ブロガー必見「デザインの4大原則」 >
アマゾンタイムセールのバナー
趣味・生活

Rivers(リバーズ)タンブラーを使った美味しいコールドブリューの作り方

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのトップイメージ趣味・生活
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

最近はスタバでもCOLD BREW(コールドブリュー)コーヒーという名前を見かけます。

COLD BREW(コールドブリュー)は水で抽出するアイスコーヒーのことなんですけど、

通常のお湯で淹れるコーヒーと比べると苦みやカフェイン成分が抑えられ、非常にキレのあるすっきりとした味わいのまろやかなアイスコーヒーになるのです。

正直全然違うアイスコーヒーになりますので是非お試しください!

そんな一味違ったCOLD BREW(コールドブリュー)のアイスコーヒーをRivers(リバーズ)のタンブラーで簡単に美味しく作れるのでご紹介しようと思います。

時間はかかりますが、夜作って冷蔵庫に入れておけば翌朝にはできてる手軽さなので是非お試しください。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooで見る
スポンサーリンク

COLD BREW(コールドブリュー)のアイスコーヒー

この名前をよく耳にしだしたのではここ数年の話ですが、英文になっただけで商品自体は「水出しコーヒー」としてラインナップは昔からありました。

私は「ハイチ」というドライカレーが有名なお店の食後に飲んだのが初めてなのですが、普通のアイスコーヒーとくらべると、本当にスッキリしていて苦味がまろやかなアイスコーヒーだったことを覚えています。

cold-brewアイスコーヒー

通常アイスコーヒーは、お湯で抽出してから氷で冷やす行程になりますが、COLD BREW(コールドブリュー)のアイスコーヒーは低温の水で8時間〜12時間程度かけてじっくりと抽出します。

結果お湯で抽出したアイスコーヒーと比べると、本来のうまみと香りがより強調されスッキリとしたまろやかな味わいに仕上がるのです。

最近はペットボトルでもCOLD BREW(コールドブリュー)のアイスコーヒーがラインナップされてるくらいメジャーになりました。

スポンサーリンク

Rivers(リバーズ)にもCOLD BREWのタンブラーがあった

ドリンク系のプロダクトに特化して、デザインも筆者好みでシンプルで非常にカッコいいRivers(リバーズ)からもCOLD BREW(コールドブリュー)のタンブラーがありました。

このブランドは筆者のお気に入りで、飲み物系プロダクトはRivers(リバーズ)のラインナップから選ぶことが多いです。

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのパッケージと本体
すでにパッケージからしてカッコいいですRivers(リバーズ)
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのパッケージ表
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのパッケージ裏
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのパッケージの天部

このCOLD BREW(コールドブリュー)タンブラーは正式名「WALLMUG BEARL」(ウォールマグ バール)と言います。

Rivers WALLMUG BEARL

原材料AS樹脂(内カップ・外カップ)、ポリプロピレン(蓋・ストレーナー)
容量400ml
耐熱温度90℃(本体)蓋・シール(150〜200℃)
耐冷温度-40℃
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのボトル文字
この英文の漢字が非常に所持欲をそそるデザインです
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの容器
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの容器2

写真のように2層になっているので、保冷と保温ができるようになっています。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooで見る

COLD BREW(コールドブリュー)タンブラーの構造

構造は単純でストレーナー(メッシュの粉を入れておく場所)が中心に入っていて、これからじっくりコーヒーが抽出されます。

内側だけ半透明になっているので、タンブラーのロゴがハッキリ見えてカッコいいですね。

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの蓋を外した状態

フタの構造

蓋はRivers(リバーズ)シリーズの定番です。

かなりしっかりとした密閉性をもったキャップが開閉し、飲み口が出現する構造です。

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの蓋の開け方1
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの蓋の開け方3
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの蓋の開け方2

私はRivers(リバーズ)のウォールマグ スリーク(WALLMUG SLEEK)という商品も愛用していますが、蓋の形状は同じです。

非常に単純な構造なのですが、満タンで横にしても溢れてくることはありません。

もう1年以上使用していますが、いまだに横にしても漏れてくることはありません。

作り方

ストレーナーはナイロンのメッシュでできています。

もちろん取り外し可能で蓋の裏に回転させてロックする仕様です。

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのストレーナー6
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのストレーナーの付け方

回転させると、カチッとロックされた感覚が指に伝わりしっかりとロックできます。

ナイロンメッシュで、簡単には破けないので神経質になる必要がなく使い勝手が良いですね!

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのストレーナー4
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのストレーナー2
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのストレーナー1
底面もメッシュになっています

豆は中〜細挽きくらいがちょうど良い細かさです

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーのストレーナーにコーヒーを入れたところ2

COLD BREW(コールドブリュー)タンブラーに丁度満タンくらいのアイスコーヒーを作るなら、だいたい20g程度のコーヒー粉を入れれば丁度いい感じでした。

滑り止め付き

底面には滑り止めにゴムが貼ってあり、デスクにもしっかりグリップしてくれます。

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの底面のゴム
スポンサーリンク

Rivers COLD BREW(コールドブリュー)タンブラーの感想

このRivers COLD BREW(コールドブリュー)タンブラーを使えば簡単に美味しい水出しのアイスコーヒーが作れます。

カフェでもCOLD BREW(コールドブリュー)のアイスコーヒーは通常より高いのですが、同じ味が家庭でも簡単に作れて感動です。

しかもRivers COLD BREW(コールドブリュー)タンブラーなら、少し多めの一杯分で冷温が長時間維持できますので非常に便利です。

ポットで作ると、豆もたくさん使いますし、量もたくさんできるので大人数なら便利ですが、1人でしたら毎回淹れたてのほうが美味しいです。

タンブラーですので、もちろんこのまま飲むものですがグラスに注ぐとこんな感じです。

本当に美味しいコーヒーになるのでおすすめです。

Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの出来上がり2
Riversリバーズ コールドブリュー 水出しコーヒーの出来上がり1
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooで見る
amazonチャージのクレジットカード払いポイント還元キャンペーン

プライム会員限定で、amazonギフト券(チャージタイプ)に、クレジットカードでのチャージでもプライム会員なら0.5%ポイント還元されるキャンペーン実施中!

※ポイント付与は翌月中旬頃になります
2022年12月31日まで
タイトルとURLをコピーしました