VANSON TJPライダース Supremeとのコラボで復活の兆し!

vanson_tjp_topファッション

この間はVANSON シングルライダースを15年間着ているという記事を書きました。

もう一つVANSON ライダースのTJPというタイプのご紹介をするといってだいぶ時間が経ってしまいましたが、そろそろ季節的にもOKかと思い、

今回はVANSON TJPライダースをご紹介します。

派手ですがカッコいいですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VANSON ライダース Supremeとのコラボで復活!

Supreme(シュプリーム)は1994年、ニューヨークで設立されたブランドで、

スケーターのショップとしてスタートしています。

デザイナーやミュージシャン、アーティストなどからも強い支持を得ており、メーカーとのコラボレーションアイテムが多く、このVANSONもその一つになります。

vanson_tjp_12

私のVANSON TJPライダースはコラボではないのですが、Supreme(シュプリーム)が上の写真のようなタイプとコラボしたことで、復活の兆しですね。

VANSONは1980年代の後半の「渋カジ」といわれていたファッションブームとして大ブレークした本格モーターサイクル用レザーブランドなのです。

それから影をひそめていましたが、このSupreme(シュプリーム)とのコラボで、リバイバルしつつあります。

スポンサーリンク

VANSON TJPライダースの細部をチェック!

vanson_tjp_4

すでに私のVANSON TJPライダースは15年以上経過していますが、以前として壊れる、破れるがないのは凄いことだと思います。

このVANSON TJPライダースは、以前紹介したシングルライダースとは違って、身頃、アームホールなどにかなり余裕があり街着にもバッチリです。

新品のころは、シングルライダースと同じように、

こだわり君
こだわり君

硬いレザーだな〜

と思っていましたが、数ヶ月で身体に馴染み柔らかくなりました。

このぐらいで柔らかくなるならと、数年後に購入したのがシングルライダースです。

こちらは、そう簡単にはいきませんんでした。

詳細はこちらの記事からどうぞ!

VANSON バンソン シングルライダース 15年間使用後はどんな状態?
VANSON バンソンのライダースジャケットはいつになったら身体に馴染み、柔らかくいい感じになってくれるのでしょうか?購入から15年間経過した今の状況をお話します。サイズについても細かくお話ししているので何か参考になればと思います。一生モノのVANSON バンソンです。

 

VANSON TJPライダースは、シングルライダースのようにタイトではないので、下に着込んでもへっちゃらなので、重宝します。

サイズはシングルライダースと同じで36になります。(ベストな大きさです)

168cmで中肉な私で丁度いいので、ご参考まで!

vanson_tjp_1

内側にはポケットが2つ

vanson_tjp_6

両サイドにポケットがついてるので、非常に便利です。出し入れするところはレザーですので、これだけの年月が経過しても全然ダメージ無しですね。

vanson_tjp_11

私が新品で購入した時は付属されていませんでしたが、上の写真でもわかるように、おそらくボタンで内張りが防寒用で付けらるのでしょう、随所に上のボタンが付いています。

でもこのレザー、バイク乗り用で非常に分厚いレザーなのでかなり暖かく、内張りが欲しいと思ったこたはないですね。

アメリカのチューニングメーカーのワッペンで派手派手です!

vanson_tjp_5

このワッペン付きのタイプはTJPといいますが、右上の「VANSON」と左腕の「VANSON」のワッペンのみのTJVというのもラインナップされています。

WISECO チューニング用のピストンの製造メーカーです(エンジンの一部)
BELRAY こちらはレース用のモーターオイルメーカーです。
KLOTZ   こちらもレース用のモーターオイルメーカーです。
EBC   こちらはチューニング用ブレーキ関係のメーカーになります。

購入時、こちらのTJPでは派手過ぎて飽きるかな〜なんて思っていましたが、今も全く飽きずに着ています。

アメリカの国旗のワッペンは外して、別物をつけるのがこのTJPを着る方のなかでの「お約束」のようですが私はあえてオリジナルということでそのままにしています。

ワッペン無しのTJVだと、シンプル過ぎて、逆に飽きていたかもしれません。(完全に自分の場合です)

カッティングも肩がラングランなので非常に楽ですしおすすめのレザーです。

vanson_tjp_7

年月が物語る、袖のリブ

vanson_tjp_3

袖のリブですが、こちらこれだけ袖を通しても伸びてしまう気配はありません。

MA-1のリブをもう少し厚くした感じです。

この部分ってウールなんですかね〜?

こだわり君
こだわり君

虫食いが〜!

なんで袖のリブだけ、虫食い!?結構、食われてしまいました。

たださすがVANSON、しっかり純正のリペアができますので安心です。

もう少しひどくなったらリペアですね!

1年に1度くらいはオイルを入れましょう〜!

このTJP凄く柔らかくなっているので、ついオイルを入れ忘れてしまうのですが、この写真は完全にオイル切れですので、お手入れしないとです。

vanson_tjp_10

こんな風に、擦れたところが白く乾燥したようになっているのは完全にオイル切れです。

このまま放置すると、擦れるたびにレザーが薄くなるのと、さらにひどくなるとひび割れしてきますので、そうなる前にオイルを入れてくださいね。

私はいつもM.MOWBRAY(M.モゥブレィ)のミンクオイルを入れています。

スポンサーリンク

レーサーがレザースーツを着ている理由がわかりました

バイクのレーサーは必ずレザーのツナギを着ていますよね。

もしもの転倒時に皮膚を守るのです。レザーのツナギを着ていなかったら、外傷の程度が凄いことになると思います。

時速200kmくらいでアスファルトでヤスリがけされるわけですから!

自分はバイクではなくて、自転車で結構なスピードが出ている時にコケたことがあります。

デニムはアスファルトのヤスリがけで、穴だらけになってしまいました。

腕も同じように擦ったのですが、傷は無し、VANSON TJPには写真のような擦り跡が残っているだけでした。

vanson_tjp_9

結構、おもっいきりコケたので打撲はありましたが、上半身は擦り傷のような外傷はなく、「本格レザーって凄い」と思いしらされました。

実際コケた瞬間、

こだわり君
こだわり君

VANSON、切れたな〜

と思っていたくらいで、身体よりVANSONの心配をしていました。

vanson_tjp_8

背中はシンプルで赤と黒の切り返しだけのシンプルさ!

 

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こだわりスタイル