メガネの曇り止めはジェルタイプもおすすめ!

メガネの曇り止めジェルタイプトップイメージ趣味・生活
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」です!

@KodawariStyle

コロナの影響でほとんどの方がマスクをつけるようになり、マスクを着けた時のメガネの曇り防止対策をみなさんが始めたため需要が高くなっているのでしょう、先日4〜5件ドラッグストアーや、メガネ店を探しましたがどこも売り切れでした!

1〜2店にあるにはありましたが、1回分の使い捨てのペーパータイプしかありませんでした。

今の時期ですと必要な時だけ使用するというより毎日のことなので、ペーパータイプではあっと言う間に無くなってしまいます。

できれば、液状やジェル状でペーパータイプよりは長期間使用できるタイプが理想ですよね!

今日は、TRIBAL(トライバル) アンチフォッグ スーパーくもり止めクリーナー エクストラと言うジェルタイプの商品をご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

今まで使っていたクロスタイプのメガネの曇り止め

今まではクロスタイプのメガネの曇り止めを使用していました。

現在はZOFFの曇り止めに落ち着いています!

このクロスタイプはこの記事にも書きましたがかなり優れ物なのでおすすめです。

ただ毎日、2つのメガネに使用していたので、約300回使用可能なところ半分くらいまでになってしまい、去年3月に購入しているのでそろそろ寿命なのでしょう、最近はいまいち効果が半減して通勤の電車の中では曇って見えなくなってしまいました。

約300回使用可能ということは、通勤だけで考えたら約1年は使えるだろうと考えていましたが、2つのメガネに使用していたにもかかわらず約10ヶ月程は使えたわけですから十分な性能だと思います。

なので、こちらのクロスタイプはおすすめ間違いないないです

記事にもありますように湯気で実験した結果をごらんください!

リピートでも良かったのですが、どうせなら違うタイプも試してみたいと今回はジェルタイプのメガネの曇り止めを購入してみました。

スポンサーリンク

ジェルタイプのメガネの曇り止めもおすすめ

今回購入してみたのは、「PROSBEN社製アンチフォッグ スーパーくもり止めクリーナー エクストラ」という商品で、ジェルタイプでして、メガネ店などでもおすすめ商品として販売されているようです。

一度の塗布での耐久時間が長いのが、おすすめの理由です。

メガネの曇り止めジェルタイプ(ANTI-FOG)
メガネの曇り止めジェルタイプ2

スペック

細かな成分表記などはパッケージなどにも記載はありませんでした。

パッケージには「株式会社ミクラス」というところが輸入元になっています。

タイプジェル
使用回数30回〜50回
容量5g
メーカーPROSBEN

メガネの曇り止め、ジェルタイプ使用方法

使用方法は簡単で、まずメガネのレンズに米粒大程度のジェルを垂らします。

メガネの曇り止めジェルタイプ使い方

その後、指先などで軽くレンズに伸ばし、ティッシュペーパー等で優しく拭きあげるだけです。

メガネ拭き(マイクロファイバー)のような素材で拭きあげると、せっかく塗布した液剤まで拭き上げてしまうので、拭きあげは柔らかい布かテッシュペーパーで拭き上げてください。

テスト結果からもおすすめ

このメガネの曇り止めはジェルタイプなので、拭き取りが結構面倒だったりして?なんて思っていたのですが、いや〜、実に簡単にムラなく拭き上がりますよ!

鍋にお湯を沸かしてその上にメガネを置いてみたのが下の写真です。

メガネの曇り止めジェルタイプ

一目瞭然、向かって左側に塗布しています。

塗布していない右側は白く曇ってしまっていますね。

塗布した直後というのもあると思いますが、写真の通り全く曇りません!!!

これで耐久性があるのなら、超おすすめです。

スポンサーリンク

メガネの曇り止め、ジェルタイプの総評

このメガネの曇り止めですが、パッケージにも「LENS GLEANER」の文字があるようにクリーニングも一緒にしてくれるようで、レンズが凄くキレイになり、おすすめですね。

それでいて、拭き取りが本当に楽チンです!もっとムラになったりするかと思いましたが、それどころかクリーニング成分の影響で、レンズが見るからにキレイになりました。

以前につかっていた、クロスタイプも非常に優れものですが、拭きムラのようなものが残ることがあり2度拭きすることがありましたが、こちらはティッシュペーパーだけでキレイになりますね。

まだ届いたばかりで、実際何時間の耐久性があるのかはわかりませんので、こちらについてはまたこの記事をリライトしていこうと思います。

パッケージにも表記がありますが、この1本で30回〜50回使用可能のようですが、使用期間も耐久時間によってはクロスタイプといい勝負なのかもしれません。

こちらについても、後日リライトしていこうと思います。

amazonのレビューには違うパッケージの商品が届いたというレビューもありましたが、私はサイトと同じ商品が届きました。

趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こだわりスタイル