fizik(フィジーク)アリオネVSを選んだ理由!

こだわりのフィジーク自転車

皆さん、自転車のサドル選びってどうしてますか?価格帯も本当にピンからキリという感じで数々のメーカーがラインナップしていますから、一体どれにすればいいやら・・・。
私も3種のサドルを試してきましたが、長時間ライドしていてもお尻が痛くならないのが一番大事だと思います。
でも、私の場合それと同じくらい重要度の高いのは、サドルの重量と見た目のカッコ良さ!
fizik(フィジーク)アリオネVSはその点◎です。

 

はい!ここ私のこだわりです!

 

で、重量はと申しますと!243gになります!
まだまだ軽いサドルがありますけど、これより軽くなってくるとやはりレーパンが必要なパッドの厚みになってきますがfizik(フィジーク)アリオネVSなら街着でそのままいけちゃいますよ。

フィジークアリオネの重量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

fizik(フィジーク)アリオネVSサドルは見た目だけではない!

先に、重量の話になってしまいましたが、このサドル、座り心地も見た目のカッコよさも納得の逸品なのです。
セラ・イタリア(名前は忘れましたが穴あきタイプ)、fizik(フィジーク)のアリアンテの順で交換しましたが…、痛いんです!
通勤の片道30kmくらいの道のりで、〜ん、15kmくらいからですかね?お尻の尾てい骨の出っ張りが痛くなってくるんです。
それに加えて、これは男性にしかわからないんですけど尿道がサドルのセンターで潰され、痺れて感覚がなくなってくるんです。
足が痺れて、ジーンとしている感覚が近いんですけど、これがなんとも不快というかクスぐったいというか形容するのが難しい感じです。

そこで、チョイスしてみたのが「fizik(フィジーク)アリオネVS」というサドル!
サドルのセンターが溝になっていて、あの尿道の痺れから完全に解放してくれました。

サドルの溝

溝の分パッドが薄くて、お尻痛そうな

いやいやビックリ!痺れも無いし、尾てい骨の痛みも無いんです。
さすが、fizik(フィジーク)アリオネVSという感じです。
fizik(フィジーク)のこだわりやパフォーマンス等は、↓でお話しますね。

fizik(フィジーク)アリオネVSのこだわりやパフォーマンスについて
これを読めば、fizik(フィジーク)というメーカーがどれだけ凄いのかを知っていただけるかと思います。中でも「fizik(フィジーク)アリオネVS」は4度目のサドルでようやく見つけた抜群なサドルです。是非一度、「fizik(フィジーク)アリオネVS」お試しあれ!
自転車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こだわりスタイル