パナレーサー(Panaracer)のクローザープラスをオススメする理由!

Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス3 自転車

私はMTBに乗っていますが、特に悪路を走るわけでもないので標準でついていたブロックタイヤからスリックタイヤに交換しています。

ブロックタイヤはオフロードではグリップして走破性は良いと思いますが、街でしか乗らないなら転がり抵抗が大きすぎて疲れるだけです。

じゃあナゼMTBを買ったのかってことですが、「MTBがカッコイイと思った」ただそれだけなんですね。

こだわり君
こだわり君

その頃はまだロードブームでもなかったし・・・。

こだわり君
こだわり君

MTBすらそれほど走っていなかったんです。

前にも書きましたが、そんな時期だったのでほとんど店で売られているのは輸入車なのでそれなりの値段がします。このバイクも14万円もしましたので・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

快適街乗りバイクへ、カスタムの始まり!

いまさら、ロードを買い直すようなお財布に余裕もなく、このMTBを街で快適に乗れるバイクにカスタムすることにしたのです。

キャノンデール(CANNONDALE)ダイエット8.6kg!
キャノンデール(CANNONDALE)F400のMTB(マウンテンバイク)をあることをキッカケに軽量化を始めました。コツコツ軽量化をしてるうち、今や残すところノーマルパーツはフレームとリアディレーラーだけになりました。結果8.6kgまでダイエットに成功しています。

見た目でブロックタイヤを履いていては、ノイズがうるさいのとなんせ太いので抵抗が多すぎます。

パッと見の変化も考えるとやはりタイヤ交換がまず最初かなと考え、とりあえずタイヤ交換から手をつけました。

最初に購入したタイヤが、

Maxxis Detonator 26×1.5

何もわからずほとんど見た目の選択でした。このタイヤ、私の購入時にはワイヤービードと言ってリムに接する部分タイヤの一番硬いところにワイヤーが入っているタイプで非常に重量があります。(現在はワイヤーではではなくケブラービードといってかなり軽量化されたようです)
ママチャリのタイヤなんかがそれにあたり、お店に行くとラックにタイヤが輪っかのままぶら下がっています。

ケブラービードのケブラーはアメリカのデュポン社の商品名です。
ケブラーはアラミド繊維で、非常に丈夫な繊維質でできています。ケブラーは鉄の5倍の強度で、スチールビードの5分の1と同じくらいの強度を持っています。
商品スペック欄には、アラミドビードと書かれている場合もあります。

太さとかも特に気にせず購入したので、ブロックタイヤの時と比べて最初は快適でスピードも出るので満足でしたが、慣れてくるとさらに街中でさらに細いスリックタイヤを履いているMTBを見かけるようになりました。

こだわり君
こだわり君

同じMTBなのに、速いし、なんか細くてカッコイイな!

もっと細いタイヤが欲しい〜!

Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス側面2

そして購入したのが、パナレーサー(Panaracer)のクローザープラスです。

今度は太さも1.5⇒1.25この差は見た目にも大きいです
Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス4

しかも溝が完全に無いスリックタイヤです。
もちろんケブラービード(アラミド)ですので超軽量です。
以前のMaxxis Detonator 26×1.5(ワイヤービード)と比べてあまりにも軽いので、違いにビックリ!

カスタムに加えて、この日から軽量化も目標の一つとなりました。

パナレーサー(Panaracer)のクローザープラスですが、軽量なのに、耐貫通パンクベルト「PRベルト」で強化され、ZSGナチュラル コンパウンド 高反発弾性の天然ゴムをベースとし、耐久性・耐摩耗性が強化されたZSGコンパウンドを装備。
オールコンタクト トレッド形状 コンパウンドのグリップ性能を最大限に発揮させるために最適化された断面形状とテクノロジー満載です。

と言ってもパンクはつきものですので、EASY-PATCHは常備してくださいね。

サイクリングには必ず持っておきたい超スグレ物、イージーパッチ!
パンクすると普通は自転車屋さんにお願いしてましたよね。自転者屋さんまで押して行ってパンク修理していたものです。ましてや、近くに無かったりすると1日終わってしまったりなんてこともありました。でもこのイージーパッチを使えば本当に簡単にできてしまいます。是非トライしてみてください。

パナレーサー

Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス折りたたみ2

パナレーサー(Panaracer)のクローザープラスの重量

Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス 重さ2

Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス 重さ

約200gしかないです。
Maxxis Detonator 26×1.5の重さをメモってなかったのですが、重さの違いにビックリしたのはハッキリと記憶しています。

ケブラービードのタイヤはこのように折りたたまれてラックにかかっています。それだけでも軽量な感じしますよね。

パナレーサー(Panaracer)のクローザープラスのレビュー

●太さが1.5⇒1.25になり、抵抗が減った分軽快そのものになりました。
●溝無しの完全スリックなので、ノイズが減少(というより無いに近い)Maxxis Detonatorの時は多少溝があったのでシュイーンという感じのノイズが絶えずしていました。
●パンクしてもタイヤを手でリムから外せるようになり、メンテナンス性向上
●コストパフォーマンスが高いので、現在は前後共2本目のパナレーサー(Panaracer)のクローザープラス

1点、雨の日はやはり溝が無いので滑りますね〜!基本雨天には乗らないのですが、途中に降られたことがあったのですが、冷やりとしたことが一度ありました。

Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス側面1

Panaracer Closer Plusパナレーサークローザープラス1

カラーバリエーションも豊富なので、ボディーに合わせてチョイスすることも可能です。私のは26インチですが最近は27インチとか28インチ、700cとかが主流ですがほとんどラインナップしてるので、サイズ選びにも困ることはないと思います。
これはオススメですね。

 

スポンサーリンク
自転車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル