AdobeCCを半額で買う方法! >
ガジェット

WiFiルーターを買い替える時のポイントと選び方

WiFiルーターを買い替える時のポイントと選び方ガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

家庭でインターネットを利用する際に欠かせないWiFiルーター。

しかし、古いWiFiルーターを使い続けていると通信速度が遅くなってしまったり、接続が不安定になったりといった問題が発生することがあります。

そのため、時期が来たらWiFiルーターを買い替えることが必要になります。

今回は、そんなWiFiルーターを買い替える時に注意すべきポイントと、選ぶ際に注目したいポイントをご紹介します。

また、家庭の環境や利用目的に合ったルーターを選ぶことが大切であるため、自分にとって最適なWiFiルーターを選ぶ方法についても解説します。

WiFiルーターを買い替えた結果も後半に載せていますのでご期待ください!

驚きますよ!!!

スポンサーリンク

WiFiルーターを買い替える時のポイント

まずは、自宅のインターネット回線のスペックを確認することが大切です。

それは回線スペックに合わないWiFiルーターを使ってしまうと、快適な通信環境を実現できなかったり、安定性の低下や速度低下が生じたりするからです。

最新規格のWiFi6のルーターは下位互換といって、WiFi5にも対応するので問題なく使用できます。

但し、使用するスマホ、タブレットやパソコンがWiFi6に対応していなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいますので気をつけましょう。

少しお高めのWiFi6対応ルーターに買い替えるのがベストですが、将来的なことなどをよく考えて自分に合ったWiFiルーターに買い替えることをおすすめします。

ルーターの寿命や故障

古いルーターは、長時間使用すると故障する可能性が高くなります。

一般的にWiFiルーターの寿命は4~5年と言われています。

WiFiルーターは24時間電源はONのままですから、熱の影響で様々な回路に支障をきたすことがあります。

また、製造されてから一定期間が経過すると、新しい機能や通信規格に対応していないこともあります。

そんな理由から購入から4~5年経過程度でWiFiルーターは、新しいWiFiルーターに買い替えることが推奨されています。

古いルーターWHR-1166DHP

こちら我が家でずいぶん長い間お世話になった、BUFFALO WHR-1166DHP。

さすがに寿命です・・・・?

スピードテストでは悲惨な数字!!

こちらスマホの速度!

WiFiルーターから一番遠い部屋で使用するので、壁、ドアなどの障害物が多いためか、2.5GHzのほうが数字が良いです。

家族皆でスマホを繋ぐとこのありまさまです・・・!

WHR-1166DHPの時のスマホ5GHzのスピード
こちらは5GHz
WHR-1166DHPの時のスマホ2.5GHzのスピード
こちらは2.5GHz

最新規格に対応していない

ハード面以外にも、ソフト面である通信規格は5年ほどすると、性能が良く、より速く安定した通信が行えるものが登場してきます。

新しい規格に対応したルーターは、通信速度が速くなったり、安定性が向上したりするため、古いルーターと比べて明らかな違いが出ます。

最新規格に対応していないWiFiルーターは、新しいルーターに買い替えることが必要です。

現在はWi-Fi 6(IEEE802.11ax)という規格が理論的に最速と言われています。

Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)を使用するためには

・WiFi6対応ルーターに買い替える
※但し、スマホ、タブレット、パソコンがWiFi6に対応している必要があります

Wi-Fi 規格名最大通信速度周波数WiFi名
IEEE 802.11a54Mbps5GHz
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz
IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz
5GHz
Wi-Fi 4
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHzWi-Fi 5
IEEE 802.11ax9.6Gbps2.4GHz
5GHz
Wi-Fi 6

WiFi規格の他にも、ネット回線自体の規格もあります。

あまり詳しくは触れませんが、インターネットに接続しているパソコンやスマホなどには、「IPアドレス」と呼ばれるネット上の住所のようなものが割り振られています。

今までの「IPv4(インターネットプロトコル バージョン4)」は約43億個のIPアドレスを割り振ることができますが、近年のインターネット事情により、この数では足りなくなってきています。

そこで登場してきた、次世代の接続方式の「IPv6」です。

この方式ですと「IPv4」の約79億倍程度のIPアドレスを割り振ることができます。

アクセスの集中する時間帯でもスムースにインターネットが楽しめます。

WSR-2533DHLS IPv6のイメージ
バッファロー公式サイトより出典:https://www.buffalo.jp/

ただこちらも、インターネットサービスプロバイダー(ISP)がIPv6に対応している必要があります。大手のISPではIPv6のデリバリーがありますが、まだIPv4の対応までのISPが多いです。
そんな時は、どちらにも対応できる「IPv4 over IPv6」に対応したWiFiルーターを購入しておくと間違いはありません。

こちらはWiFi5ですが、「IPv4 over IPv6」に対応しているので安心です。

WiFi6対応、もちろんIPoE / IPv4 over IPv6対応で完璧!

WSR-2533DHPLSのイメージ

家のレイアウトや使い方に不向き

WiFiルーターは、設置場所や周囲の環境によって通信速度や安定性に影響されます。

例えば、大きな家や2~3階建ての家や、壁やしきりが多かったり、水回りの近くだったりすると通信範囲が広く、より新しいWiFiルーターが必要になってきます。

また、WiFiを利用する端末の数が多い場合は、高性能なWiFiルーターが必要になることがあります。

自分の家の環境や使い方に合わせたWiFiルーターを選ぶことが大切です。

筆者も例外ではなく、子供の成長に合わせてスマホが増えたり、学習用タブレットの追加など通信規格以外にも接続台数の増加によりWiFiルーターを買い換える時期が来てしまったというのも大きな理由です。

スポンサーリンク

WiFiルーターを選ぶ時に注目するポイント

セキュリティやWiFiルーターの機能など、選ぶ際に注目すべきポイントを解説します。

例えば、最新の規格に対応しているか、セキュリティ機能が優れているか、デュアルバンドやMU-MIMOに対応しているかなどを確認することが重要です。

通信速度や安定性に注目

WiFiルーターは、通信速度や安定性が重要です。

通信速度が速くなれば、動画や音楽の再生がスムーズになります。

また、安定性が高ければ、接続が途切れることがなく快適にインターネットを利用することができます。

自分が必要な通信速度や安定性に合ったルーターを選ぶことが大切です。

WSR-2533DHLのスペック
バッファロー公式サイトより出典:https://www.buffalo.jp/

しばらくはWiFi6にする予定が無い方にはおすすめのWiFiルーターはこちら→

WiFi規格の選び方

WiFiルーターには、規格がいくつかあります。

規格によって通信速度や通信範囲が異なるため、自分が利用する端末や設置場所に合った規格を選ぶことが大切です。

例えば、家が広い場合は、Wi-Fi5(IEEE 802.11ac)やWi-Fi6(IEEE 802.11ax)といった高速な規格が適しています。

また、2.4GHz帯と5GHz帯に対応したデュアルバンドのルーターを選ぶことで、より快適にインターネットを利用することができます。

現在はWi-Fi6(IEEE 802.11ax)が最新ですが、もうすでに「Wi-Fi7」が新たに発表されました。2024年の標準化を目指して開発が進められています。

デュアルバンドやMU-MIMOの特徴

デュアルバンドとは、2.4GHz帯と5GHz帯に対応したWiFiルーターのことを指します。

2.4GHz帯は、広い範囲に通信可能で、電波の干渉に強いというメリットがありますが、通信速度が遅くなる傾向にあります。

一方、5GHz帯は通信速度が速く、高速な通信を行いたい場合に適していますが、電波の干渉に弱く、範囲が狭いというデメリットがあります。

デュアルバンドのWiFiルーターを選ぶことで、この2つの帯域をうまく使い分け、快適な通信を実現することができます。

また、MU-MIMOとは、複数の端末が同時に通信できる技術のことを指します。

従来のWiFiルーターでは、一度に1台の端末しか通信できなかったため、通信速度が低下することがありました。

しかし、MU-MIMOを搭載したWiFiルーターでは、同時に複数の端末が通信できるため、通信速度が安定して高速になるというメリットがあります。

MU-MIMOに対応した端末を持っている場合には、さらに快適な通信が期待できます。

WSR-2533DHLS MU-MIMOのイメージ
バッファロー公式サイトより出典:https://www.buffalo.jp/

ルーターの設置方法や使い方に注意するポイント

WiFiルーターの設置方法や使い方に注意することで、より快適な通信環境を作る方法を紹介します。

ここではルーターの置き場所や設置位置、パスワードの設定、ファームウェアのアップデートなどについて解説します。

wifi-certified

設置場所に注意

WiFiルーターの設置場所には注意が必要です。ルーターを壁に囲まれた場所に設置すると、通信範囲が狭くなってしまいます。

また、電子レンジや電子機器、水回りなどの電波が干渉する場所から遠ざけるようにしましょう。

できれば床に置くのではなく、高さ1m以上のところが理想です。

今回ご紹介しているBUFFALO の WSR-2533DHLSにはアンテナも4×4も内蔵されていますし、ビームフォーミングという機能も搭載しているので、設置場所の弱点をカバーしてくれます。

WSR-2533DHLS 4×4アンテナのイメージ
WSR-2533DHLS ビームフォーミングのイメージ
バッファロー公式サイトより出典:https://www.buffalo.jp/

セキュリティの高い仕様のWiFiルーター

WiFiルーターのセキュリティを高めるためには、パスワードを設定することが大切です。

フリーWiFiのように、だれでも接続できるようではセキュリティは担保できません。

WPA3(Wi-Fi Protected Access 3)は、Wi-Fiネットワークで使用される最新のセキュリティプロトコルであり、WPA2の後継となります。

WPA3は、より強力な暗号化、認証、および保護機能でより高いセキュリティレベルを確立できて安心です

WPA3のイメージ
バッファロー公式サイトより出典:https://www.buffalo.jp/

ファームウェアの更新

WiFiルーターのファームウェアは、最新バージョンに更新することで、不具合の修正や新しい機能の追加が行われます。

ほとんどのWiFiルーターでは自動で行われるようになっていますが、購入時には一応確認することをおすすめいたします。

WiFiルーターを買い替えた結果とまとめ

WiFiルーターの買い替えについて、ポイントを3つご紹介しました。

古いルーターの買い替え時期や、最新規格への対応、自分の家の環境や使い方に合ったルーターを選ぶことが大切です。

また、通信速度や安定性、セキュリティ、ファームウェアの更新にも注目しましょう。

最後に、ルーターの設置場所やパスワードの設定、ファームウェアの更新など、使い方にも注意しましょう。

以上がWiFiルーターの買い替えについてのポイントです。

これらのポイントを抑えて、自分に合ったWiFiルーターを選ぶことで、快適なインターネット環境を手に入れることができます。

ぜひ、参考にしてみてください。

WiFiルーターを買い替えた驚きの結果!

WiFiルーターを買い替えた結果は驚くべき結果となりました。

買い替えたWiFiルーターのスペックが高いだけに、表示スピードは数字だけでなく体感できるレベルまで上げることができました。

古いWiFiルーターでは2.5GHzのほうが速かったのですが、WiFiルーターを買い替えた後の結果は5GHzのほうが強烈に速くなりました!

5GHz:166倍
2.5GHz:4.3倍

ちなみに我が家は、光の1ギガと契約しています。

とはいえこの結果には少し驚きました!

WSR-2533DHLSのスマホ5GHzのスピード
こちらは5GHz
WSR-2533DHLSのスマホ2.5GHzのスピード
こちらは2.5GHz

すでに4~5年使用していたら買い替え時期かもしれませんね!

予算がある方は、この先WiFi6以上に移行していくのは間違いありませんから、 IPv4 over IPv6の両対応のWiFiルーターを購入しておけば、今からこの先当分は心配いりません。

ご参考まで!

今回、我が家で買い替えしたWiFi5ルーター

WiFi6対応、もちろんIPoE / IPv4 over IPv6対応で完璧!

amazonで購入が多い方は、絶対にamazonプライム会員がお得です!

amazonプライム会員は、使いきれないほど数々の特典があります。
しかも408円/月(年払い4900円税込)、月払いだと500円/月ですから、年払いなら1100円もお得なのです!

●amazonプライム会員の特典

送料無料(数回使う方なら、これだけで元がとれてしまいます)
・お急ぎ便の送料も無料(時間指定ができる)
・プライム会員限定プライムデーで購入できる(30日無料体験記期間でもOK)
・プライムビデオも見放題(時間指定ができる)
・プライムフォト(5GBまでのクラウドストレージが無料)
・プライムワードローブが無料(洋服、靴を4点ほど取り寄せ、必要な物だけ購入。あとは返品、もちろん返品送料無料)
プライムミュージックも1億曲以上が無料

※「プライムワードローブ」は該当の商品ページには下記ロゴが表示されています。
アマゾンtry-before-you-buy

ほかにも特典があり過ぎて書ききれません。
大手のモールって送料がかかるので、わが家では送料無料だけでも相当お得なのです。
30日間の無料体験期間でもプライム会員の特典は全て試せますのでおすすめです!

 

\30日間 無料体験を試してから決める/

 

タイトルとURLをコピーしました