ワイヤレスイヤホンのおすすめはコチラ! >
趣味・生活

カギ穴にCRC 5-56を使ってはいけない2つの理由

カギ穴にCRC5-56は逆効果のトップイメージ趣味・生活
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

潤滑剤といえばCRC 5-56があまりにも有名すぎますね!

でもなんでもかんでもCRC 5-56ではマズイのを知っていますか?

先日、自宅のマンションのドアにカギを挿しても、回らなかったり硬かったりと、とにかく動きが渋かったので、「CRC 5-56で直るでしょ」と、シューっとヒト吹きしました。

予想通りカギの抜き差しも軽く、回りもスムースで直ったと思っていましたが、数日後、CRC 5-56を吹きかける前より渋くなってしまいました。(というかカギが抜けなくなりました)

調べてみると、CRC 5-56は使用してはいけなかったのです・・・。

そんなわけで、今回はカギ穴にCRC 5-56を使ってはいけない2つの理由をご紹介しようと思いますのでご参考になればと思います。

鍵穴にはこういう専用スプレーがあるんです!

クリーナーと潤滑が一緒のタイプはこちら

スポンサーリンク

カギ穴にCRC 5-56をかけた数日後・・・

筆者の自宅はマンションなのですが、キーは現在のマンションに多く使用されているディンプルキーです。

カギ穴に挿すイメージ

最近は電動自転車などもこのキーの場合が多いです。

防犯性が高いので、このディンプルキーが使用されています。

左右に単純な溝があるタイプのキーの場合なら使用しても良いのかもしれません。

しかし公式にも書かれているようにディンプルキーには使用しないほうが良いようですね。

ディスクシリンダー錠のようなシンプルな構造の鍵には5-56 をお使いいただいて問題ありませんが、ディンプルキーと呼ばれる種類やその他の複雑な構造の鍵では油分によってホコリや汚れが鍵穴内部に堆積し、鍵が正常に作動しなくなる場合がありますのでご使用はお控えください。そのような複雑な構造の鍵穴には、速乾性でベタつかずホコリもつかない「ドライファストルブ」をおすすめします。

呉工業株式会社 公式ホームページから引用 https://www.kure.com/5-56series/faq/

直後は非常にスムースに動くようになり、その場は一件落着のように思いましたが、数日後以前にも増してカギが回らない、抜けない状態になってしまいました。

カギ穴にCRC 5-56を使ってはいけない2つの理由

ではなぜカギ穴にCRC 5-56を使用してはいけないのでしょう?

やはりちゃんとした理由がありました。

1つめの理由

CRC 5-56は一家に1本あると、万能潤滑剤や、錆び取りなどに重宝しますのでお持ちになっている方も多いと思います。

CRC 5-56にシリコーンは含まれていないのですが、注入後に油分が残ります。

この油分が問題で、これにカギの回転による摩擦で金属粉や汚れなどが付着してしまい鍵が回らなくなってしまいます。

我が家の場合は、カギ穴から抜けなくなってしました!

2つめの理由

CRC 5-56は、公式ホームページにも書かれているように、「油汚れの除去にもお使いいただけます」と書かれています。

もともと付着しているグリス成分も溶かし流してしまう可能性があることがあります。

せっかくスムースに動くために着いているグリス成分を流してしまうわけです。

スポンサーリンク

カギ穴にはノンオイルの専用潤滑剤があるのです

この専用潤滑剤はノンオイルですので使用後もベタつかず汚れ付着などの問題もありません。

吹きつけた箇所の汚れをアルコールが取り除いてくれ、それが揮発すると粉末の「ボロン」(窒化ホウ素)が潤滑膜を作り動きをスムースにしてくれます。

カギ穴にクスリのパッケージ表
カギ穴にCRC5-56は逆効果のイメージ
カギ穴のクスリのパッケージ裏

それほど高価なもではないので、試しに購入しましたが簡単にカギが回らない、抜けないは簡単に直ってしまい毎日超快適です。

容量は15mlほどですが、一度に無くなるものでもないので「なんか最近カギの回りが悪い、抜けづらい」などありましたらお試しになると思います。

これは絶対おすすめ、カギ穴専用スプレー

スポンサーリンク

こんな裏技もあり!

上記スプレーが一番効果的だと思いますが、こんな方法もあるので一応ご紹介しておきます。

急いでいたり、一時的で良いのなら、それはご家庭にある鉛筆を利用します!

鉛筆の芯で代替している画像

カギの凸凹部分を鉛筆の芯を擦りつけます。

なるべく2Bなど濃い鉛筆のほうが柔らかく擦り付けやすいのでおすすめです。

鉛筆の芯は油を使用していない潤滑剤と同等の効果があるので、カギに擦り付けたらカギ穴に抜き差しを繰り返すことで効果があります。

筆者も試しにやってみました、結構驚くほどの効果ありを実感しましたので、こんな方法もあると覚えておくと便利ですね!

タイトルとURLをコピーしました