バッグインバッグ(Bag in Bag)は便利すぎる!

bag_in_bag7趣味・生活

以前に紹介した、グレゴリーのテールメイト(ウエストバッグ)をヘビーローテーションで使っています。

大きさも丁度良く、タスキがけでができて両手が使えるし非常に重宝しています。

ただ、このグレゴリーのテールメイト(ウエストバッグ)は中にチャックが一つだけなので、それなりに細かい物を入れると、中身がグチャグチャになります。

ましてやタスキがけなので、下部にものが偏り目的の物を探すのが面倒だってりすることが頻繁にあります。

なので5年ほど前からバッグインバッグ(Bag in Bag)を使うようになりました。

スポンサーリンク

バッグインバッグ(Bag in Bag)の便利さは使わないとわからない!

bag_in_bag11

同じメーカーの同じ大きさの色違いを今回リピしました。中に入れてましたので厚みが方向が伸びてしまったらしく少し小さく見ますが同じサイズです。

なぜって、

こだわり君
こだわり君

便利すぎて一度使うと、無いと不便すぎ!

amazonさんでのリピ購入ですが、調べたらなんと5年使っていました。

このバッグインバッグ(Bag in Bag)のコストパフォーマンスは超スグレモノですよ!

こだわり君
こだわり君

なんせ、1000円しないんです!

上の写真でもわかり通り、ほぼ毎日使用して5年間でこの状態ですから、すごい耐久性ですよね。

表生地はナイロン製ですので強いんですね。

チャックが壊れたりということもないし、あっても糸のほつれくらいなので使おうと思えばまだ使えます。

スポンサーリンク

このバッグインバッグ(Bag in Bag)の耐久性◎、使い勝手も◎!

bag_in_bag12

bag_in_bag13

近くで見ても擦り切れ具合とか伸び具合とかはこんなものです。5年使用してですよ!

これはA5サイズで、A4サイズというのもあるので、もともと少し大きめの方はA4サイズでもいいと思います。

グレゴリーのテールメイト(ウエストバッグ)で使うならこのA5サイズがベストサイズです
bag_in_bag8

このバッグインバッグ(Bag in Bag)だけでこれだけのものを収容しています。

正面左端のペンケースには写真のペンが2本丁度刺さりますし、

私の持ち物を計ったかのように各所ぴったりに収まります。2つ折り財布(White House Cox製)は右上のポケットにぴったり、馬蹄形の小銭入れはその下にぴったり、

先日ご紹介しました「オゴン」のカード入れは左したポケットに、その上に名刺ケース、
他の小物はZIPの中へ!

こだわり君
こだわり君

いや〜ピッタシ過ぎる!

bag_in_bag10

中も綺麗に収まります!

bag_in_bag1

いうことないくらいバッチリなバッグインバッグ(Bag in Bag)なんですよ、コレ!

上の写真にもありますがこだわりの2mm厚のクッションが入っているので、バッグの中でグニャと折れ曲がってしまうこともありません。(もちろん5年使ってもないですよ)
スポンサーリンク

このバッグインバッグ(Bag in Bag)がないとこんな感じに・・・

bag_in_bag9

これは撮影用に、量が見えるように少し並べちゃいましたが、実際はさらにグチャグチャなので、細かいものや、鍵を探すときなど非常に面倒なのです。

こだわり君
こだわり君

それが!!!!

bag_in_bag6

これですからね。

もちろんタスキがけで使っていても、ポケットの中のものが出てきて散乱しているなんてことも今まで一度もないですよ!

もうこのバッグインバッグ(Bag in Bag)がなしは考えられないですね。

何か一つ難点をあげるとすれば、ポケットにフラップがついてるのですが、頻繁に出し入れするのでこのフラップは必要ないですね!

ただ、そういう人のことも考えてなのか、このフラップはポケットの中に入れこめるサイズになっています。
こだわりを感じますね〜!すごい!

なので私は写真のようにポケットの中に入れ込んで使用してます。

スポンサーリンク

こだわりバッチリなバッグインバッグ(Bag in Bag)の仕様!

bag_in_bag17

綺麗な緑です!ちょっと派手すぎたかな。

でもこれかオレンジにしようと思っていたので大満足です。

bag_in_bag18

裏側は特に何もありません。

bag_in_bag15

ZIPが全開になるので便利です。

bag_in_bag16

「Designed for arrangement」と書かれたタグがあり、ワンポイントになっています。

amazonでのレビューも星4つの2000以上のレビューがありますので、なんかそれだけで安心しますね。

こだわり君
こだわり君

最近は偽レビュー書き込みも多いらしい!

bag_in_bag19

bag_in_bag14

スポンサーリンク

バッグインバッグ(Bag in Bag)は別のバッグを使うときも楽チン

いろいろなケースがあると思うのですが、私の場合、日によってショルダーにするときもあるのですが、
またこの時もバッグインバッグ(Bag in Bag)の便利さを感じるときの1つでもあります。

bag_in_bag7

こだわり君
こだわり君

こうやって取り出すだけで!

ショルダーバッグに入れられちゃいます。

bag_in_bag4

しかも忘れ物なしで!

bag_in_bag2

褒めちぎっていると、まわし者と思われるかもしれませんが、これ本当に便利です。是非試してみてください。なんせ1000円以下は本当に試す価値ありです。

趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル