キャノンデールのヘッドショックが故障したらオーバーサイズにできる!

woodmanコンバートキット 自転車

キャノンデールのヘッドショック仕様のMTBですが、もうだいぶ前からラインナップからなくなりまた。自分もヘッドショックのMTBを購入しましたが、それほど乗らないのとスリックを履かせて街乗り仕様にしていたためフォロントサスペンションの恩恵はそれほどありませんでした。

確か、フィジークのサドルの話を聞きに、自転車屋さんに行った時に、

店員さん
店員さん

まだヘッドショックは大丈夫ですか?

今のところ問題なく動いてますけど

店員さん
店員さん

そろそろヘッドショック修理するための部品が品薄になってきてますので・・。

という話を聞いたことがきっかけで、先々交換するなら選択肢も豊富なオーバーサイズ(ごく一般的なサイズ)1-1/8サイズ(28.6mm)のコラムのフォークを、まだパーツが存在するうちに装着したほうがいいのでは?と思い始めました。
ヘッドショックの場合は、ヘッドショックサイズと言ってコラム径が非常に太く、上記のオーバーサイズのコラムのフォークを装着するには、ヘッドセット(太さを合わせるサイズ変換コンバータ)が必要です。
ただ、ヘッドショック自体の修理部品がなければ、このコンバータも必然的になくなるのは自然の流れなので、無くなる前に購入しておこうと家に戻り早速ググりました!

私のはVブレーキですが、ディスクブレーキの方はフォークの選択支も広がりますね

 

まだヘッドショックの時の写真が出てきました。2020.0704

キャノンデールヘッドショック2

キャノンデールヘッドショック1

なんか懐かしいです。今見てもシンプルで斬新なデザインですね!キャノンデールのこだわりを感じます。まだタイヤもMAXXISだったんですね〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

WOODMAN  Axis HS SPG ヘッドセット!

woodman

ありました〜!WOODMANのAxis HS Compヘッドセット!
というのもかれこれ5年ほど前で、まだこの頃は何種類か販売されていました。
王道のクリスキングも含め下記3点ほどが候補に上がりました。

  • CRIS KING(超有名ブランド、綺麗な仕上げでアルマイト素晴らしい!しかし高価)
  • Reset Racing(なかなかカッコもいいし迷いましたが、当時はどこも在庫無しでした)
  • WOODMAN(名前は聞いたことありませんでしたが、コストパフォーマンス良さそうです!)

そんなわけで、WOODMANのAxis HS Compをチョイス!
またまたamzonさんにて購入!(amazonさんお世話になっております)到着すると素っ気ない上記画像パッケージで到着。ベアリングやアルミパーツってどちらかと言うと精密部品のイメージがあったので、しっかり箱入りを想像ししたいましたが、厚紙に結束バンドで止められた状態で届きました。
まっ、そんなことはどうでもいいんです。中身がしっかりしていれば・・・。

お〜、綺麗な仕上げ!で面取りもさすが、7075アルミ削り出しでブラックアルマイトもえらく綺麗ではないですか!

現物は見ないでの購入でしたが、大正解でした。

ウッドマン説明書

これくらい当たり前なのかもしれませんが、初めてヘッドセットなるものを購入した私は大満足の結果となりました。私のは上の画像右側のタイプになります。
さあ、手に入れたはいいがこれが問題なく装着できて、自分の考えているものなのか・・・?プロじゃないのでこれで完璧って言う根拠は正直なかったです。
カスタム好きな自分としては、装着も自分でやるのがモットーでして、専用工具なども後から必要と気づいたりもするので困ったものです。
まずはやってみる→必要なものは調達する→ググって情報収集→そしてまたトライ!

 

探したらまだなんとかこちらで購入できそうですね!見てみてください。


WOODMAN AXIS HS SPG 49.8 x 28.6 ヘッドセット ブラック アウトレット

まずはヘッドショックを外してみよう!

作業中って集中しちゃうので作業写真を撮ることが頭になくなってしまって、全て装着後の写真になってしい申し訳ありません。
結論から言って、オリジナルのヘッドショックはすぐに取り外すことができました。
ググると沢山出てくるので参考にしてみるといいと思います。

フォークは抜けましたが、上下の「ワン」と呼ばれる部品ですが、これフレームに圧入されてます!

これ果たしてプロに頼まないでも外すことできるのかな?

ちょっと不安!でも気合いでやってみる。

ググると専用工具なるものも存在していましたが、「力技でやりました〜」的な方も大勢いたので、できるだけお金をかけたくない自分も力技を選択!
柄の長いマイナスドライバーでフレームからコツコツ叩き出す作戦です。なかなか出てこないからと、力を込めて叩いては絶対NGです。なんせフレームもアルミですから、割れやエグレ、最悪は変形もありえます。変形したら最後、まず購入したヘッドセットのワンを圧入することは無理かと思います。

ですので、ここは要慎重にゆっくりです。

しかも、一箇所だけ叩いてると、斜めに出てきてしまうので、少しずつずらしながらです(対角線上でもいいのかもしれません)
こんな要領で無事上下外すことができました!!

本来はプロに依頼する工程だと思いますので、あくまでも自己責任になりますね。気の短い方はやめた方がいいと思いました。

その他のF400カスタム詳細はこちら

キャノンデール(CANNONDALE)ダイエット8.6kg!
キャノンデール(CANNONDALE)F400のMTB(マウンテンバイク)をあることをキッカケに軽量化を始めました。コツコツ軽量化をしてるうち、今や残すところノーマルパーツはフレームとリアディレーラーだけになりました。結果8.6kgまでダイエットに成功しています。
fizik(フィジーク)アリオネVSのこだわりやパフォーマンスについて
これを読めば、fizik(フィジーク)というメーカーがどれだけ凄いのかを知っていただけるかと思います。中でも「fizik(フィジーク)アリオネVS」は4度目のサドルでようやく見つけた抜群なサドルです。是非一度、「fizik(フィジーク)アリオネVS」お試しあれ!
fizik(フィジーク)アリオネVSを選んだ理由!
fizik(フィジーク)アリオネVSを選んだかと言うと、このサドル座り心地以外に見た目のカッコよさも納得の逸品なのです。最近奇抜なデザインが他社からも色々ラインナップされてきましたが、やはりfizik(フィジーク)がそれの第一人者でしょうね。プロ選手もこぞって使う理由がわかります。
パナレーサー(Panaracer)のクローザープラスをオススメする理由!
パナレーサー(Panaracer)のクローザープラス、軽量なのに耐貫通パンクベルト「PRベルト」で強化され、ZSGナチュラル コンパウンド 高反発弾性の天然ゴムをベースとし、耐久性・耐摩耗性が強化されたZSGコンパウンドを装備。なんせ価格も手頃でコストパフォーマンス高いです。

 

下ワン

取り外したワンは傷はついてましたが、変形もありませんでした。どちらにしてもこの先、使用する考えは無いので問題はありません。

今度はWOODMANのAxis HSのワン圧入です!

抜くのが結構大変だったので圧入はもっと大変かも・・・。そんなプレッシャーに負けず挑戦!
こちらも専用工具があります、ただえらく高価で、やはり自転車屋さんが購入するためのツールですね。1回のためにそんな高価なツールを購入することはせず、またもやグーグル先生に聞いてみました!

自作 ヘッドワン圧入工具 - DIY・小技 - CBN Bike Product Review
購入価格: ¥2,000 (税込) ※必要な物だけ買えば¥1,000くらいで済みそう 『CANE CREEK 40.ZS44 ALでは圧入に苦労した。ヘッドパーツの規格やサイズによっては使いにくいかもしれない』 ■GIANT SEEK R3にCANE CREEKの40.ZS44 ALを圧入

自分はこちらのサイトを参考にさせていただきました。大変助かりました。改めてお礼申し上げます。ブログで紹介されているようなものをホームセンターで揃え、いざ挑戦!
いや〜、なぜかビクともしません。そうなんです、なかなか上下センターで締め上げていくのが難しく、ズレるとうまく入っていかないんです。
そんな諦めかけた時、

1mmくらいだけど入ってるな!!!!

少し入ってしまえば、どんどん入っていきます。いや〜、ラッキ〜!ピッタリ圧入完成!
あとはベアリング等を説明書通りい組んでいき、オーバーサイズのコラムを指して固定すれば完成〜

上ワン

構造がヘッドキャップ(上の写真の上部のカバーですね)を締め上げて、ガタつきを防ぐ仕組みです。ですのでフォークのコラム内に普通はスターファングルナットとかいう一度入れると抜けない仕組みのネジ受けを挿入するのですが、自分のフォークはコラムもカーボンなので、プレッシャーアンカーなるものを使います。(付属品でした)
これでフォークの回転が重くなく、ガタつきのないところで固定すれば完成!

あまり短い時間で焦ってやると失敗するので、時間には余裕を持ってやることをオススメします。ちなみに自分は土日休みの2日かけて、休みながら集中を切らさないようやりました。
万一、今のフォークが壊れても沢山選択肢があるので困りませんね。キャノンデールのヘッドショックも個性的で大好きだったのですが、直せなくて乗れなくなるよりはマシかなと思い、こちらの選択をしました。
ワンの圧入もこんなのあれば、もっと早く正確にできたな〜(笑)
スポンサーリンク
自転車
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
こだわりスタイル

現役Webデザイナーの、モノにこだわった情報やレビューのブログを開設。趣味やガジェットのこだわり情報を発信していきます。こだわり情報は体験談やファッションなど4つのカテゴリーでご紹介。是非フォローよろしくお願いします。

「こだわりスタイル」をフォローする
こだわり記事をシェアする
こだわりスタイル