INOXのコンパクト爪切りをオススメする理由

INOX爪切りトップイメージ趣味・生活

仕事で毎日キーボードを触るのですが、つめ先にも細かな振動が伝わるのか、仕事を続けている時は爪が伸びるのが非常に早いです。

休みが続いたりしてキーボードを打つ頻度が落ちると途端に爪の伸びが遅くなっているなと感じるのは私だけでしょうか?

キーボードって爪で叩くというより指の腹で叩きますよね。
その感覚が一番心地よいのですが、ひとたび爪が伸びてくると、わずかに爪がキーボードに触るようになってきてどうにも気持ち悪い感覚になってきます。

それがイヤで、伸びてきてキーボードを叩きにくいと感じたらすぐに爪を切れるように爪切りを携帯しています。

INOX爪切りケース入り1

これはNEW YORKのメトロポリタン美術館のお土産で購入したものなのですが、デザインも秀悦だし、なんせコンパクトになります。

スポンサーリンク

INOXの爪切り 厚み5mmくらいまで薄くなります。

とても爪切りの機能を果たすのか心配になるくらい薄いですね。フランス製のINOX、おそらくこの折りたたみ方は特許かもしれないですね。

有名なVictorinoxやZWILLING J.A. HENCKELSまでもがこの方式を使っています。
折りたたむのに、金属のしなりを利用するので、簡単に開いてしまうことはありません。

INOX爪切り広げた図

INOX爪切り斜俯瞰

INOX爪切り横から

スポンサーリンク

デザインだけじゃない、INOXの爪切り。

トランスフォーマーのように綺麗に折りたたまれていてデザインが優秀なだけじゃないINOXの爪切り!

INOX爪切り

「Cutiecut」と名付けられているだけあり、切れ味もスパっと爪が切れてくれて非常に気持ちがいいですね。

この切れ味だから、VictorinoxやZWILLING J.A. HENCKELSにも採用されているのがうなずけます。

Victorinoxは十徳ナイフで有名ですが、コンパクトで多機能ながら、切れ味も凄いですよね。ドイツのZWILLING J.A. HENCKELSも刃物を扱うメーカーとして名を馳せています。

ボディーも非常に綺麗に磨き上げられ鏡面が綺麗です

INOX爪切りケース入り2

INOX爪切り刃の部分2カット

INOX爪切りのヤスリ

カットした後のヤスリもこれまた秀悦です。
安価な爪切りはヤスリの差が顕著ですよね。

あれって、切りっぱなしの部分を滑らかに整えるためのものですから、よく削れるように抵抗がないとダメなんですけど。安価なものは型への流し込みで作られちゃうので、まるでエッジがなくて全然削れないのです。

その点INOXの爪切りは、拡大して見たときにしっかり鋭利になっいますので、気持ちよく滑らかに削れてくれます。

INOX爪切り刃の部分2

スポンサーリンク

INOXの爪切りは、所持意欲をそそります

しっかりした厚みの革ケースに収められるこのINOXの爪切りは、主張の強い一つのツールとして所持意欲をそそります。

INOX爪切りケースプラス本体

「爪切りなんてなんでもいいや〜」とお考えの方、是非一度切れる爪切りを使ってみることをオススメします。

別に爪切りが好きなわけでもなくコレクターってわけでもないのですが、綺麗にバフ掛けされた鏡面仕上げで、絶妙な角の落とし方は触っていて気持ちいいです。

持ってないけどこれも欲しい爪切り

これは私が次に手に入れたいと思っている爪切りなんですけど、ベーシックな形のものじゃなくてニッパ型の爪切りです。

しかも完全ハンドメイドの日本製です。
少し前にテレビの特集で取材をしていたのですが、新潟の三条市にある

株式会社 諏訪田製作所 SWAWDA
ここの爪切りが本当に凄そうです。

このニッパ型というのがなんとも使いやすそうですし、全てハンドメイドで20種類ほどラインナップがあり、どれも美しい仕上げですね。

携帯用とはいかないですけど、家用として手に入れた際にはまたレビューさせていただきたいと思います。

趣味・生活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル