EASTON(イーストン) EC70 シートポストの徹底検証レビュー!

EASTON_シートポストTOP自転車

少し前にキャノンデール純正のシートポストを軽量化のため、こだわりでアルミ製からカーボン製に交換してみたレビューをお伝えします。

キャノンデール純正はアルミ製で長さもあり、画像はないが確か320gくらいだったと記憶しています。

材質がアルミなので直接お尻に微振動が連続的に伝わる感じがしていたのも交換要因の一つでした。
もちろん、「EASTON」というネームに惹かれていたのも事実としてあります。キャノンデール純正は真っ黒でロゴ一つ入っていないのでやけに地味に感じていました。

EASTON(イーストン) EC70はシートポストにロゴやらスポンサーデカールみたいに複数入っていて少しレーシーな感じがします。(イメージとしてモトクロスバイクのような・・・)

スポンサーリンク

こだわりのEASTON(イーストン) EC70 シートポスト購入!

EASTON_シートポスト10

はじめは、後ろに20mmほどオフセットされたタイプのEASTONのシートポストだったのですが、そちらはヤグラ部分はアルミでできており、カーボンとのマッチングがよくないと感じていたので、こだわってEASTON(イーストン) EC70に交換しました!

こちらはヤグラもカーボンでできておりバランスも理想です。

「CNT」というロゴが入っていますが、これは炭素繊維を編み込んで造られたカーボンではなくカーボンナノチューブ(CNT)と言って、炭素原子がチューブ状に結合した素材でカーボンの軽さとしなやかさを持ちながら、鉄をも超える引っ張り強度があるので今後の展開にも期待されているそうですよ!

開発したのは、自転車パーツメーカーの「BMC」「EASTON」らしいですね。

オフセットは0mmなのでポジションも出しやすく大変お気に入りです。

EASTON(イーストン) EC70シートポスト
・材質:オールカーボン製(ヤグラ部分含む)
・長さ:300mm
・重量:200g
・オフセット:0mm
・ポスト径:27.2mm
このBIKEのカスタム情報はこちらにも記載していますのでよろしければどうぞ!
キャノンデール(CANNONDALE)こだわりの軽量化8.6kg!
キャノンデール(CANNONDALE)F400のMTB(マウンテンバイク)をあることをキッカケに軽量化を始めました。コツコツ軽量化をしてるうち、今や残すところノーマルパーツはフレームとリアディレーラーだけになりました。結果8.6kgまでダイエットに成功しています。
キャノンデールのヘッドショックが故障したらオーバーサイズにできる!
キャノンデールのヘッドショックが故障したらオーバーサイズにしてみませんか!キャノンデールサイズからオーバーサイズへコンバートするためのヘッドセット、WOOD MANの商品の取り付け事例をご紹介します。Axis HSというヘッドセット、仕上げが綺麗です。
SHIMANO(シマノ)XT FC-M761 チェーンリングで軽量化!
お〜っ!持ってみると、今ついてるリッチー製よりまた軽いような・・・。同じアルミだしそんなに変わるわけないかと思いきや!計ってみると、なんと100gしかない!さらに38gも軽量化!軽量化を進めていくにあたり現時点では38gもいい感じの数字です。チリツモで目指せアンダー8kg!

 

EASTON_シートポスト9
上の写真で見える「zyvex」というのは、アメリカのナノテクノロジーの会社ですので、
powerd byと書かれているということは、こちらの技術協力もあって出来上がった商品ぽいですね。
こだわりですね〜!
zyvexロゴ
EASTON_シートポスト2
なんにせよ、すごい技術により、軽量化、強度などが高度に融合されているこだわり商品には間違いなさそうです。

EASTON(イーストン) EC70 シートポストの各部

EASTON_シートポスト7

こちらは、ヤグラ部分ですが調整ビス以外は全てカーボン製ですね。

ついでにこのビスもこだわってチタンか何かにしてくれればよかったのにな〜

最新モデルはこの部分に改良が行われています。

というのは、この2点止めでシートを固定するわけですが、これがなんともセッティングしづらいんですよ。

前後のスライドと角度を同時に決めてこのビスを締め付けるので、前後の位置が決まって締め付けている時に角度が変わってしまったりと、もう少し効率よく調整できないものかなと思っていたら、
改良された最新版は、前後と角度が独立したようです。

こだわり君
こだわり君

こっちの方がいい!

EASTON_シートポスト1

六角レンチって大抵はL字型になってるので、締め付ける時も、緩める時も1回転させるとそのL時がポストに当たって回せなくなるので、一度外して再度締めると行ったことを繰り返さなければいけないのです。

まっ、一度セッティングが決まってしまえばそれほど頻繁に触るところでもないのですが、やはりなんとかして欲しいとこだなとは思っておりました。

EASTON_シートポスト6

背面にはメモリがプリントされているので非常にわかりやすいです。

カーボンポストなので、あまりムキになって締められないので、乗ってるうちに少しずつ下がってきていたりするので、目安になりますね。

重量はと言うと!

EASTON_シートポスト

約200gですね!

今だとアルミでも軽量タイプだと200g切ってるのもありますから、それほどびっくりするほどでもないですがやはり軽量には間違いないですね。

最新版のEASTON(イーストン) EC70 は重量はほぼ変わらず、調整の新機構がついてますので絶対そちらがオススメですね!

EASTON_シートポスト8

フィジーク アリオネについてはこちら!

fizik(フィジーク)アリオネVSを選んだ理由!
fizik(フィジーク)アリオネVSを選んだかと言うと、このサドル座り心地以外に見た目のカッコよさも納得の逸品なのです。最近奇抜なデザインが他社からも色々ラインナップされてきましたが、やはりfizik(フィジーク)がそれの第一人者でしょうね。プロ選手もこぞって使う理由がわかります。

 

乗り心地ですが、やはりカーボン!アルミよりしなるので、微振動が軽減されているように思います。

アルミのシートポストの時は、長時間乗っていると、足が痺れた時のような感覚がお尻あたりにでていたのが無くなりましたね。

自転車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル