GREGORY(グレゴリー)テールメイト HDバリスティックを使ってみた!

グレゴリーテールメイト比較トップファッション
スポンサーリンク

GREGORY(グレゴリー)は、1977年アメリカのサンディエゴに「グレゴリー・マウンテン・プロダクツ」社を設立したのが始まりですので、もう40年以上になります。1987年に「テールメイト」がリリースされ、細かなマイナーチェンジを繰り返し今日に至っています。

本格仕様のバックパック専門メーカーですから商品の信頼性も抜群です。
今回はそのテールメイト(ウエストバッグ)のHDバリスティックナイロン製のものを使ってみた感想をお話します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GREGORY(グレゴリー)テールメイトにはサイズが2種!

私は最初、GREGORY(グレゴリー)テールメイトのXSを購入しました。(写真の迷彩タイプですね)タスキがけで使用することがほとんどなので、背中に対する大きさ的には丁度いいかなと思っていました。

職業柄、「通勤で使用するにはそれほど入れる物もそれほど無いし・・・。」

実際使い始めると、雨の日のちょっとした小物や、ペットボトル、眼鏡ケースなど、結構入れる物があり、これらを入れるとGREGORY(グレゴリー)テールメイトXSでは若干小さいな〜と感じるようになったのと、テールメイトXSは内側にポケットが無く、カギなどを急いで探さなければいけない時には少し困りました。
このXSを購入する時点で、ワンサイズ大きいGREGORY(グレゴリー)テールメイトSという存在も知っていたので、こちらを検討するようになりました。
しかもテールメイトSには私の大好きな、HDバリスティックナイロン製もあるではないですか!!!!

こだわり君
こだわり君

これが決めてとなり、購入〜!

GREGORY(グレゴリー)テールメイトXS 迷彩
商品詳細
容量:3.5L
重量:270g
サイズ:31.5×13.5×10.5cm
GREGORY(グレゴリー)テールメイトS
容量:8L
重量:415g
サイズ:39.5×16×13cm
でも結構大きいですね!比較写真。
容量だけ見ても、倍以上ですから当たり前といえば当たり前です。

グレゴリーテールメイト比較

スポンサーリンク

やっぱりHDバリスティックナイロン、最高!

購入当初はテールメイトXSで十分と思っていましたが、GREGORY(グレゴリー)テールメイトSで大きさも丁度良かったですね。
まさに大は小を兼ねていました!
女性は大きさからXSで丁度いいかもしれません。

グレゴリーテールメイト外側の粗さ

グレゴリーテールメイトXS1

写真を見ていただくとわかると思いますが、ナイロンの糸の太さが全然違うでしょ!
強度はもちろんですけど、生地の硬さもいい意味でゴワゴワしてますから、荷物が多くてもクタッとしないでしっかり形をキープしてくれます。
下の写真は、500mlのペットボトルを入れて比べた写真です。

グレゴリーテールメイト大きさ比較

使用期間が同じではないので多少の違いはあると思いますが、クタッと感が全然違うのがわかりますよね。大きさも、何でも入ってこれがベストだったことに気づきました。
テールメイトXSには内ポケットが付いていないのですが、テールメイトSにはメッシュポケットが付いています。外側にもチャックポケットが付いてるので便利ですね。
でもなぜか私の場合、この外側のポケットって使わないんですよね〜、何でだろ?

グレゴリーテールメイト中側

すぐ出したい物はこちらに入れておけば、グチャグチャにならなくて済みますね!裏側は共にゴム貼りしてありストッパーの役目を果たしてくれます。

グレゴリーテールメイト背面2

グレゴリーテールメイト外側

今はロゴも新しくなり、細かなマイナーチェンジが行われたようですので、公式ホームページなどで調べてみるといいと思います。
ブリーフィング共に大事に使って行きたいアイテムです。

こだわり最強!BRIEFING(ブリーフィング)のナイロントート
BRIEFING(ブリーフィング)のナイロントートについてお話ししています。こだわりのバリスティックナイロンは、1050D(デニール)のダブルバスケット・ウィーブというタイプです。本当に最強と呼べるくらい物凄い強度です。さすがミルスペックもクリアしている逸品ですね。

 

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こだわりスタイル