グラミチ(GRAMICCI)のショーツが街で支持される理由!

グラミチショーツ_top ファッション

グラミチ(GRAMICCI)というブランドをご存知ですか?

知らなくても、「このロゴどっかで見たことある」ということはないいですか。

数年前からのアウトドアブームにのって街着でもよく見かけるようになりましたが、1980年代からある歴とした「こだわり」のアウトドアブランドなんですよ。

しかもクライミングウェア専門です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

グラミチ(GRAMICCI)の歴史

グラミチイメージ

アメリカのカリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園はロッククライマーの聖地であることは有名な話です。グラミチ(GRAMICCI)は、1982年にこのヨセミテで生まれました。

1970年代にアメリカで 「ストーンマスター」と呼ばれたロッククライマー、マイク・グラハム氏が
ヨセミテでのロッククライミングをリードし、そのために必要な様々なディティールを開発しています。

グラミチ(GRAMICCI)の「ガゼットクロッチ」のこだわり

下の画像を見てください。
こちら、私物のリーバイスのデニムの股の部分になります。

グラミチショーツ6

別にデニムに限らず、普通のパンツはこういった普通の十時に縫製されていますよね。気にして見たことがないと?的な部分ですが・・・。

グラミチショーツ3

こちらはグラミチ(GRAMICCI)のショーツの股部分です。十時ではなくこんなに複雑なカッティングがされています。

これが「ガゼットクロッチ」と言いまして、180度自然な開脚を可能にするためのディティールなのです。

十時にしないで、ここに余裕を持たせることでロッククライミング時の足の動きの抵抗をなくし、よりフリーな動作を実現しています。

このディティールは、普通に街着として着ても明らかに足の動きががフリーな感じを体感できます。

そんなことから、様々なブランドがこのディティールを取り入れるようになっています。

アウトドアブランドのショーツをお持ちでしたら見てみてください。おそらくこれに似たカッティングが施されていると思います。

元祖はグラミチ(GRAMICCI)で、このディティールを「ガゼットクロッチ」と言いますので覚えといてください。(別に覚えておく必要はないですね)

グラミチ(GRAMICCI)の「ウェビングベルト」のこだわり

グラミチイメージ2

クライミング中は、こんな状況ですので両手がフリーになるときなどほぼないわけです。

しかし、ロープ等で引っ張れたり過激な動きを繰り返すうちにウエストベルトをもう少し締めたい状況になるときがあるのです。

そこで考え出されたのが、グラミチ(GRAMICCI)の片手で調整できる「ウェビングベルト」ですね!

これも便利すぎて、こぞって様々なブランドが取り入れているディティールです。

片手でこのベルトを引くだけで、グッと締め上げられ、バックルを少し持ち上げるようにするとスルッと緩むように設計されています。

グラミチショーツ1

グラミチショーツ2

こういった機能重視の作りや履きやすさ、そしてシンプルさが街でも支持される理由なんですね!

耐久性も過酷な状況下での使用のため頑丈な縫製をしています。

3〜4本くらい所持して、中にはすでに10年を軽く超えてるグラミチ(GRAMICCI)もありますが、ほつれたり、破れたりしているものが一つもないというのも感動に値します。

少し脂肪がついて、サイズ感がきつくなってきたグラミチ(GRAMICCI)はありますが・・・(汗)

グラミチショーツ7

グラミチショーツ5

カラーや柄なども豊富なため、街でも合わせやすくこれからの季節には手放せないアイテムです。

丈もショート丈からロング丈と種類がありますので、こちらもお好みに合わせてチョイスできます。

スポンサーリンク
ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル