ナイキ(NIKE)ワッフルトレーナーの復刻を履く!

NIKEワッフルトレーナーTOPNEWファッション
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」です!

@KodawariStyle

スニーカーにも色々なタイプがありますが、私はクラシックタイプのランニングタイプのスニーカーが大好きでして、その代表とも言えるのがワッフルトレーナーです。

ナイキ(NIKE)ワッフルトレーナーと言えば超名作なわけで、このシューズのおかげでナイキ(NIKE)は急成長したとも言われているほどの商品なのです。

今回手に入れたのも、もちろんオリジナルではなく復刻のワッフルトレーナーです。

これで3足目のナイキ(NIKE)ワッフルトレーナーになります。(全部復刻ですが・・・)

というか、オリジナルを手に入れるのはほとんど無理ですし、スニーカーは大好きですが飾って置くタイプではなく、しっかり街で履きますので加水分解していてもらってても困るので復刻でいいのです。

私は、街でオリジナルのワッフルトレーナーを履いているのを見たことがありません、ほとんどは観賞用として飾られているのだと思います。

そんなわけで今日はナイキのワッフルトレーナーの復刻版をご紹介しようと思います。

ワッフルトレーナーin hawaii
スポンサーリンク

ナイキ(NIKE)ワッフルトレーナーとは

1970年代、アメリカではジョギングブームが巻き起こっていました。

ナイキ(NIKE)は設立からこの社名ではなく、当時は「ブルーリボンスポーツ」BRSという名前で、
スタンフォード大学の学生であったフィル・ナイト(Philip Knight)と、オレゴン大学の陸上部でコーチを行っていたビル・バウワーマン(Bill Bowerman)の2人によって設立されました。

1976年にビル・バウワーマンがワッフルを焼く型から発想して開発したという逸話をもつ「ワッフルソール」を搭載した「ワッフルトレーナー」を発表するのです。

写真でもわかるように、ワッフルの形の凹凸が高いグリップ力を生み、ナイロンアッパーによる軽やかな履き心地で、斬新なデザインからワッフルトレーナーの人気はうなぎ上りに。

フィル・ナイトは、ランニング以外に街での使用にもこだわり、デニムに馴染む色味としてブルーのワッフルトレーナーを追加することで更に人気が高まりました。

これを機にBSR社からNIKE(ナイキ)に社名変更、ロゴのスウォッシュとともに更にブランド力を高めたのです。

NIKEワッフルトレーナー3

このワッフルソールが1970年代にデビューしていたというのは凄いですよね!

この凸凹なソールを持つナイキ(NIKE)ワッフルトレーナーは当時も本当に斬新だったのです。

本格的なランニングシューズで超軽量だったのですが、そのスタイルから街履きとしても使用する人が増えて一気にブレークしたのでした。

スポンサーリンク

3足目のナイキ(NIKE)ワッフルトレーナー

NIKEワッフルトレーナー6

やはり復刻のワッフルトレーナーですので、細かなディティールはオリジナルと異なる部分は多いです。

残念なのは、スウォッシュの形がかなり違いますね!

origi

↑こちらオリジナルのワッフルトレーナー、スウォッシュがもっとボテッとしてるでしょ。

確か2回以上は復刻してるので微妙に近づけたりしてるかもしれませんが、どうせ復刻させるならリアルにこだわって欲しいですよね。

ブルーのナイロン部分などは履いてるうちに色褪せて近くなるんですけど、もっと彩度の無いブルーなんです。

オリジナルのワッフルトレーナーと比べるとイエローのカラーもかなり違っています。

NIKEワッフルトレーナー10

こだわりを感じる部分ではあるのですが、オリジナルのワッフルトレーナーのベロ部分は筆記体NIKEではないらしいです。

でもブルーのボディーに白のスポンジベロがすごくいい感じです。

NIKEワッフルトレーナー11

かかとの縦NIKEも字間が少し違うんですけどオリジナルのワッフルトレーナーはもっと字のの間隔が広いのです)・・・、当時の雰囲気が感じられれば良しとしましょう!

なんだかんだ言っても、やっぱり大好きなワッフルトレーナーは3足目になっても全く飽きませんね。

最近は程度の良いワッフルトレーナーも少なくなってきましたので、貴重です。

NIKEワッフルトレーナー9

この特徴的なワッフルソールの再現は凄くいいんですけど、きっと材質も当時のままなんでしょう・・・、

言わしていただくと

こだわり君
こだわり君

マジ、減るのが早いんですよね〜!
すぐワッフルじゃ無くなっちゃうんです。

それを少し我慢して履き続けると穴が開いていましいます。

もともとランニングシューズなので、ソールが薄いんですよね。

ハイテク系のスニーカーもカッコいいと思うんですけど・・・、そうですね〜AIR MAX95くらいまでですかね。

AIR MAX90とかも数足は履きましたが、結局今残ってるのってクラシックタイプなんですよね。

NIKEワッフルトレーナー14

このワッフルレーサーも大好きなタイプですね。

赤のワッフルレーサーはソールをシューグーで補修しています(笑)。

ワッフルソールを使用したシリーズは沢山あって、ワッフルトレーナーもワッフルトレーナー2というのも存在していますし、ワッフルレーサー2というのもあります。

ちょっと光沢のあるメッシュ素材で、私の所持していたのはオレンジボディに緑のスオッシュのワッフルトレーナー2でした。

こちらは、ハワイでのナイキショップにて!いや〜全部買おうかと思いましたよ!

ハワイでのワッフルトレーナー

最近はリバイバルで色々なカラーで復刻してくれるので、好きなカラーが出るととりあえず買っちゃいますね。

特にワッフル系ですけど。

こだわりのクラシック系 PUMAの記事はこちら

クラシックなスニーカーには、ラコステのポロシャツでクラシックにいきたいです!

アメリカンな感じが好きなんですね!

NIKEワッフルトレーナー2

Gジャンも復刻ですが、結構リアルな再現でお気に入り!

とても何十年も前に設計されたスニーカーとは思えない軽さと履きやすさなので、是非履いてみていただきたいです。

このナイキ(NIKE)ワッフルトレーナーは、また復刻したら手に入れときたいスニーカーなのです。

探すと結構、イイ感じのワッフルレーサーや、LDVとかカッコいいのが見つかります!

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こだわりスタイル