Zoffの曇り止めスプレーは除菌もできてこの時期おすすめ!

Zoffの曇り止めトップ趣味・生活
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」のこだわり君です!

@KodawariStyle

2種類のメガネの曇り止めを記事にしてきましたが、現在は今回ご紹介するZoffの「曇り止めスプレー」に落ち着いています。

最初が、曇り止めを染み込ませたクロスタイプ、2番目がジェル状のタイプです。

クロスタイプも非常に良い性能なのですが、染み込ませたものを使い回すので、徐々に効果が薄れてくるので、「なんか効果がイマイチ?」っていう時も当然あります(新たに購入しないで中途半端な状態が数日続く・・・)。

2番目のジェルタイプは結構容量が少ないので、あまり長期間は持ちません。

そんな理由で、たまたまZoffでメガネを購入する時に見つけた「除菌もできる曇り止めスプレー」を、今は愛用しているのでご紹介しようと思います。

こだわり君
こだわり君

除菌もできるって、今時ですよね!

スポンサーリンク

Zoffの曇り止めスプレーは除菌もできて、たっぷり50ml

Zoffの「曇り止めスプレー」は完全に液体のプッシュタイプですので、無駄がなくて経済的です。

Zoffの曇り止めラベル

1回に左右のレンズの裏表に塗り込むのですが、内側に片レンズ1プッシュづつで表面は内側の余りを指で伸ばす感じで使います。

Zoffの曇り止め使い方1
Zoffの曇り止め使い方2

内側で余った分を表面にも指で塗り広げます。

Zoffの曇り止め使い方3

アルコール分が強いので、30秒ほどで乾燥しますので、柔らかい布やティッシュなどで拭き上げて行きます。

Zoffの曇り止めノズル

プッシュ式なので、1プシュ片レンズで十分です。(少し多いくらい)

Zoffの曇り止め1

大きさも、上の写真程度ですのでもちろん携帯するのもOKです。

1度塗れば、その日は持続しますので、50mlですから相当な回数使用することができますね!

Zoffの曇り止め2

価格も800円(税込)で除菌もしてくれますから、クロスタイプや、ジェルタイプよりコストパフォーマンスは高いです。

こちらはジェルタイプについての記事

こちらはクロスタイプについての記事

スポンサーリンク

Zoffの曇り止めスプレーをテストしてみた!

内容量が多くても、使い勝手が良くても結局のところ性能が伴っていないと意味がないので、恒例の湯気チェックをしてみようと思います。

沸騰したお湯を耐熱グラスに入れて、その上に片方のレンズだけZoffの「曇り止めスプレー」を塗り込み、片方はそのままでのテストです。

Zoffの曇り止め比較

結果としては一目瞭然で、塗布前はおもいっきり曇りますが、塗布後の方は全くクリアな視界を確保していますね!

これはZoffの「曇り止めスプレー」に限ったことではないのですが、1度雨で塗れたりすると効果が半減しますので、その時点で再塗布するなり、乾拭きするなどしないといけません。

拭き取りに関しては、正直「クロスタイプ」が一番ラクですね。

ムラなく拭き上げるだけですので!

ジェルタイプも、Zoffの「曇り止めスプレー」も塗るタイプはメガネのフレームのエッジに拭き残しが出やすいので、念入りにエッジを拭き上げるようにしています。

曇らないことに対する性能はどれも大差ないので、あとは使い勝手と価格で選ぶのが正解のように思います。

私はまだこの先もコロナの影響でマスクをする期間が長くなりそうなので、内容量が沢山あって価格に見合ったZoffの「曇り止めスプレー」を選びました!

ちなみに、このZoffの「曇り止めスプレー」ですが、製造元が「株式会社ソフト99コーポレーション」で車関係のメンテナンスグッズを製造する企業ですので、性能は折り紙付きですね!

今回テストに使用しているスポーツタイプのメガネはこちら

趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

東京出身、現役グラフィック・Webデザイナーのモノへのこだわり情報や日々気になった事を発信するの情報ブログを開設。趣味やガジェット、ファッションなど5つのカテゴリーでご紹介。フォロー頂けると嬉しいです。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル