ペーパーレスのコーヒードリッパーは自宅でもアウトドアでも大活躍間違いなし!

riversマイクロコーヒードリッパーのイメージ趣味・生活
こだわり君
こだわり君

こんにちは、「こだわりスタイル」です!

@KodawariStyle

本格的にコーヒーの季節到来ですね!

コーヒーを淹れる時、毎回ペーパーフィルターを使うのも、なんかメロウな感じで好きなんですけど頻度が増えてくるとペーパーレスじゃないと少し面倒だし、エコじゃないですよね。

時代がSDGsに向かう中少しでも貢献できればと・・・。(少し本気で思っています)

今日は、自宅でのコーヒータイムはもちろん、アウトドアでもゴミを出さずにスマートにコーヒーを淹れることができる、ペーパーレスのコーヒードリッパーをご紹介します。

私の場合、この手のアイテムは「Rivers」なのです。

シンプルでスタイリッシュなデザインの、ペーパーレスコーヒードリッパーでお気に入りです。

スポンサーリンク

ペーパーレスのコーヒードリッパーなら「Rivers」

今回ご紹介するのは、ブランドコンセプトが大好きなブランド「Rivers」のMICRO COFFEE DRIPPER 2(マイクロコーヒードリッパー2)になります。

名前の通り、ペーパーレスのコーヒードリッパーで、もうペーパーフィルターは必要ありません。

riversマイクロコーヒードリッパーのパッケージ8

やはりパッケージからしてカッコいいですね!

riversマイクロコーヒードリッパーのパッケージ3枚

「Rivers」のMICRO COFFEE DRIPPER 2

商品名MICRO COFFEE DRIPPER 2
カラー3色展開
原材料外側シリコンゴム/中側PP
フィルター部ステンレスメッシュ
耐熱温度140℃
耐冷温度-40℃
サイズW84mm × D78mm × H47mm

「MICRO COFFEE DRIPPER」はより大きなカップにも対応できるように直径を1mm大きくしカラーが増えて、「MICRO COFFEE DRIPPER 2」となりました。

先日ご紹介しましたウォールマグにも対応しています。

このコーヒードリッパーなら、様々なマグにペーパーレスで使えて非常に便利です!

ペーパーレスのコーヒードリッパーの構造

到着前は材質は耐熱プラスティックだと思ったのですが、開梱してみるとセパレートタイプになっています。

riversマイクロコーヒードリッパーのパッケージ2
riversマイクロコーヒードリッパーの形状9
riversマイクロコーヒードリッパーの形状1

写真のように2重になっていて、洗浄時のお手入れがしやすいための配慮がされています。

ペーパーレスでコンパクトなのでアウトドアにも最適

riversマイクロコーヒードリッパーの形状5

通常のコーヒードリッパーのような円錐状ではないので、非常にコンパクトですね!

84mmしかありません。

バージョンアップで1mm大きくしたので、内寸が80mmのマグまで置くことができます。

材質

セパレートタイプなのですが、外側は耐熱のプラスティックではなくシリコンでできているので、この通りグニャっとできます。

riversマイクロコーヒードリッパーの形状4

中側は耐熱のプラスティックなのでグニャッとはいきません。

底にステンレスメッシュが貼られています。

riversマイクロコーヒードリッパーの形状3
riversマイクロコーヒードリッパーの形状6
上から見ると二重なのがわかりますね!
riversマイクロコーヒードリッパーの形状8
スポンサーリンク

このコーヒードリッパーを実際に使用してみて

今回使用する「Rivers」のウォールマグにはピッタリではありませんが、しっかり安定してお湯を注ぐことができました!

ウォールマグの保温力について詳しくはこちらをどうぞ

さらにあと1mm大きければ尚いいかもしれないですね!

ただ1mm大きくしたのは理由があり、「Rivers」のラインナップのチタン製軽量「ULハイカーマグ(S)」に合わせたようです。

なるほどピッタシ!

riversのmug
出典:rivers
riversマイクロコーヒードリッパーの使い方1
riversマイクロコーヒードリッパーにコーヒーを入れる
riversマイクロコーヒードリッパーにお湯を注ぐ

このコーヒーの量で、大さじ一杯なので一応1人前ですが、このウォールマグは300mlなので

2人前くらいで丁度良さそうです!

こだわり君
こだわり君

ペーパーレスのコーヒードリッパーってかなり便利ですよ!

riversマイクロコーヒードリッパーにお湯を注ぐ4
riversマイクロコーヒードリッパーにお湯を注ぐ5

美味しく熱々でいただくことができました!

ペーパーレス コーヒードリッパーのお手入れは?

使用してみて非常に便利でした!

このコーヒードリッパーは非常にコンパクトなのでアウトドアにもバッチリかと思います。

なんせペーパーレスでゴミも出ませんから。

リバースWALL-MUGのイメージ

あとはお手入れですよね!

でも心配は入りませんでした。

軽く水洗いするだけでキレイになりました。

riversマイクロコーヒードリッパーの洗浄

ステンレスメッシュにコーヒーカスとかが詰まって、「簡単にはキレイにならないのかな」とちょっとよぎりましたが、メッシュの目が細かいので全くカスが詰まることはなかったです。

お手入れ、超カンタンで、おうち時間にも、アウトドアでのコーヒーブレイクにおすすめです!

Rivers コーヒードリッパー ケイブ リバーシブル

このコーヒードリッパーは、表裏があり、味の調整ができる画期的なドリッパーです!カラーも3色展開でなかなかオシャレですね!

表側にすると:苦味を軽減

裏側にすると:まろやかに

コーヒードリッパーを立てる木製の台です

Rivers サーモジャグキート1200

おうち時間やキャンプでのコーヒータイム!もっと本格的に保温したい。もちろん保冷も可能なサーモジャグキート1200。デザインもシンプルでスタイリッシュ! 保温効力:56℃(10時間)と本格的。

携帯ボトルでの保温はこちらで詳しく説明しています。