袖リブもしっかりしていますね〜、とても10年以上着ているものには見えませんね。

糸が太いので、できる毛玉も大きいので、目立つところは手で取れるので楽チンですよ!(本来、手でむしるなんてダメですので念のため)

kanataカウチンセーターのポケット

あまり使いませんが両サイドには小さいながらもポケットがついています。

kanataカウチンセーターの中面

すごく複雑な感じの中面。

編み物なぞやったことのない自分にしては、「凄い」の一言です。

kanataカウチンセーターの襟

スポンサーリンク

ブランド及びサイズ選びは慎重にしたい

カウチンセーターはいろんなブランドが出していますが、カナダ製でもなく、ハンドメイドでもなく、脱脂した毛糸を使っているようなブランドのは、カウチン風セーターと考えていいと思いますよ。

やはりしっかりしたブランドのカウチンセーターなら、長年着ててもほぼ型崩れもしないですし、ずっとふっくらした感じで着ることができます。

ただやはりこれだけ太い糸を使って、目が詰まっているので重たいです。

私ので体重計測定ですが、1.4kgありますね(重っ!)

でもVANSONのライダース2.2kgと比べれば軽いもんです!

KANATA(カナタ)カウチンセーターのサイズ感

kanataカウチンセーターのタグ

サイズ選択ですが、やはり海外ブランド製ということもあり、サイズは大きめです。

というか、日本のようにS、M、Lとかではないのでジャストを選べると思います。

この写真のカウチンセーターですが、確か38サイズだったかな〜?もしくは40サイズだったと思います。

ちなみに私は身長169cm  68kgですので参考になさってください。
「KANATA」のサイズ
身幅着丈袖丈
3444cm59cm71cm
3646cm61cm73cm
3848cm63cm79cm
4051cm66cm85cm

表記サイズはあくまで目安で、ハンドメイドにつき多少の誤差があると考えてください。

ブランドによって着た時のシルエットが違いますが、「KANATA」カナタのものは私の体型ですとアームホールや身頃なども、感覚としてはレギュラーな感じがします。

特別、身頃がタイトだとか、丈が短いとかは感じないですね。

ただ選び方としては新品時はジャストサイズでいいと思います。

着てるうちに必要なところは伸びて、身体にフィットしてきますので。

同じカナダのハンドメイドの「granted」グランテッドというブランドのものは「KANATA」カナタと比べるとタイトな感じだったりします。

「KANATA」カナタ、「granted」グランテッドや「カナディアンセーター」にしてもやはりカウチンセーターはしっかりとした名の知れたブランドのものを購入することをオススメします。

実際に冬に着てみての印象

「KANATA」ブランドに限らず、カウチンセーターって糸は太く目は詰まっているのですが、やはりハンドメイドと繊維のことを考えると防風には限界があります。

ナイロン製のダウンや、マウンテンジャケットのように風をシャットアウトするのは難しく、歩いている分には大変暖かいのですが、自転車や、強い風だと編み目から侵入してくるのでスースーします。

そんなことも考えて、私は中に一枚風よけになるものを着る考えでしたので、若干大きめを選んだ覚えがあります。

なので寒くなると、下の写真のようにレイヤーで薄めのダウンの下にセントジェームスとかを着る想定です。

kanataカウチンセーターのコーデ

カジュアルなら、なんでもいけるオールマイティーな着こなしができるのも、カウチンセーターの魅力でもあります。

なんといっても定番なので、流行り廃りがありませんので、こだわりさんにはピッタリの選択ですよ!

kanataカウチンセーターの胸2

色柄豊富にありますので、お好きなタイプを選んでみたらいかがでしょう。

ただし、「KANATA」ブランドのカウチンセーターは、色柄、サイズ選べるほど日本に入ってきてないかもしれませんが・・・・。

私のはジップタイプですが、ボタンタイプもなかなかいい感じです

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こだわりスタイル