ブロガー必見「デザインの4大原則」 >
ガジェット

Xiaomi ハンディクリーナーミニは吸引力が凄過ぎる!

mi ハンディクリーナーのトップイメージガジェット
こだわり君
こだわり君

こんにちは「こだわりスタイル」です

@KodawariStyle

デスク周りとか、足元のカーペット、車のシートの溝など、その場ですぐに使えるコードレスのハンディクリーナーがあると非常に便利ですよね!

この条件をクリアする商品って以前からありましたけど、どれも吸引力が弱くて使い物にならなかったんです。

だから、どうしても掃除したければ別の部屋から家庭用掃除機を持って来て掃除するしかありませんでした。

その掃除機もコードレスなので、ただ持って来ればいいだけなんですけど、なぜか異常に面倒臭い・・・!

車のシートなどは、部屋用の掃除機では大きくてどうにもならず、洗車場の有料掃除機も大して吸わないので結局は見て見ぬ振りの始末。

ある日、WEB閲覧中に偶然見つけた新製品のXiaomi(シャオミ)ハンディクリーナー ミニ

思わずポチってしまいましたが、使ってみたら吸引力が凄かったので、今日はXiaomi(シャオミ)の新製品でハンディクリーナー ミニをご紹介いたします。

記事途中でAnkerのハンディクリーナーとの
性能比較表
も載せていますので最後までご覧いただければと思います。

スポンサーリンク

Xiaomi(シャオミ)と mi

シャオミのロゴ

Xiaomi(シャオミ)は2010年4月に設立されたブランドで、香港では上場されているIT企業です。

Xiaomi(シャオミ)のプロダクトは「mi」ロゴで統一されていて、Mobile Internet(モバイルインターネット)の頭文字を取り「mi」と表記されています。

2021/09現在に、この「mi」のロゴが廃止されるというニュースがありましたので、近々Xiaomiに統一されるのかもしれません。

Xiaomi(シャオミ)はスマートバンドや、スマートウォッチのイメージが強かったのですが、スマホの出荷台数が世界第3位ほどまで上がって来てるようです。

今回ご紹介するXiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニもそうですが、デザインも良いのでこれから注目ですよ!

スポンサーリンク

Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニの詳細

このXiaomi(シャオミ)ハンディクリーナー ミニまだ発売直後でしたので、私が購入しようと思った時点では在庫切れでしたが、すぐ入荷したらしく3日ほどで届きました!

mi ハンディクリーナーミニのパッケージ
mi ハンディクリーナーミニの付属品

スペック・付属品

製品型番SSXCQ01XY
カラーホワイト
吸引力13,000Pa
モーター回転数超高速88,000rpm
定格出力120w
電源供給方式USB TYPE-C
重量約0.5kg
製品寸法267×55×55mm
バッテリー容量2000mAh

付属品

・本体
・USB TYPE-Cケーブル 長さ1m
・延長ノズル 長さ15cm
・ブラシ
・説明書(多国語様ですが、日本語あり)

mi ハンディクリーナーミニのパッケージ表2
mi ハンディクリーナーミニのパッケージ裏

Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニは付属品を見て分かる通り、充電式でUSB-TYPE-Cです!

mi ハンディクリーナーミニの底面
mi ハンディクリーナーミニのUSB-C

完全にデスク周りに置いて使用することも考えられて作られていますね。

私もここでの使用がメインですが、吸引力が凄いのでデスクにあると非常に重宝しますよ!

mi ハンディクリーナーミニのイメージ

デザインもシンプルで底はフラットですからデスクなどに立てて置くこともでき、500mlのボトルと同じくらいのボリュームですね。

Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニは細く、高さがある感じです!

Ankerのハンディクリーナーとの比較

特徴的な部分のみAnkerのハンディクリーナーと比較してみました。

Xiaomi
mi ハンディクリーナーのイメージ
Anker
ankerハンディクリーナー
吸引力13000pa5500pa
充電方式USB-CMicro-USB
重量約500g約560g
駆動時間約30分
※標準モード
約13分
定格出力120w70w
直立充電×

一番重要はXiaomiの吸引力や駆動時間は、Ankerの倍以上と大差ですね。

若干価格はXiaomiのほうが高いのですが・・・。

Xiaomiは直立させて充電ができませんが、Ankerがケーブルの挿し口が側面なので直立で充電できるのはスマートと感じます。

Xiaomiのハンディクリーナーは細長く底面もエッジが丸められているので、直立して置いておくにはAnkerが優位です。

カラーもAnkerはブラックもありインテリアに合わせやすいかもしれません。

でもXiaomiのハンディクリーナーの吸引力が凄すぎなので、個人的なおすすめはXiaomiのハンディクリーナーですね!

4.6
スポンサーリンク

凄い吸引力のXiaomi ハンディクリーナーミニ

使い方は、パワーボタンを押すだけなので面倒なところはありません。

mi ハンディクリーナーミニの本体1

パワーボタン1回プッシュ 電源ONでノーマルパワー(約30分使用可能)
パワーボタン2回プッシュ パワフルモード(約9分使用可能)
パワーボタン3回プッシュ 電源OFF

ノーマルパワーですと、約30分の使用ができますが、部屋全体の使用とかは無いわけですから、30分を使い切ることはまず無いです!

パワーモードですと約9分で、数字で見ると短く感じますが吸引力が抜群なのでデスク上や部分掃除だと、実際に9分使うことはありませんでした。

吸引力は13,000Paと凄いです!

Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニは吸引力が、13,000Paもあるのでハンディタイプのクリーナーでは抜群な数値ですね!

これはJIS規格で、「真空度」と呼ばれています。このPaの値が大きいほど、対象面のゴミやチリが持ち上がりやすく、どれくらい綺麗に掃除が出来るかを表す吸込仕事率のこと。

実際にXiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニでカーペットのゴミを吸ってみました。吸引力が抜群に強く、先端をブラシのアタッチメントにしているにもかかわらず、カーペットが吸い上げられているのが動画でもわかります。
ゴミは毛足の奥に入っているものまで非常にキレイになりました。
パワフルモードはそれなりに音はしますね!

mi ハンディクリーナーミニのノズル2
mi ハンディクリーナーミニの本体2

15cmの延長ノズルを追加すれば、手の届かない奥の方や、高いところもラクラクです!
延長ノズルを付けずに、直接ブラシノズルも装着できるのでキーボードの掃除などには非常に便利ですね。

mi ハンディクリーナーミニのクリーニングイメージ
mi ハンディクリーナーミニの逆流防止

ノズルを外しても、上の写真のように、逆流しない弁がついてるので、逆さにしても吸ったゴミは出て来ません。

さらに、このXiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニには「クイックスタート・ストップ」という機構がついているので電源をOFFにすると、回転がすぐに止まります。

通常だと電源をOFFにすると、慣性でモーターが回り続けゆっくりとストップしますよね、このゆっくり回転している時に吸い上げられたゴミは、完全に吸い込まれる前にノズルの途中で止まってしまうので、逆さにするとゴミが出て来てしまいます。

ですが、クイックに止まってくれるので、実際に逆さにしてみましたがほとんどゴミが出てくることはありませんでした。

こだわり君
こだわり君

この機構凄いな!ちょっと感動してしまった!

スポンサーリンク

お手入れ方法

もちろんワンタッチで、ゴミのフタがパカっと開いて中のゴミを捨てることができます。

ただ、細かいゴミ、チリはパカっと開いても落ちてこないので、大きくてそれなりに質量のあるゴミと思っていた方がいいです!

mi ハンディクリーナーミニの先
mi ハンディクリーナーミニのゴミの捨て方フタ

写真のスライドボタンを下にスライドするとフタがパカッと開きます。

通常のゴミの捨て方はこれで良いですね!

mi ハンディクリーナーミニのゴミの捨て方

フィルターが目詰まりして来たら、もちろん水洗いできるのでその時は写真の様に、透明な部分を回転させてフィルターを取り出します。

mi ハンディクリーナーミニのゴミの捨て方2

Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニのフィルターは金属のフィルターと、HEPAフィルターが2重になっているので、バケツの様な取手部分を引くとフィルターごと外れます。

mi ハンディクリーナーミニのゴミの捨て方3
mi ハンディクリーナーミニのゴミの捨て方4

写真の部品は全て水洗いできるので、安心で清潔です。

mi ハンディクリーナーミニの洗い方
スポンサーリンク

Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニを使ってみた感想

正直ハンディタイプのクリーナーに、性能の期待はしていませんでしたが、使用してみると今までにない吸引力に驚きました。

よくあるスティックタイプのハンディクリーナーはデザイン的に購入意欲は湧きませんでしたが、Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニの場合は性能のことより、シンプルでデスクにおいても唐突な感じにならないシンプルなデザインが購入の決め手です!

置いた時の安定感はAnkerのほうが確実に安定すると思いますが、クリーナーですから吸引力を最優先いたしました。

吸引力の宣伝が印象に残ったのも事実としてあります。

ハンディクリーナーでノートパソコンを吸い上げて落ちないって凄いですよね!?

シャオミの広告

そんなXiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニ吸引力は13,000Pa

他のメーカーのスペックを見ても「Pa」記載の無い機種も多く、記載があってもこの価格帯だと5000〜8000Paのもが多く、第一に全く聞いたことのないブランド名なので・・・。

使ってみたら、吸引力に驚きました!

上の動画でもわかりますが、吸引力でカーペットが吸い上げられてしまうほどです。

もともとデスクの上の掃除が手軽にできればと思って購入しましたが、キーボードの溝にたまったゴミやチリなどは、パワフルモードにする必要もありません。

中国ブランドのワイヤレスイヤホン等も愛用していますが、最近の中国ブランドは凄いクオリティーです。

中国ブランドでも名の知れたブランドなら、日本製と同等もしくはそれ以上の製品も多いうえに、デザイン、コストパフォーマンスも非常に高いので、私自身、このXiaomi(シャオミ)は注目しています。

良かった点

吸引力が13,000Paで凄い
・デザインがシンプルでカッコいいので、デスクに置けて手軽に使える
・価格が安い
・「クイックスタート・ストップ」機構が凄い
ハンディクリーナーなので車でも使える
・USB TYPE-Cで使いやすい

改良して欲しいと思った点

・デスクの上に立たせた状態で充電したい
・充電スタンドを付けて、ノズル等の部品も一緒に置きたい
・パワフルモードにすると少し音がうるさく感じる

総合評価としては購入して絶対に損はしない商品ですね。

4.6

おしゃれな充電スタンドがあったら、ほぼ言うことはないほどよくできている商品だと思いました!

価格もお手頃ですし、Xiaomi(シャオミ) ハンディクリーナー ミニはおすすめです。